肌のハリと弾力を保つには?アンチエイジングの基本

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

「なんだか顔がたるんできた気がする…」「シワができてしまった…」

このようなお悩みがあると、鏡を見るだけで憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

また、「スキンケアを頑張っているのに、昔と比べて化粧水が浸透していかない…」といったお悩みを抱える人も少なくありません。

シワやたるみ、肌のもたつきといったトラブルは、お肌のハリが不足することで起こります。

ハリや弾力が不足していると、毛穴がたるんだり開いたりといったトラブルが起きて、化粧ノリが悪くなることも…。

肌のハリや弾力が保てなくなっているなら、いつもより入念なケアと生活習慣の改善が必要です!

そこでこのページでは、以下3つのトピックについてまとめました。

  • 肌のハリ・弾力をつかさどる要素
  • 肌のハリ・弾力を保つために必要なこと
  • ハリ肌を作るためのケアポイント

この記事を読めば、「ハリ肌をつくるための基礎知識」と「正しいケア方法」がわかります!

つやつやのハリ肌を取り戻すためにも、ぜひ最後までチェックしてくださいね♡

目次

お肌のハリ・弾力は何で決まる?

お肌のハリ・弾力は、皮膚にある「真皮」の働きによって保たれています。

正しいケア方法を知る前に、まずは肌のハリ・弾力に欠かせない真皮の働きについて見ていきましょう。

真皮の働きでハリ・弾力が生まれる

ハリや弾力のある肌は、潤いがあり、ピンと張っていて、指で押したときにもぷるぷると押し返してくれるような状態。

赤ちゃんのお肌のようにふっくらとしていて、小ジワやたるみさえも寄せ付けない状態が、ハリや弾力があるお肌です。

そんなお肌のハリや弾力をつかさどっているのは、表皮の下にある「真皮」という部分。

真皮の中には、以下のような成分を生み出すための「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」が存在しています。

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸

これらの成分は、肌のハリ・弾力を保つために欠かせないもの。

線維芽細胞が正常であれば、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸がどんどん生み出されるので、肌のハリや弾力が保たれます。

つまり、真皮の働きを保つことが、お肌のハリや弾力を保つための正攻法だということです!

真皮が老化するとハリ不足に

残念ながら、真皮も老化してしまうことがあり、コラーゲンやエラスチンの生産量も減ってしまいます。

お肌のハリや弾力が失われた結果、真皮の上にある表皮に、シワやたるみなどのエイジングサインが現われてしまうのです。

真皮が老化してしまった肌は、古くなったゴムのように弾力を失った状態。

表皮を支えきれなくなるので、皮膚のもたつきや毛穴の開きなども目立つように…。

このような状態になってしまったら、真皮や線維芽細胞を活性化させるためのケアが必要!

中には20代~30代のうちに肌のハリ・弾力が失われる可能性もあるので、決して人ごとではありません…!

美肌を目指すためにも、真皮の働きを弱らせないための習慣とケアを徹底しましょうね♡

お肌のハリ・弾力を保つのに必要なこと

お肌のハリや弾力を保つためには、以下3つのポイントを押さえることが大切です!

  • 肌のターンオーバーが整っている
  • コラーゲン・エラスチンが十分に生成されている
  • 紫外線ダメージを受けていない

どういうことなのか、以下で詳しくお話しますね!

肌のターンオーバーが整っている

肌のハリや弾力、潤いが保たれている肌は、ターンオーバーのサイクルが整っている状態です。

ターンオーバーとは、肌(表皮)の細胞が生まれ変わるしくみのことを言います。

正常なサイクルである場合、およそ28日かけて新しい肌に生まれ変わるので、潤いやキメ、ハリ・弾力が整った状態が保てるのです。

しかし、ターンオーバーのサイクルが乱れていると、肌の中で古い細胞が渋滞を起こし、バリア機能が低下。

バリア機能はほこりや花粉、紫外線といった外部刺激から肌を守るほか、潤いを保つための機能を持っています。

ターンオーバーが乱れると、このバリア機能が損なわれるので、潤いやハリ・弾力が失われ、小ジワやたるみに…。

また、毛穴のたるみや肌荒れ、くすみ、シミなどあらゆるトラブルが引き起こされてしまいます。

つまり、肌のハリ・弾力を保つためには、ターンオーバーを整えることが大切!

  • 体の酸化(体内がさびてしまうこと)
  • 摩擦や刺激などによるダメージ
  • 乾燥による肌のバリア機能の低下
  • 肌の細胞を保つために必要な栄養分の不足
  • ストレスや睡眠不足、不規則な生活

肌のターンオーバーは、加齢のほか、上のような原因で乱れることがあるので、十分気を付けましょうね!

コラーゲン・エラスチンの生成

肌のハリや弾力をアップさせるためには、コラーゲンやエラスチンの生成を促すこともポイント。

コラーゲンやエラスチンは、以下のようなことが原因で産生量が減ったり壊れたりしてしまう特徴があります。

  • 肌の乾燥・バリア機能の低下
  • 活性酵素の過剰分泌
  • 女性ホルモンの減少
  • 食生活の乱れ・栄養不足
  • 睡眠不足・生活習慣の乱れ
  • 過度な喫煙や飲酒

加齢だけが原因ではないので、20代~30代の女性も十分に気を付けることが大切ですね。

また、コラーゲンやエラスチンを増やすためには、これらをつくり出す線維芽細胞を活性化させることがポイント。

線維芽細胞を活性化させるための方法は、いろいろありますが、有効成分を取るのがおすすめです。

成分働き
コラーゲンぺプチド線維芽細胞を刺激し、増やす
ビタミンC抗酸化作用により、線維芽細胞が活性化する手助けをする
プロテオグリカン線維芽細胞を活性化させる
FGF(線維芽細胞増殖因子)線維芽細胞そのものを増殖させる
イソフラボン女性ホルモン様作用により、線維芽細胞を活性化する

サプリメントや食事で経口摂取することもできますが、効率よく摂取するためには再生医療、注入療法などを受けるのが効果的です。

紫外線ダメージを受けない

肌のハリや弾力を保つためには、紫外線ダメージを受けないことも大切です。

紫外線には3種類ありますが、ハリや弾力に影響を及ぼすのは「UV-A(紫外線A波)」です。

UV-Aは最も長い波長を持つため、真皮にまで到達してコラーゲンやエラスチンを破壊。

さらに、コラーゲンやエラスチンを作り出している線維芽細胞にまでダメージを及ぼします。

これにより、ハリや弾力が失われ、肌のたるみやシワなどが引き起こされてしまうのです。

UV-Aのダメージを避けるためには、1年間を通して紫外線対策をすることが大切。

というのも、UV-Aは冬でも夏の半分程度の量が降り注いでいるので、年間通して油断できないのです。

UV-Aは窓ガラスを通過したり、雪に反射したりするほか、くもりや雨の日、夜の遅い時間に降り注ぎます。

そのため、毎日こまめに日焼け止めを塗ったり、UV-Aをカットする加工が施されたカーテンに替えたりといった工夫を。

また、飲む日焼け止めやサプリメントを活用するのもおすすめです。

もし紫外線のダメージを受けてしまったときは、ビタミンC点滴など美容メニューを受けるのも◎

紫外線対策に力を入れて、ハリや弾力のある肌を取り戻しましょう!

ハリ肌をつくる日々のケアポイント

肌のハリや弾力を取り戻すためには、以下4つのポイントを押えましょう!

  • 夜更かしを避けてしっかり睡眠をとる
  • ストレスを避ける
  • 食事やサプリメントで栄養素を補う
  • 入念なスキンケアを心がける

夜更かしを避けてしっかり睡眠をとる

ハリや弾力を取り戻すためには、夜にしっかり眠ることが大切です。

肌のターンオーバーは、睡眠中、脳下垂体から分泌される「成長ホルモン」の働きによって起こります。

ちなみに、ターンオーバーが活発に行われるのは夜10時から深夜2時まで。

成長ホルモンの分泌量がピークになるのは睡眠直後から3時間程度です。

「育児や仕事の関係で寝るのが遅くなってしまう」という場合は仕方ありませんが、なるべく夜更かしは避けることが大切です。

ストレスを避ける

株式会社サティス製薬が行った調査によると、「ストレスの少ない女性ほど肌のハリがある」という結果が出ています。

ストレスが多い女性は、ストレスや疲労を感じたときに肌の中で発生する「コルチゾール」の分泌量や濃度が高いという研究結果も。

コルチゾールは、表皮や真皮を薄くしたり、肌の状態を悪くしたりという悪影響を及ぼします。

日頃ストレスが多いという方は、適度に発散したり、環境を変えたりして、溜めすぎないような努力をしましょう。

参照元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000002821.html

食事やサプリメントで栄養素を補う

栄養不足や不摂生が続くと、コラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞が弱ってしまいます。

ハリ・弾力不足を感じるのであれば、以下のような栄養素を取り入れることが大切ですよ。

栄養素食材
たんぱく質乳製品、卵、大豆、肉、魚など
コラーゲン手羽先、鶏皮、豚骨、もつ、鮭の皮、
ビタミンC野菜、くだもの、いも類

このほか、線維芽細胞の活性化に役立つコラーゲンぺプチド、プロテオグリカン、FGF(線維芽細胞増殖因子)、イソフラボンなどをサプリメントなどで取るのが効果的です!

入念なスキンケアを心がける

肌のハリ・弾力を取り戻すためには、入念なスキンケアで保湿することが大切です。

保湿を行うことで、肌の水分量が保たれ、乱れがちだったターンオーバーのサイクルが正常化される効果も期待できます。

また、「スキンケアしてるのにハリがなくなってきた…」という場合、間違ったケアが原因かもしれません。

  • ゴシゴシと力任せに洗顔している
  • 何度も洗顔したり、スクラブで洗ったりしている
  • 洗顔やお風呂後、すぐにケアしていない
  • 自分の肌に合わないアイテムを使っている
  • 使用期限や使用方法を守っていない
  • 洗顔ブラシやタオル、手などが不衛生

このように間違った方法でスキンケアをするのは、絶対にNG。

肌にダメージが加わることで、ハリや弾力が損なわれてしまいます。

心当たりがある方は、自分の肌に合ったアイテムで適切なケアをするように気をつけましょう!

毎日のケアでお肌のハリと弾力を取り戻そう♡

このページでは、お肌のハリ・弾力不足が気になる方に向け、肌の仕組みやケア方法について解説しました!

お肌のハリ・弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチンは、真皮内にある線維芽細胞によって作られています。

肌の乾燥や酸化、バリア機能の低下、ストレス、栄養失調など、あらゆる要素がハリ不足を招く原因になるので、毎日のケアが欠かせません。

そして、ハリや弾力を取り戻すためにとくに重要なポイントは、以下の3つ!

  • ターンオーバーを整えること
  • コラーゲン・エラスチンの生成を促すこと
  • 紫外線ダメージを避けること

そのためにも、夜早く寝たり、必要な栄養素を取ったり、ストレスをため込まないようにしたりといった工夫が必要です。

とはいえ、「自力じゃどうにもならない…」「毎日忙しくてケアに時間がかけられない…」という方は、プロの手に頼るのもひとつ!

美容エステやメディカルエステには、ハリや弾力にアプローチ可能なメニューがたくさんあります。

セルフケアと比べて早期解決が目指せるので、とってもおすすめですよ!

あなたも自分に合いそうなメニューを見つけて、ハリや弾力のあるお肌を目指しませんか?♡

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次