キャビテーションって顔に使えるの?効果はある?

キャビテーション顔

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

無駄な脂肪を落とすための痩身エステのひとつに、キャビテーションが挙げられます。

専用のマシンから発生する超音波を使って、体内の狙った脂肪にアプローチする方法です。

キャビテーションは脂肪細胞に直接的に働きかけ、細胞を破壊する施術で高いダイエット効果に期待できるため、とても人気のある施術です。

そのため、「キャビテーションの痩身効果は顔にも発揮されるの?」と気になりますよね。

結論をいってしまうと、エステサロンが取り扱うような業務用キャビテーションを顔に使うことはできません。

とはいえ、顔痩せを目指すのに適したエステメニューは複数あり、リフトアップ効果や引き締め効果に期待できます。

そこで、このページでは以下の内容を詳しく紹介していきます。

  • キャビテーションは顔に使えるの?
  • 顔痩せの痩身エステはハイフやラジオ波がおすすめ
  • キャビテーションが向いている人の特徴
  • 効果を高める方法
  • キャビテーションへの疑問


キャビテーションや顔痩せに興味がある方には必見の内容ですので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

目次

キャビテーションは顔にも使えるの?

結論から言うと、顔にキャビテーションマシンを使うことはできません。

業務用のキャビテーションマシンは出力が高く、お腹周りや太ももなどには最適な施術方法ですが、顔に対しては危険な行為に当たります。

一部のエステサロンやクリニックでは顔へのキャビテーションを提供しているところもありますが、顔はデリケートな部位のため注意が必要です。


顔に使ってしまうと、部位の温度が高くなってしまい火傷を引き起こしてしまうことも…。

出力の弱い家庭用のキャビテーションマシンなら顔に使うことは可能ですが、文字通り家庭用なので、高い効果は実感できないでしょう。

家庭用で効果を求めるあまり、顔の一部に長時間マシンを当てるようなやり方は、火傷などの思わぬトラブルを引き起こしてしまいます。

また、顔に近い部位にキャビテーションをおこなうと骨伝導を起こして、「キーン」という金属音やモスキート音が聞こえてしまう可能性もあります。

苦手な人は、不快な音で酔ってしまうことがあるため、その点でも注意が必要です。

顔やせしたい場合はハイフやラジオ波がおすすめ

エステの施術で顔痩せを目指すなら、キャビテーション以外の施術がおすすめです。

この項目では、顔痩せ効果に期待できるハイフ(HIFU)とラジオ波の2つについて解説していきます。

ハイフ(HIFU)とは


ハイフ(HIFU)は超音波を使用する施術で、皮膚を支える土台に直接アプローチ可能なため、たるみの改善が目指せます。

ちなみにハイフとは、正式名称で「High Intensity Focused Ultrasound」と表記され、日本語では「高密度焦点式超音波」のことを指します。

ハイフの施術によって高いリフトアップ効果に期待できるのは、SMAS筋膜に一点集中でアプローチしていくためです。

ハイフが登場するまで、リフトアップを目指す場合は顔にメスを入れる外科的な治療をしなくてはいけませんでした。


しかし、ソノクイーンやダブロといったハイフマシンの登場により、比較的気軽にたるみの改善ができるようになっています。

外科的な治療と比べて周囲にダメージを与えない施術のため、口コミなどで一気に人気が高まった施術のひとつです。

肌にメスを入れない施術であるということ以外にも、以下のような特徴やメリットがあります。

  • 施術後のダウンタイムが短い
  • 施術終了後、すぐにメイクができる
  • 施術自体が30分程度で済む


このようにハイフは利用者に配慮された施術のため、高い人気と評価を得ています。

ハイフを顔に使ったときの効果

ハイフは身体にも顔にも使用されるマシンですが、顔に使用した場合、以下のような効果に期待ができます。

  • リフトアップ効果
  • 小顔効果
  • 肌質改善効果
  • 透明感アップ効果


ハイフは、今までのレーザーや光治療を使ったのでは届かなかった、皮膚を支える土台に直接アプローチする施術です。

自己修復が促進され、お肌の健康に欠かせないコラーゲンやエスラチンの産生・増殖させることにも繋がります。

ラジオ波とは

ラジオ波とは、肌にやさしい高周波の電磁波を使用した施術のことです。

正式名称で「Radio Frequency」と表記し、そのアルファベットの頭文字を使い「RF治療」と呼ばれることもあります。

高周波を気になる部位に当てることで熱を発生させ、冷えて固まった脂肪を温めて燃焼しやすくする効果が期待できます。

ハイパーナイフやサーモシェイプ・インディバなども、痩身エステをチェックしているとよく聞く言葉ですが、これらもラジオ波を利用・応用したマシンの名称です。

ラジオ波を使った施術には、以下のような特徴があります。

  • 高周波を体内に照射するため施術後、体内がポカポカする
  • ダウンタイムはほとんどない
  • メイクやシャワーも当日からOK

ラジオ波もハイフと同様にダウンタイムもほとんどなく、体に配慮された施術です。

ラジオ波を顔に使ったときの効果

身体にも施術可能なラジオ波ではありますが、顔に使ったときの効果は以下の通りです。

  • 血行促進効果
  • 透明感アップ効果
  • 肌質改善効果
  • 温熱によるリラクゼーション効果

ラジオ波を皮膚に当てることで肌の深くに熱を発生させ、温熱効果が生まれます。

肌の奥深くから温めることで肌の代謝が高まるため、コラーゲンの生成が促されます。

また、不要な脂肪や老廃物の促進効果も高まるため、すっきりとした小顔に導いてくれる効果に期待できるのです。

キャビテーションはどんな人におすすめ?

キャビテーション顔には向いていない施術であり、顔に対してならば、ハイフやラジオ波がおすすめの施術方法です。

しかしキャビテーション自体は痩身効果が非常に高いため、身体全体の痩身目的で使用するのにはとてもおすすめです。

キャビテーションは以下のような方におすすめの施術です。

  • 冷え性で困っている方
  • むくみが気になる方
  • 部分痩せをしたい方

冷え性で困っている方

冷え性で困っている方の場合、普段の生活から体温が上がりづらいため、脂肪燃焼がうまくおこなわれません。

汗もかきづらく、「運動してもなかなかダイエットの結果が出ない」という方もいるのではないでしょうか。

しかしキャビテーションなら、外部から直接的に脂肪にアプローチして燃焼させることができます。

キャビテーションは何回も継続して施術をすることで、体質改善にもつながります。

継続しておこなうことで、基礎代謝が上がるので冷え性の症状も徐々に改善し、痩せやすい身体になっていくでしょう。

むくみが気になる方

むくみの原因は様々ですが、老廃物の蓄積をうまく代謝できないことでむくみが現れる場合もあります。

キャビテーションは、脂肪と老廃物が凝り固まってできたセルライトを分解する働きにも期待できます。

老廃物などの体内にある余計な分泌物を取り除き、血行を促進し、結果としてむくみの改善にも繋がるのです。

キャビテーションは即効性がある施術なので、人によっては効果を早く感じられます。

1回目の施術からむくみへの効果を感じられる方も多いでしょう。

部分痩せをしたい方

食事制限や有酸素運動などの通常のダイエットだと、体脂肪は均等に燃焼されていきます。

そのため、通常のダイエットでは部分痩せは難しいとされています。

しかしキャビテーションを使えば、通常のダイエットでは難しい足痩せや二の腕痩せなどの部分痩せが可能です。

集中的に痩せたい部位にだけ超音波を照射できるため、自分が気になっている部分の脂肪を落とすことができるのです!

なお、キャビテーションは以下のように思っている方にとくにおすすめの施術です。

  • 下半身太りが気になってタイトな洋服が着られない
  • 久しぶりに着ようと思ったワンピースのお腹周りが気になる
  • 二の腕のお肉が見えるからノースリーブが着られない

気になる部位があるなら、ぜひキャビテーションの施術を検討してみてくださいね。

効果を高める方法

前の項目では、キャビテーションの痩身効果について解説しました。

以下ではキャビテーションの効果をより高める方法をご紹介します。

効果を最大限にするポイントは以下の5つです。

  • 体内に溶け出した脂肪をしっかり排出する
  • 施術の後は食事を控える
  • 肝臓の負担を考えて負担になるものは控える
  • 代謝を上げる
  • 引き締めもあわせておこなう

体内に溶け出した脂肪をしっかり排出する

キャビテーションは専用のマシンを使って、脂肪細胞を破壊して中性脂肪を体内に溶け出させる施術です。

キャビテーションをおこなったあとは、溶けた脂肪が身体のエネルギーとして消費しやすい状態に変化しています。

その溶け出している間に有酸素運動などをおこない、エネルギーとして消費することで、キャビテーションの効果を高めることができるでしょう。

またキャビテーションとあわせて、ラジオ波やハンドトリートメントの施術を合わせておこなっていただくと、より一層効果的です。

施術の後は食事を控える

キャビテーションをおこなったあとの食事は、少なくとも2時間は控えましょう。

理由として、キャビテーションをした後の体内は脂肪が分解され、身体が飽和状態に変化しているためです。

飽和状態とは、栄養を吸収しやすい状態です。

「エステの後だから大丈夫♪」と高カロリーのスイーツや食事を取ってしまうと、身体は飽和状態のため逆に太ってしまう可能性もあります。

施術の直後だけでなく、エステサロンやクリニックに通うと決めた時から、食事制限をおこなっておくとキャビテーションの効果を実感しやすくなりますよ。

代謝を上げる

キャビテーションを受けたあとは、新陳代謝を促すために水分を積極的に水分を摂りましょう。

体内の水分が不十分だった場合、老廃物が体内に溜まってしまい、せっかく体内に溶けだした脂肪も体外に排出されにくい状態に変わってしまいます。

太りにくく痩せやすい身体づくりのためには、基礎代謝を上げることも重要です。

キャビテーションを使って脂肪を減らしながら基礎代謝を高めることで、キャビテーションをしなくなってもリバウンドをしにくい身体を手に入れることができるでしょう。

基礎代謝を高めることによって脂肪を燃焼させたり、血管やリンパ管の流れを促進する働きも強くなります。

引き締めもあわせておこなう

エステサロンやクリニックに通い続けて、急激な脂肪の減少をすると肌のたるみを生む可能性があります。

EMSなどの筋肉運動を促進するマシンを併用するメニューを選ぶことで、美しい身体づくりが効率的にできるでしょう。

EMSなどのマシンを使っていなくても、自主的に有酸素運動や筋トレをすることでも同じような効果に期待ができます。

筋肉をつけることで、基礎代謝も高まるため、太りにくく痩せやすい身体に近づきます。

キャビテーションの疑問

ここまでキャビテーションが顔に使えるのか、キャビテーションが向いている人や効果を高めるためのポイントなどをご説明しました。

ここからは、キャビテーションに関するよくある質問にお答えしていきます。

ハイフ・ラジオ波との違い

それぞれの違いについて簡単にまとめました。

ハイフ(HIFU)ラジオ波キャビテーション
効果範囲ピンポイントピンポイント広範囲
血行改善ありありあり
体感温かくて気持ちがいい温かくて気持ちがいい骨伝導を感じる場合がある
効果実感人によっては1回目から実感できる1回でも効果が期待できる人によっては1回目から実感できる
リバウンドなしありなし


以下では、上で挙げた3つの施術について簡単に解説します。

ハイフの概要

ハイフとは日本語にすると「高密度焦点式超音波」という意味です。

ハイフは超音波を一点に集め、高出力で余分な皮下脂肪へアプローチする施術です。

キャビテーションと同様に脂肪細胞自体を減らすことができます。

もともとは前立腺の治療などで使われており、美容クリニックやエステサロンでは顔のリフトアップに利用されていました。

それが、今では痩身エステでも利用されています。

脂肪細胞を破壊するという点ではキャビテーションと同じで即効性に期待ができますが、超音波の出力が高いため、皮下脂肪の厚みがあまりない方は施術できない場合があります。

ラジオ波の概要

ラジオ波は、平均40khzの高周波電磁波を利用した施術です。

体内の水分を振動させることで、冷えて固まった脂肪を温めて燃焼させ、代謝を上げてくれます。

キャビテーションは脂肪細胞を破壊するので、脂肪の燃焼や代謝を促進させるラジオ波とは痩せるためのアプローチが大きく異なります。

ラジオ波の施術をクリニックやエステサロンで受ける場合、キャビテーションによって破壊され排出されやすい状態になった脂肪に対し、代謝を促進して流し出すためにラジオ波を一緒にするのが理想的です。

キャビテーションの概要

キャビテーションは、脂肪やセルライトを破壊し体外へ老廃物として排出しやすい状態にしてくれる痩身エステです。

キャビテーションをしただけでは、体重が変わったりサイズダウンしたりするわけではありません。

ラジオ波や有酸素運動と同時にすることで、血行を促進させ脂肪や老廃物がよりスムーズに排出されます。

キャビテーションで筋肉痛になる?

キャビテーションがアプローチするのは、あくまでも脂肪細胞だけです。

施術をすることで筋肉痛になることはありません。

しかしクリニックやエステサロンの痩身エステでキャビテーション後の代謝を促すために、EMSなど筋肉を動かす施術を一緒に受けた場合、EMSの反動として筋肉痛になる場合があります。

痩身エステでは色んな施術を用意しているので、筋肉痛を避けたいなどの要望があれば、担当医やエステティシャンと相談しておきましょう。

家庭用キャビテーションマシンって効果はあるの?

家電量販店で売られているキャビテーションマシンは、業務用のものとは出力が違います。

自宅用のキャビテーションマシンは出力が弱いため、顔に使うことができるマシンもあります。

家電量販店で販売されているキャビテーションマシンで有名なものが、ヤーマン株式会社の「キャビスパ360」や「キャビスパRFコアEX」などです。

ヤーマン株式会社などから発売されているキャビテーションマシンは、痩身目的で購入しても実際には、目的の脂肪まで届かない場合があります。

脂肪の厚みがあって、「思うように超音波が届かない」といった事が現実としてあるのです。

思ったような結果が得られないばかりか、間違った当て方をする場合や、使用頻度を守らないような使い方をすると肌を損傷してしまうためその点でも注意が必要です。

また自宅でキャビテーションマシンを使って施術をする場合、専用のジェルが必要です。

顔・腕・足など部位にあった痩身エステを選んで美しい姿を手に入れよう!

今回の記事では、顔痩せしたい方に向けてキャビテーションやハイフ、ラジオ波について解説しました。

今までのまとめは以下の通りです。


結論として、キャビテーションのマシンは、顔には使えません。

顔に使える市販のキャビテーションマシンはありますが、エステサロンやクリニックの業務用キャビテーションマシンは顔には使用できません。

顔におすすめの痩身エステとしては、ハイフとラジオ波の2つが挙げられます。

それぞれ主な効果やアプローチ方法は異なりますが、どちらもたるみの改善やリフトアップなど、顔痩せへの効果が期待できます。

一方、キャビテーションは痩身効果を求めている方や部分痩せを目指している方に向いています。

脂肪細胞を減らしてくれるので、リバウンドに悩んでいる方やダイエットがうまくいかない人におすすめの痩身エステです。


そのほか、代謝の促進効果や冷え性・むくみを解消する効果があることでも知られています。

痩身エステを受けてみたいと思ったら、まずはどの部位の施術をしたいのか、その部位にはどんな施術が最適なのかをチェックしておくことをおすすめします。

あなたも、自分に合った施術を見つけて理想のフェイスライン、ボディラインを目指してみませんか?

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次