目の下のたるみを今すぐ解消したい!効果的な方法を紹介

目の下のたるみ解消

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

「目の下のたるみのせいでメイクが崩れやすい…」

「目の下のたるみや膨らみのせいで、実年齢より老けて見える…」

このようなお悩み、ありませんか?

目の下にたるみがあると、頬が垂れ下がって見える原因にもなってしまいます。

メイクでカバーできなかったり、老け顔に見えたり、はたまた暗い印象になってしまったり…。悪いことしかないですよね。

目元は第一印象を左右する場所でもあるため、解消のための対策が必要です。

目の下のたるみの原因を押え、しっかりケアしていきましょう。

そこでこのページでは、以下の4つについてご紹介します。

  • 目の下がたるむ原因
  • たるみを解消する方法
  • 即効性に期待できる解消法
  • 自宅で解消を目指すセルフケアの方法

目の下のたるみを解消し、「明るく若々しい印象の目元を取り戻したい!」という方は、ぜひこのページの内容を参考にしてくださいね。

目次

目の下はなぜたるむの?

目の下のたるみが起きてしまう原因として、以下の3つが挙げられます。

  • 筋肉の衰え
  • ハリの低下
  • 皮膚へのダメージ

原因を知っておくことで対策や改善がしやすくなりますので、まずはそれぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

目元の筋肉が衰えている

目の周りには眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉があり、これが衰えてしまうことでたるみが生じてしまいます。

眼輪筋が衰える1番の原因は加齢ですが、スマートフォンやパソコンの使用で目を酷使することも原因のひとつとして挙げられます。

というのも、画面を見続けているとまばたきの回数が減り、眼輪筋を使うことが減ってしまうためです。

また、目元や目の下にたるみが生じてしまうだけではなく、シワやクマの悪化を引き起こす可能性もあります。

  • 光老化の原因ともなるブルーライトをカットする眼鏡を使用する
  • なるべく姿勢が崩れないよう目線の高さをキープする
  • 1時間に1回は休憩をはさみ、遠くを見るようにする

目の下のたるみやシワ、クマなどを改善したいなら、これらの習慣を取り入れられるよう意識しましょう。

皮膚のハリが低下している

目の下のたるみが起きる原因のひとつに、皮膚のハリの低下が挙げられます。

ハリや弾力が損なわれると、お肌の土台は皮膚や脂肪を支えきれなくなってしまいます。

こうなってしまうとお肌全体が垂れ下がり、たるみが生じてしまうのです。

ハリや弾力が低下する原因としては、加齢によるうるおいや油分不足、紫外線ダメージの影響などが挙げられます。

1度たるんでしまうと、そのまま放置しておいて自然に改善されることはありません。

そのため、それ以上たるみが悪化しないようスキンケアやマッサージ、美顔器でのケアを続けることが大切です。

また、「すぐにでも改善したい」「即効たるみを取る方法を知りたい」という方には、後述するラジオ波やクロノバイザーを使う施術をおすすめします。

刺激や乾燥など皮膚にダメージがある

刺激や乾燥などのダメージを日頃から受け続けることでたるみが起きるケースもあります。

目をこする、強い力でアイメイクを落とそうとする、目元のうるおいケアを怠る…など、皮膚が刺激や乾燥を受けてしまう原因は多くあります。

これらの悪習慣が積み重なれば、加齢とは無縁な20代でも目の下のたるみが起きてしまう可能性が高まるでしょう。

そもそも目の下は皮脂の分泌量が少なく皮膚も薄いため、ダメージを受けやすい部分です。

乾燥することでコラーゲン繊維やエラスチン繊維の修復が損なわれ、たるみやクマができてしまうため、日頃のケアを徹底するようにしましょう。

目の下のたるみを改善するためには?

先では、目の下のたるみが起きてしまう原因を3つご紹介しました。

生じてしまった目の下のたるみを改善するためのポイントは以下の通りです。

  • スキンケアでハリ、弾力を保つ
  • 目の筋肉(眼輪筋)を鍛える
  • ツボ押しやマッサージで血流をよくする

これ以上目の下のたるみが悪化しないよう、それぞれのポイントについてしっかり押えていきましょう。

スキンケアでハリ、弾力を保つ

先述の通り、お肌のハリ・弾力が失われると皮膚が下がってたるみが起きてしまいますので、毎日のスキンケアを徹底するようにしましょう。

保湿をすることが大切ですので、無理に高価な化粧品やスキンケアアイテムを揃える必要はありません。

とはいえ、「これを機に新しい化粧品を買いたい」と考えているなら、コラーゲンやエラスチンなどお肌のハリ・弾力をサポートしてくれる成分が配合されている化粧品がおすすめです。

肌のお悩みや年齢によっては、エイジングケア用の化粧品や目元美容液、パックなどを選ぶのもいいかもしれませんね。

最近(2021年時点)では、医薬部外品など目元のケアやたるみケアに特化したアイテムも販売されていますので、1度ドラッグストアや百貨店で自分のお肌に合うものを探してみるとよいでしょう。

また日頃UVケアができていないという場合、肌の弾力やハリを保つコラーゲンやエスラチンの生成をつかさどる繊維芽細胞がダメージを受け、たるみが起きやすくなってしまいます。

「今までUVケアを怠っていた」という方は、これを機に日焼け止めを使用したり、紫外線ダメージに特化した化粧品を使用したりしてたるみやクマが悪化しないよう気を付けましょう。

また、目元をカバーしやすいサングラスの使用もおすすめです。

目の筋肉(眼輪筋)を鍛える

先述の通り、目の周りには眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉があり、これが衰えることで目の下にたるみが生じてしまいます。

たるみが目立たないよう改善していくためには、眼輪筋を鍛えることが大切です。

ここで、目の下のたるみに効果的なエクササイズ方法をお伝えしますので、ためしてみてください。

  1. 目を少し細め、下まぶたをグッと引き上げる(目を完全に閉じないよう注意)
  2. 下まぶたに力を入れたまま、その状態を10秒キープする
  3. 1~2を1セットとし、5回程度繰り返す

少し難しいエクササイズ方法なので、慣れるまでは鏡を見ながら行うのがポイントです。

また、上まぶたが動かないように指で軽く抑えると下まぶたに力を入れやすくなります。

このようなエクササイズを、仕事や家事の合間や、テレビのCM中など、ちょっとしたすき間時間に取り入れるようにするとよいでしょう。

ツボ押しやマッサージ、顔ヨガで血流をよくする

目の下のたるみを改善するためには、ツボ押しやマッサージで目の周りの血流をよくするのもおすすめです。

というのも、新陳代謝が促されることでクマやくすみが改善され、目の下のたるみも目立ちにくくなるためです。

とくにおすすめなのは「ためしてガッテン」などメディアでも話題の、自宅でも簡単にできる顔ヨガです。

顔ヨガの種類はたくさんありますが、ここではとくに簡単に試せる方法をひとつご紹介します。

  1. 両目を閉じ、まぶたに力を入れる。この状態を10秒間キープする
  2. 額にシワが寄らないよう、閉じた目をぱっと見開く
  3. 1~2を1セットとし、3セット繰り返す

この顔ヨガのポイントは、まつげの生え際でまぶたを押し上げるようなイメージで目を開くことです。

ただ目を開けたり開いたりするだけでは筋肉が刺激されないため、このポイントだけは意識しましょう。

顔ヨガやツボ押し、マッサージなど、無理なくできることからで大丈夫ですので、ぜひためしてみてくださいね。

目の下のたるみを即効解消するには「目元ケアエステ」がおすすめ!

先では、目の下のたるみを改善するためのポイントと簡単なエクササイズ方法をご紹介しました。

とはいえ、「ためしてみたいけど続かなそう…」「確かに簡単だけど、即効性はあるの?」と気になった方もいるのではないでしょうか。

確かにその通りで、習慣として毎日続けることでたるみの改善は目指せますが、どうしても即効性には劣ります。

そこでこの項目では、目の下のたるみを速効で改善したい方におすすめの「目元エステ」についてご紹介します。

  • ラジオ波(RF)
  • クロノバイザー
  • ミシレルトⅡ

目元エステで人気の施術は、上の3つで、「目の下のたるみが消えた!」「ちりめんジワやクマが消えた!」など口コミも上々です。

それぞれアプローチの仕方が異なりますので、求める効果やメカニズム、費用などから比較検討するとよいでしょう。

おすすめ施術①ラジオ波(RF)

目の下のたるみやまぶたのくぼみを改善したい女性から人気を集めているのが、ラジオ波(RF)を使う施術です。

ラジオ波(RF)の効果

  • たるみの改善
  • むくみの改善
  • 目元の引き上げ
  • 目元の引き締め

ラジオ波を使う施術に期待できる効果は、上の通りです。

お肌に配慮した施術で、メスを使用することもないため、目回りの施術を初めて受けるという方にもおすすめです。

またラジオ波は比較的知名度が高いため、場所を選ばず受けられるのもうれしいポイントでしょう。

そもそもラジオ波とは

そもそもラジオ波とは、電磁波で振動を生じさせ、細胞同士を摩擦させることで温熱作用を引き起こす仕組みをもったマシンです。

ラジオ波の仕組みを搭載したマシンは複数あり、クリニックで使用する医療機関用のもの、エステで使用する業務用のものに分けられます。

細かな仕組みや使用できる部位、効果、料金などが異なる点に注意しながら実際に受けるクリニック・店舗を探してみてください。

  • スーパーフォトRF
  • サーマクール
  • イントラジェンGFR

なお、目の下のたるみやくぼみに対してとくに高い効果に期待できるのが、上で挙げた3つのマシンです。

ラジオ波の施術を受けられる場所を探す際は、これらのマシンを扱うクリニック・店舗がないかチェックするとよいでしょう。

ラジオ波のメカニズム

どうしてラジオ波を当てることで目の下のたるみやくぼみの改善が目指せるのかというと、たるんだコラーゲン繊維にアプローチ可能なためです。

お肌の真皮層にラジオ波を当てると、熱でコラーゲン繊維が収縮し、皮膚が引き締まります。

そして、真皮層にある線維芽細胞は、熱で縮まったコラーゲンを修復しようと新しいコラーゲンを生み出します。

この状態は施術から3ヶ月ほど続き、線維芽細胞の活性化によってコラーゲンの生産能力がアップしていくため、継続的なたるみの改善効果に期待できるのです。

ラジオ波の料金相場

ラジオ波を使う施術の料金相場は、以下の通りです。

エステサロン15,000~20,000円
クリニック20,000~150,000円

※こちらの情報は、2021年7月時点の調査によるものです。

ショット数や施術時間によっても料金が異なるため、上で挙げた金額よりも安く受けられる可能性もあります。

また、エステサロンかクリニック、どちらで受けるかによっても料金が大きく異なります。

決して安い施術ではないため、体験コースや無料カウンセリングなどを利用し、たるみのへの効果を確認した上で受けるようにしましょう。

おすすめ施術②クロノバイザー

クロノバイザーの効果

初めて名前を目にする方もいるかもしれませんが、クロノバイザーと呼ばれるマシンを使う施術もおすすめです。

クロノバイザーを使った施術に期待できる効果は、以下の通りです。

  • 目の下のたるみの改善
  • くすみやクマの改善
  • 目の疲れのケア
  • 目の周り全体の色素沈着の改善
  • 保湿効果

後述しますが、目元ケアに欠かせない美容成分をマルチに配合した目元用美容液「プリズムアイ」を併用することでさらなる効果に期待できる点も特徴です。

目の下のたるみのみならず、目の凝りや疲れ、乾燥、小ジワなどにお悩みの方にもおすすめですので、ぜひ以下の解説も参考にしてくださいね。

そもそもクロノバイザーとは

そもそもクロノバイザーとは、微弱電流導入器に分類されるマシンを使う施術で、イオン導入の一種です。

目元専用のバーが搭載されているため、面積の狭い目元にもピッタリフィットし、美容液を浸透させてくれます。

なお、クロノバイザーと一緒におすすめしたいのが、目元専用美容液「プリズムアイ」です。

プリズムアイとは、マイクロカレント(微弱電流)機能を持つ導入器で使用するための美容液です。

イチョウ葉エキス、リン酸アスコルビルマグネシウム、アデノシン三リン酸といった透明感、ハリ・ツヤ、保湿に効果的な成分が配合されており、導入することで明るく輝く健康的な目元を目指せます。

クロノバイザーのもつ微弱電流には目元の血液循環を促進する作用もあるため、目の下のたるみやクマ、まぶたのくぼみ、乾燥などに悩む方におすすめです。

クロノバイザーのメカニズム

クロノバイザーは、生体電流と同じようなレベルのごく弱い電流を流す機能をもつマシンです。

「微弱でも、電流を身体に流すなんて危険じゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

実は、わたしたちの身体には何種類かの微弱な電流が流れています。

クロノバイザーが流す微弱電流(マイクロカレント)は、わたしたちの自己治癒力に関わりのある電流と似ているといわれています。

これにより、傷ついた細胞の回復を手助けしてくれるほか、細胞を活性化してくれる効果に期待できるのです。

また、先述した「プリズムアイ」などの美容液を併用することで、保湿やハリ・ツヤアップ効果もアップするといわれています。

目の下のたるみやクマ、まぶたのくぼみ、乾燥などにお悩みの方は、ぜひクロノバイザーが受けられるエステサロンを探してみてくださいね。

クロノバイザーの料金相場

クロノバイザーを使う施術の料金相場は、以下の通りです。

クロノバイザー15,000~20,000円
プリズムアイ(美容液)3,500~5,000円

※こちらの情報は、2021年7月時点の調査によるものです。

「目元のケアだけで15,000~20,000円は高い…」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、フェイシャル全体をケアするコースに比べ、目元全体を集中的にケアしてくれますので、高い効果や即効性にも期待できるといえます。

今までのケアで目の下のたるみをなくすことができなかった方、お顔のエクササイズや運動、体操などが苦手な方、目尻のしわや目尻のふくらみなど目元にコンプレックスがある方は、ぜひ1度クロノバイザーをためしてみるとよいでしょう。

なお、クロノバイザーは目元ケアのメニューを用意しているエステサロンで受けられます。

目元エステ専門店なるものも登場していますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめ施術③ミシレルトⅡ

ミシレルトⅡの効果

目の下のたるみのほか、シワやシミといった症状にお悩みの方におすすめの施術がミシレルトⅡです。

  • シミケアモード
  • 筋膜リフトモード
  • エレクトロポレーションモード

上記3つの機能を搭載したマシンで、お肌の状態やお悩みに合わせたケアが受けられますよ。

そんなミシレルトⅡに期待できる効果は、以下の通りです。

  • たるみやしわの改善
  • くすみの解消
  • リフトアップ効果
  • ターンオーバーの促進
  • 美容成分の浸透・保湿

大きな副作用やリスクの心配はない※といわれており、お肌にやさしい施術を求める方にもおすすめです。

エステサロンで受けられますので、ぜひお近くにミシレルトⅡを取り扱う店舗がないか探してみてくださいね。

※2021年7月時点の調査による情報です。安全性を保証するものではありません。

そもそもミシレルトⅡとは

そもそもミシレルトⅡとは、1台で3役をこなす国内の美容機器です。

ペンシル型のヘッド部分をお肌に当てていく施術で、目的に応じて高周波・中周波・低周波をブレンドしたエネルギーを使ってアプローチする仕組みを持っています。

  • 眼輪筋や表情筋など筋肉の衰えによってたるみが生じている場合は、筋膜リフトモード
  • 刺激や乾燥など皮膚にダメージがあることでたるみが生じている場合は、エレクトロポレーションモード

このように、目の下のたるみやクマ、シワの原因に合わせて使用するモードを選べるため、オーダーメイドな施術を探している方にもおすすめです。

ミシレルトⅡのメカニズム

ここでは、ミシレルトⅡに搭載されている筋膜リフトモードとエレクトロポレーション、2つのメカニズムについて簡単に解説します。


まず、筋膜リフトモードとは浅い波長と深い波長2種類を使ってたるみやシワにアプローチする施術です。

加齢によって筋膜の癒着やコリが生じていると感じる方におすすめのモードで、癒着している筋膜や滞っているリンパに働きかけるため、くすみやたるみなどを改善する効果に期待できます。

そして、お肌への成分浸透率が一般的なイオン導入の約20倍だということでも有名なのがエレクトロポレーションモードです。

エレクトロポレーションモードでは、特殊な電気パルスで皮膚の細胞間にすき間を生じさせ、そのすき間からヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCなどの美容成分を浸透させていきます。

これらの美容成分がお肌に浸透することにより、ハリツヤあるキメの整った目元を目指すことができます。

うるおい不足や紫外線ダメージによって目の下のたるみができてしまっている方、いつものケアでは保湿が足りないと感じている方にもおすすめです。

ミシレルトⅡの料金相場

ミシレルトⅡを使う施術の料金相場は、以下の通りです。

筋膜リフトモード3,000~6,000円(20分あたり)
エレクトロポレーションモード3,000~6,000円(20分あたり)

※こちらの情報は、2021年7月時点の調査によるものです。

サロンによって施術時間や1回の施術でミシレルトⅡを使用する範囲などが異なりますので、よく比較してから実際に通う店舗を選ぶことをおすすめします。

また、エレクトロポレーションモードの場合、導入する美容成分の種類によっても料金が変わる可能性があります。

多くのエステサロンには、効果を体験できるおためしコースが用意されているため、まずは施術を体験してみるとよいでしょう。

自宅でできるケアもプラスして目元のハリアップ

先では、目元のたるみやクマを速効で改善したい方におすすめの目元エステメニューを3つご紹介しました。

それぞれ期待できる効果や料金が異なるため、比較した上で実際に受けるメニューを選ぶのがよいでしょう。

とはいえ、「目元エステを受けてさえいればたるみが改善でき、特別なお手入れはいらない」というわけではありません。

月に何度かのスペシャルケアとして施術を受けつつ、自宅でできる目元ケアを続けるのがたるみやクマを改善する近道だということです。

ここでは、改めておすすめしたい目元のケア方法、ケアグッズをご紹介します。

うるおいを与えるスキンケアでたるみを改善

目の下のたるみやクマを改善するためには、毎日の保湿ケアを徹底しましょう。

高価な化粧品やスキンケアアイテムを新しく買いそろえる必要はありませんが、できれば以下の美容成分が配合されたアイテムがおすすめです。

  • コラーゲン
  • コエンザイムQ10
  • ビタミンC
  • レチノール(ビタミンA)

これらの美容成分は、ハリツヤ、キメを整えてくれることで知られています。

とくにビタミンCやレチノール(ビタミンA)は、コラーゲンの吸収や生成をサポートしてくれますので、積極的に取り入れていくとよいでしょう。

このほか、目の下のたるみやクマのケアができる医薬部外品を使うのもおすすめです。

アイクリームを使って目の下のたるみやクマ、目尻、涙袋、まぶたのくぼみなどをマッサージするのもいいですよ。

目元ケアグッズで血行促進してたるみを改善

先述の通り、スマートフォンやパソコンの画面を長時間見る習慣のある人は、眼輪筋(がんりんきん)といった目の周りにある筋肉が衰えてしまっている可能性があります。

筋肉の衰えが原因で目の下のたるみやもたつき、ものが見えにくいといった眼精疲労などを引き起こしてしまっている場合、目元ケアグッズで血流をよくしていきましょう。

アイマスクやアイウォーマー、スティック型の目元マッサージ器、スチーム機能を搭載した美顔器など、目元ケアグッズの種類は豊富にあります。

これらの目元ケアグッズを上手に活用し、スキンケアにプラスしていくといいでしょう。

また、スマートフォンやパソコンの画面から離れて休憩するときに使用するのもおすすめです。

目元のトレーニングやマッサージでたるみを改善

スキンケアや目元ケアグッズのほか、目元のトレーニングやマッサージもおすすめです。

  • 眼輪筋の衰えを感じる場合は目の周りを運動させるトレーニング
  • ハリの衰えや乾燥を感じる場合は血液の流れを促すマッサージ

このように、目元のたるみやクマが起こる原因に合わせてアプローチしていくといいでしょう。

これらのケアを行うときは、強く押すのではなく、できるだけ優しく触れるようにするのがポイントです。

皮膚の摩擦や刺激によってたるみやクマが悪化してしまう可能性もありますので、労るようなタッチでケアしていきましょう。

エステやセルフケアでたるみを解消して、自信のもてる目元へ!

目の下のたるみは、目元の筋肉の衰えや皮膚のハリの低下、刺激や乾燥など皮膚へのダメージなどが原因で引き起こされてしまいます。

一概に加齢が原因ともいえず、スマートフォンやパソコンの使用で目を酷使しがちな現代人の場合、20代で目の下のたるみ・クマが目立つケースも…。

このページでは、そんな目元にコンプレックスを抱える方に向けてたるみを解消する方法、即効性に期待できる解消法をご紹介しました。

たるみを改善する方法としては、ハリ、弾力を保つこと、目の筋肉を鍛えること、血流を良くすることがポイントです。

それぞれの原因に合わせて、スキンケアや目元ケアグッズの活用、目元のトレーニングやマッサージをためしてみてください。

「それくらい知ってるよ!」「即効性がある方法を知りたいんだけど…」という方には、目元ケアエステがおすすめです。

  • ラジオ波(RF)
  • クロノバイザー
  • ミシレルトⅡ

とくにおすすめなのは、上で挙げた3つの施術です。

目元のたるみやしわの改善、くすみの解消、保湿、目の周り全体の色素沈着の改善など、それぞれ期待できる効果が異なりますので、比較した上でどの施術を受けるか決めてみてくださいね。

ただし、目元ケアエステに頼りっきりになるのではなく、自宅ケアをプラスするのがポイントです。

目元のたるみが起こる原因おすすめの方法
うるおい不足やハリの低下が原因で目の下のたるみが起きている場合コラーゲンやビタミンC配合の化粧品でうるおいを与えるスキンケア
医薬部外品やアイクリームの使用
うるおい不足や皮膚へのダメージが原因で目の下のたるみが起きている場合アイマスクやスティック型の目元マッサージ器、美顔器などの活用
化粧品やパック、アイクリームの使用
眼輪筋など目元の筋肉が衰えていることで目の下のたるみが起きている場合目の周りを運動させるトレーニングやエクササイズ、ツボ押し
アイケアグッズを使用しながら、血液の流れを促すマッサージ

このように、原因に合わせたケア方法を取り入れて、目の下のたるみやクマ、しわ知らずの目元を目指していきましょう!

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次