乾燥したスネのうろこ肌を改善するには?潤い美脚の作り方

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

寒い季節になると気になるのが気になるのが肌の乾燥。

乾燥してしまったスネのうろこ肌に悩まされていませんか?

肌の見た目はもちろん皮膚がぽろぽろ落ちてしまうのは、日常生活にも支障がでます。

なぜスネがうろこのようになってしまうのか…どうしたらスネのうろこ肌が改善するのか…そんなあなたの悩みを解決に導きます!

うろこ肌を改善し、女性の憧れ「潤い美脚」を目指しましょう♡

今回は

  • スネのうろこ肌の原因
  • スネの乾燥、うろこ肌の改善方法

について詳しくご紹介します。

うろこ肌でお困りの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

スネのうろこ肌の原因は乾燥

「スネがうろこのようになってしまった…」

結論から言うと、その原因は主に”乾燥”です。

秋から冬にかけての季節は、空気が乾燥してしまうので特に注意が必要。

なぜ、乾燥がうろこ肌につながってしまうのでしょうか?

それは、乾燥によって、お肌の表面で水分を維持できなくなってしまい、古い角質がたまってしまうから

その角質が取れずにどんどん積み重なり、ウロコのような見た目になってしまいます

そして古い角質は、新しい角質の水分まで奪ってしまうのです。

実は、スネは他の部位より乾燥しやすい部位なので、うろこ肌にもなりやすい傾向にあります。

それは、スネは他の部位と比べて皮下脂肪がほとんどないので水分が失われやすいのが原因のひとつ。

また、ムダ毛処理などでダメージを受けやすいのも原因としてあげられます。

もし季節を問わず乾燥にやうろこ肌が長く続いてしまうようであれば、皮膚病にかかっている可能性があります。

その場合は、はやめに病院を受診して下さいね。

乾燥肌の種類

乾燥肌とひとことでいっても、様々な種類があります。

乾燥性敏感肌

乾燥性敏感肌は、多くのひとが悩まされている一般的な乾燥肌です。

肌表面の水分が少なくなり、肌のバリア機能が弱ってしまっている状態。

このとき、肌にうける刺激に対して敏感に反応してしまいます。

化粧品や洋服の素材によってもかゆみや痛みがでてしまうことも…。

季節の変わり目などは肌が荒れやすいので注意。

乾皮症(皮脂欠乏症)

乾皮症(皮脂欠乏症)とは、肌の表面の油が減ってしまい、皮脂膜がうまくつくられないことによって肌の水分がなくなっていき、肌が乾燥してしまう状態

かゆみがありますが、掻いてしまうと湿疹になってしまうこともあるので注意が必要です。

若い年代よりも、年齢が上がるにつれ症状がでやすくなる特徴があります。

老人性乾皮症

老人性乾皮症は、加齢によって肌の油や汗が減ってしまい肌の角層の水分保持機能が弱まってしまうことによって、肌が乾燥してしまう状態です。皮膚が乾燥した状態のことです。

”老人性”といっても必ずしもシニア世代だけが老人性乾皮症になるわけではありません。

実は、肌の水分量は女性40代、男性60代を過ぎると一気に低下してしまいます。

この頃から乾燥に悩まされるひとはとっても多いのです。

さらに、高齢者になると約95%ものひとが老人性乾皮症だといわれています。

スネの乾燥、うろこ肌の改善方法

スネの乾燥やうろこ肌を「乾燥する季節だから仕方ない…」と諦めていませんか?

多くの人が悩むスネの乾燥やうろこ肌を改善したい!というあなたのためにスネの乾燥、うろこ肌の改善方法を紹介します。

ここでは「日常でできるケア」と「スペシャルケア」に分けてお話しします。

あなたにあった改善方法で、”美脚”に一歩前進です!

日常でできるケア

日常で手軽に行うことのできるケアを紹介します。

乾燥してしまったときに一番大切なことは保湿です。

乾燥したお肌にしっかりと水分をあたえ、お肌のバリア機能を高めましょう!

日常でできるケアは継続して行うことが重要です。

スキンケア方法

乾燥には、しっかり保湿

そのためのスキンケア方法は2STEPでとっても簡単。

1.化粧水などでお肌に水分をしっかりと浸透させる

2.お肌に入れた水分を逃さないために油分を含んだクリームなどでふたをする

まずは、お肌の水分補給。

しかし、水分を補給しても乾燥肌の状態ではすぐに水分が蒸発してしまいます。これではお肌の乾燥やうろこ肌は改善しません。

そこで、油分を含んだクリームや乳液でふたをすることで、お肌から水分を逃さないようにするのです。

化粧水や乳液、クリームを「もったいない…」と少しずつしか使わないというのはNG。

必ず化粧水や乳液、クリームは適切な量を使用するように心掛けましょう。

化粧水や乳液、クリームは敏感肌用のものでもお肌に合わず肌荒れの原因になる可能性があるので、必ず自分に合ったものを使用して下さいね。

角質ケア

スネのうろこ肌は、古い角質が取れずにどんどん積み重なった状態であるとうろこ肌の原因部分でお話しました。

角質層はお肌の外側の部分ですので、角質が邪魔をしてしまい、しっかり保湿をしたと思っても状態によってはお肌の状態が改善しないこともあります。

そんなときは、この角質をしっかりとケアすることが大切です。

角質は通常のお肌を優しく包み洗うようなケアは適していません。

スクラブなどで古い角質を落としましょう。

古い角質を落とすことによって、水分が浸透しやすくなります

そのあとでしっかり保湿をすることも忘れないで下さいね。

日常の注意点

上記で日常のケアを紹介しました。

しかし、それだけではなく普段の生活をほんのすこし改善することでお肌の状態が大きく変わります。

乾燥肌のひとへの日常の注意点を簡単に紹介します。

  • 水分をしっかりとる

体の中の水分が足りないとお肌まで水分が届きません。

水分をこまめにしっかりと補給しましょう。

  • バランスの良い食事

カラダのなかからお肌の”綺麗”をつくります。

ビタミンやミネラルが足りないとお肌の乾燥を促進してしまうことも…

ビタミンやミネラル、タンパク質はきれいな肌に必要不可欠なので積極的に摂取しましょう。

  • 睡眠をしっかりとる

睡眠不足だとお肌の新しい細胞がつくられずお肌が停滞状態に…

人間は寝ている間に肌に栄養を補給、老廃物の排出、新しい細胞をつくるので睡眠はとても大切です。

午後10時〜午前2時のゴールデンタイムは、質のいい睡眠がとれるチャンスです。

エステやスパでのスペシャルケア

「忙しい毎日でなかなかケアする時間が取れない」「日常に行うケアでは、なかなか乾燥やうろこ肌が改善しない」という方もいらっしゃいますよね。

そんなあなたには、エステやスパでのスペシャルケアをおすすめします。

エステやスパでのケアは、多少お金はかかってしまいますが、そこはやはりプロの技。

あなたも気づいていないお肌の状態などにあわせてしっかりケアし、あなたを”綺麗”に導いてくれます。

エステやスパにいくことによって、気分もリフレッシュすること間違いなし。お肌のお困りごとをエステやスパで相談してみるのもおすすめです。

スネの乾燥やうろこ肌をしっかりケアして、潤い美脚を手に入れよう

今回は、スネのうろこ肌の原因から、乾燥やうろこ肌の改善方法まで紹介しました。

あなたの参考にはなったでしょうか?

寒い季節になると現れるスネのうろこ肌の原因は乾燥です。

スネは皮下脂肪が少ないので、水分が失われやすく乾燥しやすい部位。

だからこそ、スネはうろこ肌になりやすい傾向があります。

うろこ肌を改善するには、しっかりとケアすることが大切。

「忙しい毎日でなかなかケアする時間が取れない」「日常のケアでは、なかなか乾燥やうろこ肌が改善しない」といったひとは、エステやスパでのスペシャルケアもおすすめ♡

あなたにあった方法でスネの乾燥やうろこ肌を改善し、女性の憧れ”潤い美脚”を手に入れましょう!

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次