ゼオスキンでシミは取れる?レーザーやフォトとどっちが効果的?

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

一度できてしまうとなかなか消えないお肌のシミ・・・

気になっていませんか?

今回はそんな手強いシミに高い効果を発揮するとされているゼオスキンについて徹底解説しますよ。

  • ゼオスキンはシミに効果があるの?
  • ゼオスキンのシミに効果的なシリーズとは?
  • ゼオスキンとレーザーどちらがシミに効果的?

このような内容でお伝えしていきます!

ゼオスキンの効果だけでなくレーザーとの比較についても触れていますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

目次

ゼオスキンでシミは取れるの?

ゼオスキンとは、Obagiで有名な皮膚科医のゼイン・オバジ氏が35年を費やして研究、開発した医療機関のみで販売されているスキンケア製品です。

ゼオスキンのスキンケア製品は、赤ちゃんのような健康で何も疾患のないお肌を目指すことを目的としたもの。

一般的なスキンケア製品では、肌の保湿を目的としているのですが、ゼオスキンは保湿剤を塗らなくても良い健康な肌を作ることを目指しているのですね!
このように、肌本来の美しさを引き出すためのスキンケア製品であるゼオスキンはシミに対してレーザーと同じくらいの効果があると言われています。

シミに効果はあるの?

どうしてゼオスキンには、シミに効果があると言われているのでしょうか?

実は、ゼオスキンに配合されている成分によって、シミに対して有効に働きかけることが出来るとされています。

その主な成分とは「ビタミンA」と「ハイドロキノン」の2つの成分になります。

さらに、医療機関によってゼオスキンを使う人に合わせた肌質改善のプログラムを組むことで、シミに対して効果的なアプローチが可能になるのですよ!

ビタミンAの効果

ゼオスキンに配合されているビタミンAは「トレチノイン」という細胞に直接働きかけることで、肌のターンオーバーを強力に促す効果のある成分となっています。

「トレチノイン」は医薬品となっており、医師による処方が必要な成分。

短期間で肌質を改善させる効果が高い反面、刺激が強くて副作用を伴うこともあります。

必ず医師などの専門家の指導のもとに正しく使用する必要があるので、注意しましょう。

ハイドロキノンの効果

「トレチノイン」によって古い角質を取り除いた肌は、皮膚が薄くなってシミが通常よりも浮き上がっているのと同じ状態ですよね。

その浮き上がっている状態のシミに対して、浸透させるのが美白効果が高いとされている「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニンの発生を抑制する働きがあり、使い続けるほどにシミが作られにくくなる効果があります。

シミに対して強いアプローチができる反面、こちらの成分も肌への刺激は強め。

一般的に販売されているスキンケア製品では、ハイドロキノンを配合できる濃度が決められており、医療機関で処方される濃度の100分の1程だと言われています。

シミに効果的なシリーズ

ゼオスキンのスキンケアシリーズは大きく分けて、セラピューティックプログラムと基礎プログラム(ファンダメンタル5)の2つがあります。

この2つの中から、それぞれの肌の状態にあったプログラムを選んでいくことになります。

ここではシミに対して効果的なシリーズをご紹介しますね!

セラピューティックプログラム

ゼオスキンのプログラムのうち、初心者向けと言われているのが基礎プログラム。

もう一方のセラピューティックプログラムは、より積極的な効果を得たい方にむけられたビューティーシリーズとなっています。

セラピューティックプログラムでは

  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 美肌ケア用美容クリーム2本
  • シミ対策美容クリーム
  • 日焼け止めクリーム
  • 医薬品“トレチノイン”

以上の7点が処方されるプログラムです。

使用期間は、12週~18週を目安にした集中的なプログラムとなっており、短期間で集中的に効果を引き出すことができるのが特徴。

肌の透明感を引き出しつつ、シミへのアプローチができるスキンケア内容になっています。

ゼオスキンとレーザー、シミに効くのはどっち?

シミを消すための治療法として代表的なのはレーザー治療ですよね。

そんなレーザー治療とシミに効果のあるスキンケアとして人気のゼオスキンではいったい、どちらが効果的なのでしょうか?

ここでは、レーザーとゼオスキンがそれぞれどのようにシミに対して効くのかを解説していきますね。

シミに即効性があるのはレーザーやフォト

すぐにシミを消したいと思っている方には、レーザーやフォトがおすすめです。

特に強い光を照射して、肌の基底層にあるシミの母細胞であるメラノサイトを破壊するレーザーは、濃くてハッキリとしたシミに効果的だとされています。

レーザーの効果はかなり高く、しっかりとシミを消すことができる反面、少しダウンタイムが必要

ただし、ダウンタイムといっても1週間~10日程度、患部に薬を塗ってテープを貼るだけとなります。

フォトはレーザーよりもやや効果が薄れるものの、薄いシミや広い範囲にあるシミに効果的

レーザーよりもダウンタイムが無いことで、フォトの方がより気軽にシミ治療をすることができるのが特徴です。

ゼオスキンはシミ以外に肌荒れなども改善できる

シミを消すだけでなく、肌荒れなどの肌質改善もしたいと思っている方には、ゼオスキンがおすすめです。

レーザーやフォトより、シミを消すまでの時間は掛かるものの、シミと同時に肌本来の美しさも引き出すことができるのがいいですよね。

そもそもゼオスキン本来の目的は、保湿剤がなくても潤いのある健康的な肌を目指すこと

レーザーのようにダウンタイムも無く、シミを消しつつ、シミができにくい肌質へと改善することができるのはスキンケア製品であるゼオスキンの強みですね。

ゼオスキンの副作用は?

シミに対して効果的なアプローチが可能なゼオスキンですが、効果が高い反面、副作用について気になる方もいるのではないでしょうか。

ゼオスキンで処方されるトレチノインを使用すると、肌が赤くなったりピリピリとした刺激を感じることが多いです

さらには、皮膚がボロボロと剥けてくるといった症状も。

このような症状は、トレチノインの副作用として起こるものだと言われています。

ただし、このような症状はある程度、古い角質が剥がれ落ちてしまうとなくなりますので、安心してくださいね。

また、どうしてもこのような肌が荒れる副作用を避けたい場合は、医療機関や専門家にプログラムの内容を相談してみるとよいでしょう。

ゼオスキンならシミだけでなく肌そのものがキレイになる!

今回はゼオスキンで本当にシミが消えるのかについて解説してみました

ゼオスキンは、肌のターンオーバーを促しつつ、シミが新たに発生しにくい環境を作り出すことで、シミを徐々に薄くするスキンケアということが分かりました。

シミに対して即効性を求めるならレーザーやフォトがおすすめ。

ダウンタイムなしに美肌も手に入れたいならゼオスキンがおすすめですよ。

ぜひ、それぞれのシミに対するアプローチの違いを考慮しつつ、自分に合ったシミの治療方法を見つけてみて下さいね

また、医療機関でしか処方されないゼオスキンですが、オンラインでも入手することが可能になっています。

病院にいく時間がとれない方や、美容クリームだけリピートしたい方などにはオンラインでの購入が便利でおすすめですよ。

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次