ニキビ跡を消すには?すっぴん見られてもOKな肌づくり

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

人からの第一印象を決めるとき、外見は相手に大きな影響を与えています。

中でも肌は重要なポイント。

「肌を見るだけで、その人の生活が見えてくる」とまで言われることもあるそうですよ。

スキンケアや食生活、運動など日々あらゆる努力をしても、肌が荒れてしまうときはあります。

中でもニキビや吹き出物は、美肌の大敵ですね!

なかなか治らずニキビ跡となって残ってしまうことも。

一度できてしまうと厄介なニキビ跡を消すにはどうしたらいいのでしょうか。

今回は、手強いニキビ跡を消す方法についてご紹介しますね!

目次

ニキビ跡が残る原因 

ニキビ跡とは、ニキビができた後に赤みや色素沈着、クレーターが肌にそのまま残ってしまう状態のことを言います。

古くなった角質がはがれて、肌が生まれ変わるターンオーバー機能が正常に働かなくなると、皮脂の過剰分泌や毛穴の詰まりが起こります。

これらがニキビをつくる主な原因の一つ。

ターンオーバーの乱れによって、トラブルを抱えやすくなった肌は、皮膚の奥深くの真皮や皮下組織にまで大きなダメージを与えてしまいます。

修復が遅くなったり、修復自体ができなくなったりと状態の悪くなった肌は、ニキビ跡を残してしまうことに。

できてしまったニキビのケアを十分にしていなかったり、放置してしまったりすることも、ニキビ跡が残りやすくなる原因です。

また、ニキビ跡には主に3つのタイプがあります。

  • 赤みタイプ
  • 色素沈着タイプ
  • クレータータイプ

それぞれの特徴やニキビ跡になる原因をご紹介しますね!

赤みタイプ

炎症が続くことによって、皮膚下の毛細血管は毛穴に集中します。

赤みのあるニキビ跡がある場合は、この毛細血管が赤く透けていることが原因です。

さらに毛細血管が傷つくと、血液の酸化によって赤紫色のニキビ跡にまで悪化してしまうことも。

ニキビが治ってから数か月経っても、赤みが残っているときは、炎症によるダメージで皮膚が薄くなっている可能性もあります。

色素沈着タイプ

赤みはなくシミのような茶色いニキビ跡ができている場合は、色素沈着タイプにあたります。

このタイプの原因はメラニン。

ニキビができることで、皮膚下ではメラノサイトが刺激され、メラニンが大量に生み出されます。

メラニンによって、シミのような色素沈着が残ってしまうのです。

肌全体がくすんだ印象になりがちなのも、色素沈着による影響と言えます。

クレータータイプ

肌の表面に凹凸ができ、陥没してしまうのがクレーター状のニキビ跡です。

できてしまったニキビを放置したり、触りすぎて悪化させてしまうと発生します。

ニキビは炎症が強くなると、これ以上の悪化を抑えるために白血球が動き出し、真皮層を破壊。

すると、ターンオーバーができなくなった真皮層では、肌の修復へ動けなくなってしまいます。

その結果、ニキビ跡がクレーター状になって残ってしまうのです。

ニキビ後を消すには?

ニキビ跡ができる原因は、ターンオーバーの乱れによるもの。

赤み、色素沈着、クレーターの3種類とも、ターンオーバーを正常化できれば徐々にニキビ跡は改善されていきます。

ターンオーバーの理想周期は28日と言われています。

本来の健康な肌であれば、28日のサイクルで細胞の生まれ変わりが完了。

もし、肌に炎症が起きても、老廃物となって古い細胞と共に排泄されるので、ニキビ跡のない肌をキープできますね!

しかし、そのサイクルが乱れてしまうとニキビ跡を消すことが難しくなります。

古い細胞たちがはがれ落ちるまでに時間がかかればかかるほど、赤みや色素沈着として肌に残ってしまうのです。

ターンオーバーの周期は、年齢を重ねるごとに長くなっていくと言われています。

10代、20代は新陳代謝が活発なため、理想的な28日サイクルを整えやすいでしょう。

40代になると、徐々に新陳代謝が低下し、ターンオーバーに必要な日数は2倍ほどまで増えてしまいます。

また、睡眠不足やストレスなど、生活習慣の影響によってターンオーバーの乱れが起きることも。

そのため、ニキビ跡を消すためには日常生活での意識も重要になります。

ターンオーバーが正常化しなければ、ニキビ跡が消えないのはもちろん、あらゆる肌トラブルを抱えやすい状態になってしまうのです。

美肌のためにも、注意して生活したいですね!

ターンオーバーを促す方法

ニキビ跡を消すためには、ターンオーバーが鍵!

具体的にどうすればターンオーバーを促すことができるのでしょうか?

  • 保湿ケア
  • 成長ホルモン

ターンオーバーについて、これらの2点に注目しながら考えてみましょう♪

保湿ケア

ターンオーバーが乱れた状態から、正常化へと促す方法の一つに「保湿ケア」があります。

ニキビやニキビ跡の予防策として、洗顔と保湿はとても大切。

洗顔で肌に残った不要な汚れを落としたら、化粧水やクリームなどで充分な保湿ケアをしましょう。

肌は保湿不足だと、バリア機能が低下し外部からの刺激に弱くなります。

すると、乾燥や紫外線の影響を受けやすくなり、それらの刺激から肌を守るために過剰な皮脂分泌が起きてしまうのです。

結果的にニキビが増えて、毛穴の詰まりが起き、角質が溜まっていきます。

さらに、角質層が厚くなることでスキンケアをしても成分が届きにくくなります。

つまり、保湿不足によって恐ろしい悪循環が完成してしまうのです!

そのため、肌表面にフタをするイメージでしっかりと保湿ケアをすることがおすすめ◎

中でも、ビタミンC配合化粧水で保湿すると効果的と言われています。

ビタミンCは、皮脂分泌を抑える効果があることに加え、コラーゲンを生み出すために必要な成分なのです。

ターンオーバーが乱れた状態では、肌が炎症を起こしたとき、修復に時間がかかってしまったり、必要な栄養素が不足していたりと、真皮や皮下組織自体が整っていません。

スキンケアで肌の奥まで栄養素を届けてあげることが大事!

成長ホルモン

日々のスキンケアによってターンオーバーを促すのも重要ですが、生活習慣の改善も欠かせません。

ターンオーバーの乱れは、身体の内側から改善することができます。

新陳代謝の低下によってターンオーバーに遅れが出るため、まずは新陳代謝アップを目指したいですね!

そのためには、新陳代謝を上げるのに有効な「成長ホルモン」を分泌するのがおすすめ◎

成長ホルモンは、睡眠中に分泌されるホルモン。

肌のターンオーバーを促進し、1日中浴び続けた紫外線など、外部刺激によって受けたダメージの修復をしてくれます。

ターンオーバーは6時間ほどかかると言われているので、6時間以上の睡眠をとることが理想的ですね♪

また、成長ホルモンは良質な深い睡眠をとれたときに分泌量がアップ!

睡眠時間にこだわることも大切ですが、睡眠の質を意識するようにしましょう。

良質な睡眠をとるには、朝起きてから寝るまでの1日の過ごし方が大きく関わってきます。

  • 朝起きたら朝日を浴びる
  • 栄養バランスのとれた食事を摂る
  • 適度な運動をする
  • ストレスをためないように意識する
  • 寝る前はPCやスマホを見すぎない

このように、毎日ちょっとしたことを心がけるだけで、睡眠の質を向上させられますね♪

成長ホルモンが分泌されやすくなれば、肌のターンオーバーも正常化に向かい、ニキビ跡を消すためのアプローチが早くなるでしょう。

早く確実に効果を出すなら

ニキビ跡を消すには、スキンケアや生活習慣によってターンオーバーを促すことが効果的だとわかりましたね。

スキンケア方法や日常生活を工夫し、身体の中から生まれ変わらせることはとても大切です。

しかし、スキンケアや生活習慣によってニキビ跡を消すには、ある程度の時間をかける必要性があります。

1日でも早く綺麗な肌を手に入れたい!という方には待ちきれないかもしれません。

そこで、美容クリニックでプロの力を借りてみるのもおすすめですよ♪

ニキビ跡を消すのに効果的な施術をご紹介します。

  • ダーマペン
  • ケミカルピーリング
  • フォトフェイシャル

それぞれの効果と費用についてチェックしてみてくださいね!

ダーマペン

人はケガをしたとき、自然治癒力によって傷を治そうとします。

その原理に着目して生み出された治療法がダーマペンです。

極細の針を使って、皮膚に小さな穴を開けていきます。

開けられた穴たちが小さな傷になると、皮膚はこれらの傷を修復しようと動き出します。

皮膚を修復するとき、皮膚内の繊維芽細胞(せんいがさいぼう)が活性化します。

この繊維芽細胞は、コラーゲンやケラチンを生成するのが特徴です。

コラーゲンやケラチンは、皮膚のハリや弾力を高めるのに効果的◎

肌の再生に役立ち、ニキビ跡によってトラブルが起きている肌をなめらかにしていきます。

ダーマペンは、肌の状態に合わせて複数回の施術が推奨されています。

月に1回の施術を5回ほど繰り返すことによって、効果を実感する方が多いと言われていますよ♪

中でも、最新機器「ダーマペン4」での施術が人気です。

従来の機器と比べて、針の本数を増やすことによって効果がアップ◎

針の長さ調整ができたり、痛みが軽減がされたりと、さらに高性能な機器となりました。

施術から数日間は、肌の乾燥や赤みなどが現れる場合があります。

さらに1週間ほど皮むけを起こす場合もあるので、スケジュール調整の上、ゆとりを持って施術を受けることがおすすめですよ♪

費用に関しては、クリニックや施術部位により違いがありますが、1回につき20,000円〜60,000円程度となっています。

ダーマペンは、ニキビ跡の改善だけでなくリフトアップやイチゴ鼻の解消効果も◎

いろいろな悩みをまとめて解決したい方にもおすすめな施術です♪

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚にピーリング剤を塗布して、古くなった角質を取り除く治療法です。

古くなった角質を人工的にはがすことで、ターンオーバーの周期を正常化してくれます。

代謝がよくなった肌は本来のターンオーバー周期に戻り、ニキビ跡も徐々に目立たなくなっていきます。

ケミカルピーリングによって不要な角質が取り除かれた肌は、毎日のスキンケアの浸透力もアップ◎

トラブルが起きにくい健康的な肌に近づくことができますね♪

ケミカルピーリングは施術時間が短く、ダウンタイムもほとんどないため、利用しやすいのも魅力的ですね!

さらに、施術の際に肌が少しピリピリ感じることはありますが、強い痛みを伴うこともありません。

費用は、地域やクリニックによって違いがありますが、1回につき5,000円~8,000円ほどです。

ニキビ跡をきれいにしたい場合は、2週間に1回の施術を5回程度繰り返すことがおすすめ◎

クリニックのケミカルピーリングでは、ピーリング剤の濃度調整ができます。

ご自身の肌の状態に合わせて相談みてくださいね♪

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルとは、光を肌に照射することでメラニン色素にダメージを与え、色素沈着などを改善する治療法です。

フォトフェイシャルで照射する光は、肌の真皮層まで届くため、ニキビ跡の原因であるメラニンや毛細血管へ直接アプローチしてくれます。

破壊されたメラニンや毛細血管は、ターンオーバーによって剥がれ落ちていき、ニキビ跡を薄くしていく効果があります。

また、アクネ菌の殺菌や毛穴の引き締め効果も◎

ニキビ跡の改善治療に加えて、肌荒れの予防効果まで期待できるのは嬉しいですね♪

フォトフェイシャルは、回数を重ねるほど効果が増すため、3~4週間に1回の施術を5~6回繰り返すことを推奨しています。

施術時間は1時間もかからず、ダウンタイムもほとんどありません。

痛みは比較的軽めで、輪ゴムで弾くような感覚と言われているため、刺激に弱い方でもチャレンジしやすいですよ♪

費用は、地域やクリニックによって違いがありますが、顔全体1回につき10,000円~30,000円ほどです。

丁寧な日常ケアとプロの力ですっぴん美人に♪

今回は、ニキビ跡を消す方法についてご紹介しました。

ニキビ跡は、できてしまう前のケアや日々の意識によって軽減することができます。

丁寧な暮らしを意識してみると、何か変化があるかもしれません。

肌荒れの多くは、体の中からのSOSサインとも言われています。

正しいケア方法で、ご自身の肌ときちんと向き合ってあげることが大切ですね。

また、クリニックでプロの力に頼ることもおすすめ◎

ニキビ跡だけではなく、個人個人の肌悩みに合わせた施術も相談できますよ♪

上手に活用して、すっぴん美人を目指しましょう!

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次