ダイエット点滴はなぜ痩せるの?効果や気になる副作用は?

ダイエット点滴

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

ダイエット成功のためには、食事制限やサプリの服用、運動などさまざまな要素が必要です。

とはいえ、「効率よく痩せたい」と考える人がいるのも事実でしょう。

最近では、ダイエット効果や美容効果を求め、にんにく注射・プラセンタ注射などを積極的に受ける人も増えてきました。

このような背景から、2021年現在「ダイエット点滴」による治療が注目されています。

ダイエット点滴とは、ビタミンC・Eの約400倍の抗酸化作用があるとされる”αリポ酸”や、脂肪燃焼効果のある”L-カルニチン”を体内に直接送り込む施術です。

ダイエット点滴の体験談や口コミも増えており、その効果が気になる人は多いのではないでしょうか。

そこで、まずはダイエット点滴の効果にスポットを当てていきます。

目次

ダイエット点滴に期待できる効果

L-カルニチンやαリポ酸が配合されたダイエット点滴には、以下の4つの効果が期待できます。

  • 脂肪燃焼効果
  • 身体の機能を改善する効果
  • エイジングケア効果
  • 有害ミネラルの除去効果

人間の身体は、不規則な食事や筋肉量の低下、加齢などによって基礎代謝が落ちてしまいます。

すると、十分な栄養摂取ができなくなり、体重増加や便秘、冷えによるむくみなどさまざまなトラブルに繋がります。

「運動や食事制限などを頑張っているのに、なかなか痩せない…」

という状況は、基礎代謝の低下など身体の内側に問題があることも考えられます。

ダイエット点滴はこのような人にも有効で、体質自体を変えていくことが可能です。

また、ダイエットの天敵である有害ミネラルの除去効果にも期待でき、脂肪の燃焼をコントロールして痩せやすい体質を目指せます。

とはいえ、「ダイエット点滴で本当にスリムになれるの?」「点滴ってちょっと怖い…副作用はないの?」と気になりますよね。

この記事では、上のような疑問や不安が解消されるような構成になっています。

ダイエット点滴の成分や頻度、費用、副作用、よくある質問なども紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

こんな人におすすめ

ダイエット点滴はこんな人におすすめ

まずは、ダイエット点滴に向いている人のタイプをご紹介します。

  • 脂肪溶解注射や脂肪吸引など、ダウンタイムのある施術は避けたい人
  • 美容医療を受けるのが初めてな人
  • 運動や食事制限が続かなかった人
  • 周りに知られず少しずつ痩せたい人
  • 痩せやすい身体になりたい人
  • 基礎代謝の低下などで痩せにくくなってきた人

ダイエット点滴は、上のような人に向いています。

痩せやすい身体作りとリバウンドしにくいダイエットの両方が実現するため、体型への悩みを持っている人におすすめです。

また、ダイエット点滴は切開や長期的なダウンタイムを伴わないため、脂肪溶解注射や脂肪吸引には挑戦できなかった人にも最適だと言えます。

ダイエット点滴の成分

ダイエット点滴の成分

ダイエット点滴の主成分は、L-カルニチンとαリポ酸です。

それぞれに期待できる効果や特徴を見ていきましょう。

L-カルニチン

L-カルニチンは、脂肪燃焼の役割を持つアミノ酸です。

通常、人の体内では肝臓で1日につき約10mg程度しか作られず、卵・豆・野菜類にはほとんど含まれない物質です。

体内のL-カルニチン量は加齢とともに減少するほか、食事制限などで赤みの肉を食べる機会が少ない場合、L-カルニチン不足になっている可能性があります。

ダイエット点滴では、L-カルニチンを血液内に直接入れていきます。

サプリメントを摂取するよりも吸収効率が高いため、短期間で高い効果を期待できるでしょう。

αリポ酸

αリポ酸は、レバーやほうれん草、にんじんなどに含まれる脂肪酸の一種で、新陳代謝の活性や体脂肪の増加抑制に役立ってくれます。

αリポ酸は抗酸化作用を有しており、ダイエットの邪魔となる有害ミネラルの除去、肌トラブルの改善やエイジングケアにも有効です。

ビタミンC、ビタミンEなどにも含まれますが、αリポ酸の抗酸化作用はその400倍とも言われています。

また、αリポ酸にはデトックス効果もあるため、脂肪のつきにくい体質に改善していく効果にも期待できます。

パントテン酸

パントテン酸は、レバーや魚、卵などに含まれる水溶性ビタミンです。

脂肪酸の代謝促進、コレステロール量の調整、副腎皮質ホルモンの合成促進効果などがあり、ダイエットの味方となる成分のひとつです。

また、コラーゲンの合成に欠かせないビタミンCの働きを助ける効果もあります。

不足すると疲労や免疫低下、イライラなどを引き起こすため、ダイエット時にも積極的に摂取していきたい成分です。

ダイエット点滴では、これらの成分が体内に直接働きかけ、脂肪の燃焼を促すとともに、太りにくい身体に導いてくれます。

効果的な頻度はどれくらい?おすすめ頻度

ダイエット点滴は、継続期間や治療間隔に明確な決まりはないと言われています。

とはいえ、効果の持続を求めるのであれば、定期的に通うことが推奨されます。

具体的には、1~2週間に1度がダイエット点滴のおすすめ頻度です。

とくにメタボリック症候群や肥満症の人は、1週間に1回ペースの定期的な注入がおすすめです。

「忙しいしそんなに通えない…」という人も大丈夫です。

通常の2~3倍量の点滴を用意しているクリニックもありますので、医院選びの参考にしてください。

ダイエット点滴の費用相場

次に、ダイエット点滴の費用相場について見ていきましょう。

ダイエット点滴の費用相場

通常量3,000~7,000円
倍量7,000~10,000円

「想像よりも安い!」と驚いた人もいるのではないでしょうか。

ダイエット点滴はリーズナブルな施術で、気軽に受けられるのも魅力です。

また、定額での通い放題コースなどを用意しているクリニックもあります。

ちなみに、ダイエット点滴はビタミンなどの有効成分の併用も可能な施術です。

オプションとして以下のようなメニューを用意しているクリニックもあります。

  • 栄養状態を回復するためのビタミン点滴
  • VitC・トランサミンなどを配合した美肌点滴
  • 抗酸化作用や解毒作用などを強化するデトックス点滴

これらのオプションを利用することにより、さらに高い美容効果が期待できます。

ダイエット中は肌トラブルや強い疲労感などが起こりやすいため、ほかの点滴との併用もおすすめです。

そのため、主治医と相談しながら注入する量や成分を決めていくといいでしょう。

副作用や禁忌事項は?

次に、ダイエット点滴の副作用や禁忌事項を紹介します。

ダイエット点滴の副作用

アレルギー反応ダイエット点滴のアレルギー反応として、発疹やかゆみの症状が出ることがあります。
このような症状が出た場合は医師にご相談ください。
内出血点滴により、内出血が生じる可能性があります。
通常1~2週間ほどで改善しますが、1週間ほどしても治まらない場合は医師にご相談ください。
疼痛点滴により、疼痛が起こる可能性があります。
通常3日ほどで治まりますが、1週間ほどしても治まらない場合は医師にご相談ください。
腫れ注射部位に腫れが生じる可能性があります。
通常3日ほどで治まりますが、1週間ほどしても治まらない場合は医師にご相談ください。

ダイエット点滴の副作用は、上の表の通りです。

主成分であるL-カルニチンやαリポ酸は、もともと人間の体内で作られる物質です。

そのため、特別な副作用の心配はいらないでしょう。

また、ダイエット点滴を長期で続けた結果、副作用が出たという報告もありません(※2021年3月時点での情報です)。

ダイエット点滴の禁忌事項

以下の条件に当てはまる人は、ダイエット点滴のは受けられません

  • 妊娠中・授乳中の人
  • 肝機能障害のある人
  • 糖尿病の人

このほかの場合でも禁忌とされる可能性があるため、詳しくはクリニックに直接お問い合わせください。

施術時間や流れ

次に、ダイエット点滴の施術時間と流れをご紹介します。

ダイエット点滴の施術時間

ダイエット点滴の平均施術時間は、10~30分程度です。

オプションでほかの成分の点滴をプラスする場合や、倍量を注入する場合は、これ以上の時間を要する可能性もあります。

また、施術自体は短い時間で終わりますが、カウンセリングの所要時間はクリニックによりけりです。

とはいえ、毎回の施術時間はかなり短く済むため、買い物や仕事帰りにサッと受けられる点も魅力の1つだと言えるでしょう。

ダイエット点滴の流れ

  1. 予約…いきなりクリニックを受診するのではなく、まずは予約を取りましょう。
  2. 受付…保険証やお薬手帳を提出し、問診票の記入、説明などを受けます。
  3. 検査…初診時に検査を必須としているクリニックもあります。
    検査には、採血、尿検査、身体測定、血圧測定、診察などが含まれます。
  4. カウンセリング…担当の医師がカウンセリングを行ってくれます。
    症状や不安なこと、疑問点などを共有する場です。
    その後、担当医師が点滴のメニューや料金の提案・説明をしてくれます。
  5. 施術…当日の体調などを再度確認した後、点滴開始です。
    なるべくリラックスした状態で過ごしましょう。
  6. 説明…施術後の注意事項について説明があります。
    心配な点があれば共有しておきましょう。

以上がダイエット点滴の一般的な流れです。

クリニックによって前後する場合もあるので、詳しくは医院に直接お問い合わせください。

ダイエット点滴はどこで受けられる?

ダイエット点滴を積極的に行っているクリニックの情報を元に、表を作成しました。

東京エリア銀座・新宿・池袋・六本木・品川・五反田・渋谷・町田
東日本関内(神奈川県)・柏市(千葉県)・大宮(埼玉県)・四日市(三重県)
西日本梅田/心斎橋(大阪府)・久留米/天神(福岡県)・香川県・松山市(愛媛県)・福山市(広島)・大分市(大分県)

ダイエット点滴を採用しているクリニックは全国各地にあるため、場所を選ばず利用可能です。

もちろん、このほかの地域でも採用しているクリニックはあるので、お近くにある医院を探してみてくださいね!

よくある質問

Q.点滴と注射の違いは?

A.注射より点滴の方が1度に打てる量・種類が多いとされています。

注射の場合は1種類ずつしか打てませんが、点滴ならほかの成分も組み合わせて注入することができます。

また、通院回数を減らすために倍量を打つ場合、注射だと困難なケースもあります。

一方、点滴なら一度に多くの量を注入することも可能です。

Q.点滴中は動ける?

A.クリニックによりますが、点滴の際には柔らかい針を使用することも多いです。

そのため、スマホや雑誌などを見ながらリラックスした状態で過ごせます。

Q.ダイエット点滴は痛い?

A.針を刺すときに痛みが生じることがあります。

麻酔クリームなどを用意しているクリニックもあるため、医師にご相談ください。

Q.保険は使える?

A.ダイエット点滴は自由診療のため、公的保険は使用できません

Q.どうしてダイエット効果があるの?

A.ダイエット点滴には、代謝をアップや脂肪燃焼に役立つLカルニチンや脂肪の増加を抑制する効果のあるαリポ酸が含まれています。

直接血液内に注入するため、吸収効率も良く、比較的短い期間で痩せやすい体質に改善する効果が見込めます。

Q.施術後は運動してもいい?

A.施術後の運動は可能です。

ダイエット点滴には脂肪を燃焼させる成分が含まれているため、積極的に運動することをおすすめします。

Q.点滴を辞めたらリバウンドする?

A.ダイエット点滴は脂肪の燃焼を手助けしてくれるもため、点滴を辞めること自体がリバウンドの原因になることはありません。

ただし、点滴を辞めた後の食事量や運動不足により、リバウンドすることはあります。

Q.脂肪溶解注射との併用はできる?

A.脂肪溶解注射との併用もできます

脂肪溶解注射は、脂肪細胞を減らすための注射です。

脂肪燃焼効果のあるダイエット点滴との同時施術によって、さらなる効果が見込めます。

Q.主成分以外には何が入ってるの?

A.ダイエット点滴には、脂肪燃焼効果のあるL-カルニチンやαリポ酸のほか、ダイエット効果の高い成分や肝臓を強化する成分、各種ビタミン類が配合されています。

Q.市販のサプリメントと何が違うの?

A.ダイエット点滴は、血液内に直接注入する施術です。

そのため、L-カルニチンやαリポ酸のサプリメントよりも吸収効率が高く、より短期間で高い効果が見込めます。

まとめ

このページでは、脂肪燃焼効果に定評のあるダイエット点滴について紹介しました。

それでは、ダイエット点滴の特徴や効果などを簡単に振り返りましょう。

  • ダイエット点滴の効果は、「脂肪燃焼効果」「身体の機能を改善する効果」「エイジングケア効果」「有害ミネラルの除去効果」の4つ
  • ダイエット点滴の主成分は、L-カルニチンやαリポ酸、パントテン酸
  • これらは脂肪燃焼効果や抗酸化作用、デトックス効果のある成分
  • L-カルニチンやαリポ酸の生成量は加齢とともに減少する
  • 注射や注射で取り入れることで効率よく吸収可能
  • 脂肪溶解注射との併用もおすすめ
  • ダイエット点滴の脂肪燃焼効果を高めるため、積極的に運動すると◎
  • ダイエット点滴のおすすめ頻度は週1~2回
  • 比較的安い施術であり、通い放題コースなどを用意しているクリニックもある

ダイエット点滴は、脂肪が気になっている人、痩せやすい体質を目指したい人に最適な施術です。

主成分はどれも体内に必要な栄養素のため、安全性への心配もほとんどいらないでしょう。

脂肪溶解注射や脂肪吸引のように長期的なダウンタイムを伴わないため、周りにバレることなく痩せたい人にもおすすめです。

気になる脂肪を燃焼したい人は、ぜひダイエット点滴を検討してみてくださいね!

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次