IPLフォトフェイシャルは美肌作りに効果的!効果や気になる副作用は?

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

「紫外線ケアを怠ったせいか、シミやそばかすが出てきた…」

「顔がくすんできたから、透明感が欲しい…」

「ニキビ跡が消えなくて鏡を見る度に落ち込む…」

「毛穴の黒ずみや角栓のせいでメイク乗りが悪い…」

このように、わたしたちを悩ませる顔周りのトラブル、どうにかしたいですよね。

日頃からしっかりケアしていたとしても十分な効果が現れず、途方に暮れている人もいるのではないでしょうか。

そんな悩めるあなたにおすすめの美容法は、IPL(フォトフェイシャル)です。

IPL(フォトフェイシャル)とは、「Intense Pulsed Light」という特殊な光を照射する施術。

肌トラブルの原因であるメラニン色素や毛細血管に直接アプローチ可能なのです。

  • ダウンタイムがほとんど必要ないこと
  • 肌へのダメージが少ないこと
  • 施術直後にいつも通りメイク可能なこと

などのメリットがあり、ブログや口コミなどでもIPLによる治療を絶賛する声が豊富なんですよ。

この記事では、そんなIPL(フォトフェイシャル)についてお話ししていきます。

  • IPL(フォトフェイシャル)に期待できる効果や仕組み
  • フォトフェイシャルM22との違い
  • IPLフォトフェイシャルとレーザーの比較
  • 料金相場
  • 施術の詳細と流れ
  • よくある質問

などをまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

目次

IPLフォトフェイシャルとは?M22ってなに?

まずはIPL(フォトフェイシャル)の詳細と、M22との違いについて見ていきましょう。

最強の美容法「IPL(フォトフェイシャル)」とは?

IPL(フォトフェイシャル)とは、あらゆる肌トラブルに効果的な美容法です。

その名の通り、IPL(Intense Pulsed Light)という広域な波長を持つ光を肌に当てる施術です。

何色もの光が集まってできたソフトな光を当てていくため、一度の施術で総合的な肌ケアができます。

ちなみに、皮膚科医療のあいだでは「ゴールドスタンダード」と呼ばれるほどで、多くの専門家からの指示を獲得しています。

肌トラブルの原因であるメラニン色素や毛細血管に直接作用することで、以下のメリットに期待できます。

  • シミやそばかすなどあらゆるトラブルにアプローチ
  • 肌の色ムラを抑え、キメ・ハリ・ツヤなどもアップ
  • 肌の状態に合わせた最適な施術が可能
  • 皮膚を傷つけないため、肌へのダメージが少ない
  • 施術中の痛みも少なく、ダウンタイムもほぼない

このように、一度の施術で多彩な効果ができるため、仕事や家事などで忙しいことの多い女性でも無理なく続けられますよ!

また、美容医療の施術を受けるのが初めての人、周りにバレずに綺麗になりたい人にも最適な施術だと言えるでしょう。

フォトフェイシャルM22ってなに?

IPLフォトフェイシャルは、機械を用いて行う施術で、2021年現在、最新機器として注目されているものには「M22」があります。

このM22には、複数のカットオフフィルター(波長を変えるための装置)がついており、従来機よりも高い効果に期待できます。

というのも、そのフィルターのなかから、肌の悩みや肌質に合わせた照射波長を選べるからです。

つまり、「肌の状態に合わせたオーダーメイドな施術が実現する」ということなのです。

波長だけではなく、エネルギー量(出力)や照射間隔などを細かくカスタマイズ可能な点も魅力のひとつとして挙げられます。

IPLの機器を取り扱う多くの美容外科で採用されているため、「IPL(フォトフェイシャル)=M22」だと考えていても問題ないでしょう。

とはいえ、安い料金でIPL(フォトフェイシャル)施術が受けられるクリニックのなかには、M22以外の従来機しかないことも考えられます。

そのためクリニック選びの際には、IPLの機械の種類についてもあわせて確認することをおすすめします。

IPLフォトフェイシャルの効果や仕組みについて

IPL(フォトフェイシャル)はこんな人におすすめ!

以下の条件に当てはまるなら、IPL(フォトフェイシャル)の施術を受けることをおすすめします。

  • シミやそばかすに悩む人
  • 加齢や表情筋の衰えによって毛穴が開いてしまった人
  • 口周りやおでこなどのシワを改善したい人
  • ニキビ跡やニキビそのものが気になる人
  • 肌にハリやツヤ、キメを求めている人
  • 顔のくすみや色ムラ、色素沈着などが気になる人
  • 産毛を薄くして化粧ノリを良くしたい人

あなたはいくつ当てはまりましたか?

IPL(フォトフェイシャル)なら、複数の肌トラブルを同時に解消していけるため、エイジングケアにも最適です。

家庭用のエステ機器や脱毛器などで十分な効果を得られなかった人、もっと効率のよい美容法を探している人にもおすすめですよ。

IPL(フォトフェイシャル)に期待できる効果

それでは、IPL(フォトフェイシャル)に期待できる効果について詳しく見ていきましょう。

シミや肝斑、そばかす、小ジワなどの改善

IPL(フォトフェイシャル)は、シミやくすみ、そばかす、毛穴の黒ずみなど、早急になんとかしたい肌トラブルの改善に効果的です。

真皮のコラーゲン繊維や線維芽細胞を活性化することで、小じわやたるみ毛穴などを改善し、肌全体にハリが蘇る効果にも期待できますよ。

加齢や生活習慣の乱れ、ストレスなどあらゆる原因で荒れてしまっている肌を若返らせてくれるため、現代女性にとっての心強い味方だと言えるでしょう。

炎症性ニキビ・ニキビ跡の改善・予防

毛穴に角栓が形成されることから起こってしまう炎症性のニキビや、放置してしまったことで残ってしまうニキビ跡。

鏡を見る度に落ち込んでしまう人も多いでしょう。

そんな厄介な炎症性ニキビやニキビ跡の改善・予防にもIPL(フォトフェイシャル)が有効です。

ニキビの原因菌が生成してしまうポルフィリンに有効な波長を当てることによって、アクネ菌を殺菌・減少してくれますよ。

新しく生まれようとしているニキビにも有効なため、今までのニキビ治療・予防に十分な効果を感じられなかった人にもおすすめです。

また、メラニン(色素)の除去作用、過剰に拡張した毛細血管を破壊する作用もあるため、ニキビ跡の赤みや黒ずみ、シミなども改善してくれます。

赤ら顔・毛細血管拡張症の改善

毛細血管が拡張することで起こる顔面のほてりや赤みに悩んでいる人にも、IPL(フォトフェイシャル)が有効です。

この赤ら顔は、血液に含まれるヘモグロビンという物質が原因で起こります。

IPL(フォトフェイシャル)は、ヘモグロビンの赤へ意図的に照射可能なため、拡張された余計な毛細血管を破壊してくれます。

これにより、赤みを解消し、透明感のある肌に導いてくれますよ。

IPL(Intense Pulse Light)の光による脱毛効果

IPLの光には、脱毛効果もあります。

毛母に含まれているメラニンに吸収波長の光を照射することで、口周りや輪郭などの産毛を安全に脱毛できるのです。

ただしIPLの光は、成長記段階の毛幹のみに作用するため、脱毛目的の場合は休止期毛が生えそろう段階で2回目の照射を行う必要があります。

個人差はありますが、施術3回目で毛が柔らかくなり、5~7回目でほぼ目立たなくなりますよ。

とはいえ、医療レーザーの脱毛効果には劣ると言われているため、自宅用のフォトフェイシャルのマシンを脱毛器として使う場合は注意が必要です。

より高い脱毛効果を求めるのであれば、レーザーによる顔脱毛とフォトフェイシャルを併用した方がよいでしょう。

施術間隔を数週間空ければ同時に施術しても問題ないため、検討してみてくださいね。

どうしてIPLの光で美肌になれるの?

IPLの光で美肌を目指せる仕組みについてもご説明しましょう。

肌トラブルの原因であるメラニンや毛細血管などに、直接光を当てていくのがフォトフェイシャルの施術です。

ターゲットに当たった光のエネルギーは熱に変わり、ターゲット(メラニンや毛細血管)にダメージを与えていきます。

すると皮膚の代謝が起こり、シミの元でもあるメラニンが自然に剥がれ落ちていきます。

これにより、シミや赤み、そばかす、小じわなどのあらゆる肌トラブルが解消されていくのです。

また、同時に真皮の線維芽細胞も刺激を受けてコラーゲンの産生が活発になっていくことで、キメやハリのある肌へ改善する効果も見込めます。

IPLの光はソフトなため、肌へのダメージも少なく、ダウンタイムもほとんどありません。

治療後すぐに洗顔やメイクも可能なため、肌トラブルに悩む多くの人におすすめです。

継続した方がよいって本当?

IPL(フォトフェイシャル)は一回でも効果的な施術ですが、できれば継続することをおすすめします。

フォトフェイシャルの光はまんべんなく広めに照射されるため、ひとつの波長による施術と比べると、十分な効果とは言えないためです。

「高い頻度で何十回も受けないといけないの?」

「何回も受けなきゃいけない施術なら諦めようかな…」

と思っている人も、安心してください。

IPL(フォトフェイシャル)での治療では、多くの回数を要するわけではありません。

最低でも2~3週間間隔を空けて経過を見つつ、5回以上施術を受けることをおすすめします。

もちろん効果の感じ方には個人差がありますが、最低でも5回以上受けることで十分な効果を実感できるでしょう。

IPL(フォトフェイシャル)の施術では根本から健康的できれいな肌を作れるため、十分な効果を実感してからは定期的なメンテナンスとして数ヶ月に1回の頻度で受けるだけでも大丈夫です。

比較的少ない回数で大きな変化を見込めるため、忙しい女性やすぐに美肌を目指したい女性にも最適な治療法だと言えるでしょう。

IPLフォトフェイシャルとレーザーは違うの?

レーザー治療にも、しみやくすみの原因となるメラニンに光線を当てていくもの、赤みの原因となる血液内のヘモグロビンに光線を当てるものなどがあります。

そのため、IPL(フォトフェイシャル)と迷っている人もいるのではないでしょうか。

IPL(フォトフェイシャル)とレーザーは、光の照射時間と波長が違います。

レーザーが症状の気になる部位にピンポイントで治療を施すのに対し、IPL(フォトフェイシャル)は顔全体に治療を施していけるのです。

それぞれの特徴、デメリットなどを下記表にまとめてみました。

IPL(フォトフェイシャル)レーザー治療
メカニズム多波長単一波長
治療の特徴複合的な治療が得意ピンポイントな治療が得意
効果の強さやや弱い高い効果を発揮
頻度3~4週間に1回の間隔で5回以上3~4週間に1回の間隔で4~5回
メリット複合的な治療に最適特化した治療に最適
デメリット日焼けなどによる色素沈着のリスクがある炎症後色素沈着などのダウンタイムが発生する


つまり、解消したい症状がひとつの場合はレーザー、複数の場合はIPL(フォトフェイシャル)という選び方ができるでしょう。

IPL(フォトフェイシャル)は、あらゆる肌トラブルを改善しつつ、美肌作りにも有効な施術のため、コスパ的にも最適です。

ご自身がどの施術を受けるかは、以下で紹介するIPL(フォトフェイシャル)の料金やデメリットなども踏まえて考えてみてくださいね。

料金相場

IPL(フォトフェイシャル)の料金相場は、下記表のとおりです。

IPL(フォトフェイシャル)の料金相場

トライアル10,000~15,000円
通常20,000円~30,000円

フォトフェイシャルを取り扱う多くの美容クリニックでトライアル価格が設定されており、お得に体験することもできますよ。

そのため、まずは初回体験し、効果が実感できてから継続を検討することをおすすめします!

IPL(フォトフェイシャル)はクリニックで受けよう

注意しなくてはいけないのは、フォトフェイシャル治療はエステサロンで受けられないということです。

IPLの光を照射する機械は医療機器であり、フォトフェイシャルは医療機関でしか受けられない施術です(2021年4月現在)。

そのためエステサロンのメニューなどにフォトフェイシャルの記載があっても、それはエステ向けの機種を使った施術でしょう。

エステサロンで取り扱っている機器は、同じような光を顔に当てるためのものです。

多くの場合、エステサロンにあるマシンは医療機関にあるものと比べてパワーが低く設定されているため、効果が出にくい可能性があります。

そのため、IPLフォトフェイシャルの施術を受けたいのであれば、皮膚科や美容外科などの医療機関を受診するようにしてください。

安すぎるクリニックには注意

安いに越したことはないですが、安すぎる料金には注意しましょう。

あまりにも安い料金でIPLフォトフェイシャルを受けられるクリニックでは、リスクを避けるため出力を弱めにしたまま照射している可能性もあるためです。

とはいえ、施術による効果は、値段によって決まるわけではありません。

丁寧なカウンセリング、診察のもとしっかり照射してくれるところで施術を受けるようにしましょう。

また、より高い効果を得るため5回以上受けることを検討している場合は、いくつかのクリニックで初回トライアルを受けて比較することをおすすめします。

通いやすさやスタッフ・医師との相性、雰囲気なども見比べつつ、自分に合ったクリニックを探しましょう。

施術の詳細と流れ

下記では、IPLフォトフェイシャルの施術の詳細と流れについてご紹介します。

所要時間や施術後に必要なケア方法、副作用・リスクなどもあわせて解説していきますよ。

施術の詳細と流れ

診察・カウンセリング

まずはお肌の状態や肌質などを見ながら診察・カウンセリングが行われます。

  • どのような肌トラブルに悩んでいるのか
  • 改善までにどれくらいの頻度で何回くらい通うといいか
  • 併用した方がいい療法はあるか

など、治療についての情報を共有していきましょう。

また、治療における注意点やアフターケアについて説明されることもあります。

不安をそのままにせず、気になることは何でもお話ししてみることをおすすめします。

フォトフェイシャルの照射

冷たいジェルを塗布した後、IPLの照射が行われます。

アイマスクのようなもので目を保護してもらえるケースが多いため、目を閉じてリラックスしながら受けることをおすすめします。

アフターケア

IPL(フォトフェイシャル)の照射後は、肌にほてりが生じます。

そのため、アフターケアとして冷たいタオルを顔に当てるなどのクーリングが行われます。

クーリング終了後には、通常のメイクが可能なため、ゆっくり支度してから帰宅可能です。

IPL(フォトフェイシャル)の施術時間

IPLを照射する時間は、10~15分前後が一般的です。

診察・カウンセリングやクーリングなどを含めて1時間程度だと考えるとよいでしょう。

比較的短い時間で施術が受けられますので、普段忙しくしている人も安心ですよね。

施術後のケア

入浴や洗顔などはOK

IPL(フォトフェイシャル)の施術後、入浴や洗顔もOKです。

ただし、施術当日は激しい運動やサウナなど、汗をかくことは控えましょう。

紫外線ケアをしっかり

IPL(フォトフェイシャル)施術後の肌は、紫外線の影響を受けやすくなっています。

そのため、日焼け止めの塗布や帽子、日傘などでしっかり紫外線対策を行いましょう。

なお、施術後1ヶ月は、長い時間日差しを浴びないように注意することが大切です。

保湿ケアの徹底

IPL(フォトフェイシャル)施術後は、肌が乾燥しやすい状態になっています。

毎日の洗顔後には、美容液やクリームなどを使ってしっかり保湿しましょう。

IPL(フォトフェイシャル)の副作用

次に、IPL(フォトフェイシャル)の副作用・リスク・注意事項をご紹介します。

痛みを感じる場合もある

光を当てたとき、ゴムで弾かれたような痛みを感じることがあります。

とくにシミの濃い部分など反応のある箇所に照射した際、痛いと感じることが多いようです。

我慢できないほど強い痛みではありませんが、心配な場合は医師にご相談ください。

かさぶたになる

IPL(フォトフェイシャル)の施術後、シミやそばかすの部分が小さなかさぶたになることもあります。

これは失敗などではなく、好転反応による一時的な症状のため、通常1~2週間で治まります。

多少気になるかもしれませんが、かさぶたが剥がれれば肌のキメが整ったことを実感できるでしょう。

そのため無理に剥がそうとせず、自然に剥がれ落ちるのを待ってみてください。

一時的なシミの悪化

IPLの光を照射することにより、沈着していたメラニンが分解されて浮き出てくることで一時的にシミが悪化することがあります。

「失敗された?」と不安になることもありますが、この副作用もかさぶたと同じ好転反応です。

施術後1~2週間ほどで自然に排出されるため、次第とシミも綺麗になっていくでしょう。

肝斑の悪化

肝斑は、メラノサイトが活性化しやすい状態になっているため、間違った出力で当ててしまうことによって悪化する可能性があります。

心配な場合は、診察・カウンセリングの段階で肝斑について質問しておくとよいでしょう。

なお、肝斑があることが明らかだとされる場合、別の施術を勧められる可能性もあります。

火傷や色素沈着

IPLを照射する出力が強すぎることや施術後のケアが不十分な場合、火傷や色素沈着に繋がる恐れがあります。

このようなトラブルを避けるためにも、自身の肌質や肌の状態を見ながら適切な施術を行ってくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

IPL(フォトフェイシャル)の施術が困難な場合

以下の条件に該当する人は、IPL(フォトフェイシャル)の施術が受けられません。

  • 妊娠中、授乳中の人
  • 光線過敏症の人
  • 激しい日焼けをしたばかりの人
  • 光感受性を高める薬を使用している人
  • 皮膚に無治療の病変がある人
  • てんかん発作を起こしたことがある人
  • 金の糸によるリフトアップをしている人

なお、そのほかの症状でも施術が受けられないことがあるため、まずはクリニックにお問い合わせください。

よくある質問

最後に、IPL(フォトフェイシャル)にまつわる、よくある質問をご紹介します。

Q.顔以外のシミも消せる?

A.フォトフェイシャルは、顔だけではなく身体にできたシミにも有効です。

ただし、部位によっては対応していない可能性もあるため、まずはクリニックにお問い合わせください。

Q.フォトフェイシャルとフォトRFの違いは?

A.フォトフェイシャルがIPLの光を用いる施術であることに対し、フォトRFはIPLに高周波(RF)による美肌効果をプラスした施術です。

レーザー治療では困難だとされる産毛の処理にも効果があるとされています。

Q.やめたら元に戻る?

A.IPL(フォトフェイシャル)をやめても、肌の状態が元に戻ることはありません。

ただし、IPL(フォトフェイシャル)を受けても老化は止まらないため、できれば継続することをおすすめします。

気になる症状があるうちは月に1回、良くなった状態をキープしたい場合は数ヶ月に1回の頻度でメンテナンスをするとよいでしょう。

まとめ

このページでは、あらゆる肌トラブルの改善に効果的なIPL(フォトフェイシャル)についてご紹介しました。

最後に、重要なポイントを再確認しておきましょう。

  • IPL(フォトフェイシャル)とは、「Intense Pulsed Light」という特殊な光を照射する施術
  • 肌トラブルの原因であるメラニン色素や毛細血管に直接アプローチ可能
  • シミや肝斑、そばかす、小ジワの改善効果
  • 炎症性ニキビ・ニキビ跡の改善・予防効果
  • 赤ら顔・毛細血管拡張症の改善効果
  • さまざまな肌の悩みに対し、一度の施術で総合的な肌ケアが可能
  • 1ヶ月に1回の頻度で、5回以上通うことで大きな変化を実感できる可能性が高い
  • 十分な効果を実感してからは、定期的なメンテナンスとして受けるだけでも大丈夫
  • 施術直後から洗顔・メイク・入浴も可能
  • 激しい運動やサウナなどを除き、日常生活に大きな制限はない
  • ただし、IPL(フォトフェイシャル)の治療中は紫外線ケアが必要不可欠
  • 施術中の痛みも少なく、ダウンタイムもほぼない
  • 皮膚を傷つけないため、肌へのダメージが少ない

IPL(フォトフェイシャル)にはさまざまなメリットがあることから、ブログや口コミサイトなどでも注目されている人気のメニューです。

トライアル料金の相場は10,000~15,000円、通常料金は1回20,000円~30,000円と比較的安いことも魅力のひとつです。

ただし、あまりにも安いクリニックで受けることは避け、信頼できる医院を選びましょう。

あなたも、IPL(フォトフェイシャル)で健康的な美肌を目指していきませんか?

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次