シミ消しに効果的な医薬品は?

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

紫外線や加齢の影響でお肌に表れてしまうシミの存在、気になりますよね。

「どうにかしてシミを目立たなくしたい…」という方から選ばれているのが、シミ消しの医薬品です。

とはいえ、「ドラッグストアで買える?」「病院に行かないとダメ?」などわからないことも多いですよね。

そこでこのページでは、シミ消しの医薬品について以下の4つのポイントをまとめました!

  • シミ消しの医薬品は市販で買えるのか
  • シミ消しの医薬品を処方してもらうべき理由
  • シミ消し医薬品の効果効能
  • シミを消したい人におすすめの美容医療について

「シミや色ムラが気にならない美肌を取り戻したい」という方は必見!

ぜひ最後までチェックしてくださいね♪

目次

シミ消しに効く医薬品は市販で買える?

シミ消しの医薬品、どうせならすぐに手に入れたいですよね。

そんなときに思い浮かぶのが市販されている医薬品の存在です。

ここでは、「シミ消しの医薬品に市販のものがあるのか」「どう選べばいいか」といった疑問にお答えしていきますよ!

シミ消しの医薬品は市販でも購入できる!

シミに効く医薬品には市販のものもあり、薬局・ドラッグストアで購入できます。

そして、特に有名なのは、以下の5つですね。

  • トランシーノ
  • ハイチオールC ホワイティア
  • チョコラBBルーセントC
  • ホワイトルマン
  • ビトン-ハイECB2

市販のものなら、お仕事帰りの買い物や通販などでも手に入れやすく、忙しい方も助かりますよね♪

市販のシミ消し医薬品の選び方

シミ消しの医薬品の違いは何かというと、配合されている成分や用量、そして効果です。

シミ消しの医薬品に含まれている成分と期待できる効果についてまとめたので、以下を参考に選んでみることをおすすめします♡

成分効果
ビタミンC(シナール/アスコルビン酸)シミの原因であるメラニンの発生を抑える蓄積されたメラニンを体の外に排出してシミを目立たなくする
L-システイン(ハイチオール)肌のターンオーバー(生まれ変わり)を正常化角質に沈着しているシミの原因、メラニンの排出をサポート
トラネキサム酸メラニン色素を生成する「プラスミン」「プロスタグランジン」の働きを抑える炎症反応やアレルギー反応を抑えながら、シミを改善

市販のシミ消し医薬品には、これらの成分が配合されています。

製品によって配合されている成分の量や種類が違うので、パッケージを見ながら選ぶことがポイントですよ!

また、市販のシミ消し医薬品を使ってシミの改善を目指すなら、以下のポイントを押さえておくと安心です。

  • 無理なく続けやすいもの(例:粒が小さい、1日1錠でいい、など)
  • 気軽に購入できるもの(例:お値段が手頃、近くのお店にある、など)

シミ消しの医薬品は処方してもらうのがおすすめ

医薬品でシミの改善を目指すなら、市販のものより病院で処方されるものの方がおすすめです!

というのも、市販の医薬品は病院で処方される医薬品と比べて効果が薄いケースがあるため。

病院の処方薬の方が、含まれている有効成分の濃度も高いことが多いため、より高い効果が期待できるんです。

そこで以下では、病院で取り扱われているシミ消し医薬品の種類と効果について詳しく説明します!

シミ消しに効果的な医薬品

病院で処方される医薬品には、内服薬と美白外用薬の2種類があります。

よく処方される医薬品の種類とそれぞれの特徴についてまとめたので、早速見ていきましょう!

種類名称特徴
内服薬シナール新しいシミがつくられるのを防ぐ今あるシミを薄くする
内服薬トラネキサム酸新しいシミがつくられるのを防ぐ今あるシミを薄くする
美白外用薬トレチノインターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進メラニン色素の排出をサポート
美白外用薬ハイドロキノンメラニンをつくる「チロシナーゼ」の活性をブロックメラニンの産生細胞を減少させる

これらのお薬は単独で処方されることもあれば、何種類か処方されることもあります。

そして、シミの状態やクリニックの治療方針によっても処方される薬は違います。

個人輸入や自己判断での使用は避け、お医者さんに相談することがシミ改善への近道ですよ!

効果はどれくらい?

ここでは、先ほど紹介した4つの薬の効果について見ていきましょう!

シナール

シナールは、「アスコルビン酸」と「パントテン酸カルシウム」が配合されたビタミン剤。

「シナール配合錠」と「シナール配合顆粒」の2種類があり、処方されるものは病院によって違います。

シナールに期待できる効果は、下の2つ。

  • メラニン色素がつくられる働きを抑える
  • つくられてしまったメラニン色素の排出を助ける

シミを薄くするだけではなく、新しいシミがつくられないよう働きかけてくれるお薬です。

抗菌化作用もあるので、肌の細胞を整えて、ニキビなどの肌荒れから守ってくれる効果も期待できます。

ただし、飲み始めてすぐに効果が現われるというわけではないので、少なくとも1か月は飲み続ける必要があります。

お肌のターンオーバーによってシミが薄くなっていくので、シナールを飲むだけではなく、規則正しい生活や上質な睡眠を心がけることも大切ですよ!

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、「必須アミノ酸リシン」を人工的に合成したアミノ酸の一種です。

トランサミンとも呼ばれ、「 トラネキサム酸錠」「トラネキサム酸カプセル」「トラネキサム酸散」の3種類があります。

トラネキサム酸に期待できる効果は、下の2つ。

  • メラニン色素が作られる働きを抑える
  • 抗炎症作用により、今あるシミを薄くする

シナールと同様、今あるシミを薄くしてくれるだけではなく、新しいシミをできにくくする効果にも期待できます。

また、トラネキサム酸には、炎症を引き起こす「プラスミン」が発生するのを抑える作用もあるため、肌荒れやニキビ跡を改善してくれる効果も!

トラネキサム酸の服用を始めてから効果が実感できるまでの期間は、一般的に2~6週間ほど。

そのため、紫外線対策や肌のターンオーバーを整えるための工夫をしながら、コツコツ服用することが大切です!

トレチノイン

トレチノインは、ビタミンA(レチノール)の誘導体を含む美白外用薬。

ビタミンAと比較して50~100倍の活性作用を持つと言われています。

「トレチノイン軟膏」や「トレチノインゲル」があり、成分の濃度もそれぞれ違います。

そんなトレチノインの主な効果は、以下の2つ。

  • 表皮の深いところにあるメラニン色素を外に出す
  • ヒアルロン酸やコラーゲンの沈着・生成を促す

トレチノインを皮膚に使用すると、表皮の細胞が増殖し、ターンオーバーが促されます。

そのときにメラニン色素も一緒に浮き出るので、2~4週間で体外に排出する効果が期待できるのです!

また、トレチノインにはヒアルロン酸やコラーゲンがつくられるのを助ける作用があるのもポイント。

これにより、小ジワの改善や肌のハリ・キメ・弾力が改善される効果にも期待できます♡

およそ2週間でお肌が生まれ変わるので、即効性を求める方にも選ばれています。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、「ヒドロキノン」と呼ばれる成分が配合された美白外用薬。

ヒドロキノンはイチゴ類やコーヒー、麦芽などに含まれているもので、高い美白効果が実証されています。

「ハイドロキノンクリーム」や「ハイドロキノン軟膏」などがあり、濃度もそれぞれ異なります。

そんなハイドロキノンに期待できる効果は、以下の2つです。

  • 新しいシミがつくられないよう予防する
  • メラニンの産生細胞を減少させて美白に導く

ハイドロキノンの美白効果はアルブチンやコウジ酸の10~100倍だと言われており、市販の医薬品と比べると100倍ほど濃度が高いことも特徴。

シミの原因であるメラニン色素が生成される働きを抑えてくれるだけではなく、肝斑(かんぱん)やそばかすを除去する効果も期待できる医薬品です。

ハイドロキノンの効果はおよそ2か月で実感できるので、それまでは根気よく治療を続ける必要があります。

もっと早く改善したいなら美容治療を

「通院するのが大変」「効率良く改善したい」という場合は、美容皮膚科や美容総合クリニックなどで受けられる美容治療がおすすめです。

以下では、効率よくシミを改善していける美容治療について詳しくお話します!

レーザー

シミ消し治療で一番有名なものがレーザーで、以下の2種類に分類されます。

  • スポット照射(Qスイッチレーザーやピコレーザー)
  • レーザートーニング(QスイッチYAGレーザー)

スポット照射

スポット照射は、レーザーをピンポイントで照射し、気になるシミだけにアプローチできる方法です。

大きなシミや濃く目立つシミなど、ほかの方法で改善が難しかったシミを改善する効果が期待できます。

スポット照射に適しているのは、Qスイッチレーザーやピコレーザーなど。

クリニックによってどのレーザーマシンを採用しているかが違うので、自分の受けたい治療に合わせて病院を選ぶことがポイントです。

レーザートーニング

レーザートーニングは、微弱なレーザーで顔全体にアプローチしていく方法です。

スポット照射と比べて低いパワーなことが特徴で、顔全体に散らばったシミにムラなく働きかけてくれます。

また、シミと肝斑(かんぱん)が混在するケースでも照射が可能なので、「ほかの病院で断られてしまった」という方もうれしいですよね。

また、レーザートーニングは痛みやダウンタイムにも配慮されているので、「レーザーは怖い…」というイメージがある方も選びやすい治療法です。

IPL(光治療)

「レーザーは怖い」「まずは気軽に治療したい」という方から選ばれているのが、IPL(光治療)です。

IPL治療では、「Intense Pulsed Light」という特殊な波長の光を使うのが特徴で、ダウンタイムや痛みが少ない点も人気の理由!

レーザーと比べて即効性には期待できませんが、角層内に散らばっているメラニン色素にアプローチし、シミを薄くしてくれます。

ステラM22やライムライト、ソラリなどさまざまなIPLマシンがあり、料金や効果なども違います。

また、シミ単体にアプローチするときはもちろん、肝斑が混在しているケースで選ばれやすい点も特徴。

それだけではなく、くすみやハリ、キメ、毛穴トラブルなどの肌トラブルへも働きかけてくれるので、効率良く美肌が目指せます!

IPLは美容クリニックや美容皮膚科のほか、メディカルエステなどでも受けられるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

シミ消し医薬品や美容医療で美白&美肌を取り戻そう♡

このページでは、シミ消し医薬品の種類や効果について解説しました!

医薬品には、シミの原因であるメラニンの発生を抑えたり、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を早めてシミを薄くしたりという効果があります。

今あるシミ、これからできるシミ、両方にアプローチできるので、美白を目指している方は必見ですよ!

病院で処方される医薬品でも高い効果が期待できますが、即効性には期待できないのがデメリット。

「もっと早くシミを消したい」「即効性の高い治療を受けたい」という方には、美容医療がおすすめです。

レーザーやIPL(光治療)であれば、短期間でシミを改善してくれる効果が期待できますよ♡

また、今あるシミを治療したあとは、これ以上シミができてしまわないようにケアすることが大切。

とはいえ、美容医療は値が張るので、「シミ治療は美容クリニックへ、シミ予防は美容エステへ」と使い分けるのもおすすめです!

エステのメニューにもいろいろあるので、自分に合った方法で美白&美肌を目指していきましょう♡

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次