シミ消しに有効な化粧品選びのポイントまとめ

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

美肌の条件の一つでもある、シミのないなめらかな肌。

多くの人が、鏡の前で思い描いたことがあるはずです。

肌にシミがあるだけで、13歳も老けて見えると言われているのはご存知でしょうか?

それほどまでにシミが与える影響は大きいのです!

一度できてしまうとなかなか消しにくいというのもシミに悩む人が絶えない理由の一つ。

「毎日使う化粧品でケアして、シミをなくしたい」

「でも、どんな成分のものがいいのかわからない」

そんな思いを抱えたまま立ち止まっている人も多いのではないでしょうか。

デリケートなシミの問題には、しっかりと知識をつけて挑みたいですね!

今回はシミの消し方についてご紹介していきます。

目次

化粧品でシミは消せるの?

そもそもシミは、どうしてできてしまうのでしょうか。

まずはシミの正体について紐解いていきながら、化粧品でシミを消せるのか解説していきますね!

そもそもシミとは?

シミは、肌の奥深くでメラニン色素が大量に生み出されることによってできます。

メラニンは、紫外線やストレスなどの刺激を受けたときに生成されるもの。

本来は、ターンオーバーによって新しい皮膚へと生まれ変わることができますが、肌の新陳代謝が悪くなると、古くなった老廃物はなかなかはがれ落ちてくれません。

結果的にメラニン色素が蓄積され続け、シミとなって表面化してしまうのです。

化粧品でシミは消せるの?

シミの正体は、メラニンであることがわかりましたね!

つまり、化粧品によってシミを完全に消すには、メラニンへ直接アプローチすることが必要になります。

しかし、化粧品はメラニンまで直接効果を届けることができません。

なぜなら、化粧品は肌の一番表面にある角層までしか届かないからです。

メラニンは角層よりも奥にある基底層で作られているのです。

そこへ直接到達することができない化粧品に、シミを完全に消す効果を期待するのは難しいでしょう。

ただし、化粧品によってシミを薄くしたり、予防したりと対策を行うことは十分に可能ですよ♪

日焼け止めをマメに塗りなおして紫外線を防いだり、美白成分が配合された化粧品で毎日のスキンケアを行ったりと、シミ対策に力を注いでみましょう!

シミ消しに有効な美白成分

化粧品でシミを薄くするには、メラニンへ効果を発揮してくれる成分は必須です。

そこで、シミ消しに有効な美白成分についてご紹介します。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • トラネキサム酸

以上の3つの美白成分についてチェックしてみてくださいね♪

ビタミンC誘導体

ビタミンCはシミを薄くしてくれる効果に加えて、シミを予防する効果まであわせ持った万能な成分です。

しかし、ビタミンCの欠点は肌に吸収されにくいこと。

ビタミンC誘導体なら肌へ浸透することができ、肌の中でビタミンCへと変化します。

メラニン生成を阻止し、色素を薄くしてくれる成分です。

アルブチン

アルブチンは、メラニンを作り出す酵素であるチロシナーゼに直接作用。

メラニンの生成を抑制してくれます。

シミを予防する働きをしてくれるので、紫外線を多く浴びたときのケアでは、特に積極的に取り入れることがおすすめ◎

トラネキサム酸

トラネキサム酸は美白成分でありながら、抗炎症作用もある成分です。

メラニンの元であるメラノサイトの活性化を抑えることで、シミをできにくくします。

抗炎症作用によって、肌が受けた刺激を落ち着かせてくれるため、ゆらぎ知らずの肌作りにも◎

シミ消しに効果のある化粧品の選び方

シミ消しに効果的な化粧品を選ぶときは、以下の3つのポイントに注目しましょう。

  • 有効な美白成分が入っている
  • 保湿・肌の代謝を整える働きがある
  • 安心して使い続けられる

それぞれ解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

有効な美白成分が入っている

まずは、有効な美白成分が配合されているかチェックしましょう。

美白効果が期待できることを厚生労働省から認められている成分は「美白有効成分」と呼ばれています。

現在、認可されているのは20種類ほど。

希少な成分なので、配合されているかしっかりと確認して選ぶのが安心ですね。

保湿、肌の代謝を整える働きがある

保湿や肌の代謝を整えることは、シミの改善と深く関係しています。

肌は、保湿が不足することによってバリア機能が低下。

すると、紫外線や花粉、PM2.5などの外的刺激から肌を守れなくなってしまいます。

そして、ターンオーバーの乱れへと繋がってしまうのです。

保湿がしっかりされて肌の代謝が整うことで、美白効果を発揮しやすくなります。

安心して使い続けられる

シミに効果的な成分が配合されていたとしても、体質によって個人差があるため、相性が合わない場合もあります。

なるべく低刺激の化粧品を選ぶようにして、肌が炎症を起こすきっかけを与えないようにしましょう。

また、どんな化粧品でもシミの効果を実感するには、2か月~3か月必要と言われています。

そのため、長期的に使い続けられる価格の化粧品を使うことも、肌を安定させるには重要なポイントの一つですよ♪

シミ消しに即効性を求めるなら

シミは、毎日の丁寧なケアを行うことでゆっくりと改善へ向かうことができます。

でも、短期間でどうにかしたい!という人も多くいるはず。

そんなときは、美容クリニックやエステサロンの力を借りてみるのがおすすめ◎

シミに有効な施術は以下の2種類です。

  • レーザー治療
  • フォトフェイシャル

それぞれ特徴をご紹介しますのでチェックしてみてくださいね♪

レーザー治療

レーザー治療とは、特殊なレーザー光線を肌に当て、メラニン色素を破壊する治療法です。

レーザーはメラニン色素だけに反応し、シミ部分をピンポイントに刺激してくれます。

正常な細胞には傷をつけることがないため、肌に負担を与えにくく安心安全◎

レーザー治療では、熱エネルギーによってメラニン色素へダメージを与えるため、痛みを伴います。

症状や体質によっては、麻酔を施すことも。

施術後1週間ほどでレーザー光線を当てた部分が、かさぶたとなってはがれ落ちていきます。

費用は、シミの状態やレーザーの種類によって違いがありますが、1回につき10,000円〜60,000円ほどです。

症状に合わせてレーザーの種類を検討してみることがおすすめ◎

シミの状態は、自己判断での見極めが難しいと言われているため、クリニックでしっかりカウンセリングを受けられるのは安心ですね!

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルでは、顔全体に特殊な光を当てて、コラーゲン生成に関する細胞に働きかけます。

この働きかけによってターンオーバーが促され、シミを徐々に薄くしてくれる治療法です。

光は、シミやそばかすの原因であるメラニン色素だけではなく、他の色素にもアプローチしてくれます。

そのため、治療を重ねるにつれ、顔全体の色ムラが落ち着きトーンアップ効果も◎

憧れの透明感のある肌へ近づけますね♪

フォトフェイシャルはクリニックで受けることができる施術です。

月に1回の照射を3回以上行うと、徐々にシミが薄くなっていることを実感する方が多いですよ♪

痛みは多少ありますが、数回の照射で得られた効果は2~3年持続されます。

また、費用はシミの状態やクリニックによって違いがありますが、1回20,000円〜30,000円ほどです。

ちなみに、エステサロンで受けられる施術に光フェイシャルがあります。

光フェイシャルは、フォトフェイシャルと同じような効果を期待できると言われているのです。

光のパワーが弱いため、効果を実感するまでに時間はかかりますが痛みはありません。

費用は1回5,000円〜10,000円ほどで、フォトフェイシャルよりも安価です。

ご自身の体質や予算と相談しながら検討してみてくださいね♪

毎日のケアとプロの力でシミのない肌へ!

今回は、シミ消しに有効な化粧品や施術についてご紹介しました。

手強いシミへの対策には、美白化粧品でのケアが大切。

それでもシミから肌を守り続けることは難しいので、毎日の丁寧なケアと共に、クリニックやエステを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

上手に活用して、シミのない透明感が溢れる美肌を手に入れましょうね♪

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次