キャビテーション後は食事に注意!効果を最大化する方法

キャビテーション

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

痩身メニューで人気の高い「キャビテーション」を受けるけるからには、効果は最大限に発揮させたいですよね♪

とはいえ、「キャビテーション後の食事ってどうすればいいの?」「効果を最大化する方法ってあるの?」などわからないことも多いですよね…!

そこでこのページでは以下の3つのポイントをまとめました♡

  • キャビテーション施術前後の注意点
  • キャビテーション後のおすすめの食事法
  • キャビテーションの効果を最大化する方法

「キャビテーションで痩せたい!」という方は、ぜひこの記事の内容を役立ててくださいね!

目次

キャビテーション後は食事に注意

キャビテーションの効果を最大限にするには、施術後の食事に注意する必要があります!

以下の5つのポイントに注意しましょう。

  • キャビテーション前後の食事は控える
  • 食事内容に気をつける
  • 水分は多めにとる
  • アルコールは摂取しない
  • 断食はしない

以下でひとつずつ詳しく説明していきます。

キャビテーション前後の食事は控える

キャビテーション施術前後は、2時間ほど食べるのは控えましょう。

キャビテーションでは脂肪細胞を一気に減少させるため、身体が栄養を吸収しようと吸収率が高まります。

そして、もっとも吸収率が高まるのが、施術後2時間です。

「それなら施術前に食べたらいいのでは?」と思われるかもしれませんが、施術前も注意が必要です。

通常は消化するまでに時間がかかります。

直前に食べたものが、施術後の吸収がいい時間帯に消化されることになりかねません。

そのため、キャビテーションの施術を受ける前後の2時間は食事を控えましょう!

食事内容に気をつける

キャビテーションの施術を受けている期間は、食事内容にも気をつけましょう。

食事の吸収率がもっとも高いのは施術後2時間ほどですが、キャビテーションを受けている間は受けてないときと比べると、食事の吸収率は高まっています。

施術を受ける日以外でも、キャビテーションの契約期間中は食事の内容に気をつけましょう。

高タンパク低カロリーで、消化のいいものを食べるようにするのがポイントです。

最大限の効果を引き出すために、高カロリーのものは食べないようにしましょうね。

水分は多めにとる

キャビテーションの施術前後は、老廃物の排出を促すためにも十分な水分をとりましょう。

キャビテーションによって破壊された脂肪細胞を効率よく体外へ排出させるためには、十分な水分を取ることが大切です。

せっかく老廃物を排出しやすい状態になっていても、体の外に流れないとまた体内に溜まってしまいます。

十分な水分をとって、老廃物の排出を促しましょう。

また、水分をとることで基礎代謝が向上したり、過食を防止できたりします。

食事が控えめでも満腹感を得ることができるので、こまめな水分補給がおすすめです。

とはいえ、十分な水分といってもとり過ぎはNGです!1日2リットルほどにしましょう。

アルコールは摂取しない

キャビテーションの施術前後には、アルコールは摂取しないようにしましょう。

施術前後は吸収率が高まるので、肝臓への負担が大きくなります。

肝臓はアルコールだけでなく、体内の不要な老廃物の分解・解毒・脂質の消化を助けてくれます。

キャビテーションによって破壊された脂肪細胞も肝臓によって分解されます。

そのため、キャビテーションは急激な脂肪細胞減少により、肝臓に負担をかけることがあります。

そこにアルコールを摂取してしまうと、アルコールが肝臓を傷つけ脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

そうならないために、キャビテーションの施術前後のアルコール摂取は控えましょう。

断食はしない

施術前後の吸収率が高いと聞くと、「断食した方がいいのではないか」と思う方もいます。

しかし、断食はしない方がいいです。というのも、全く栄養を取らないと、エネルギー源として筋肉が分解されてしまうからです。

筋肉量が多いほどカロリーを消費することができます。

そのため、筋肉が減少してしまうと、リバウンドのリスクも高まります。

施術後はだるくて食欲が出ない方もいますが、プロテインやスムージー・サプリなどで栄養を補給しましょう。

消化によい豆腐やお粥など、口に運びやすい食事でもよいでしょう。

脳は急激な脂肪現象と、栄養不足を「生命の危機」と判断して、ずっと吸収がいい状態になってしまうこともあります。

そうなることを避けるためにも、キャビテーション後は絶食を避け、適度な食事を摂りましょう。

キャビテーション後の理想の食事

キャビテーション前後2時間は食事を控えた方がいいですが、そのあとは暴飲暴食をしないことと高タンパク低脂質という2つのことを意識した食事が理想的です。

以下では、それぞれどのように意識したらよいのか紹介します。

暴飲暴食をしない

キャビテーション後は、暴飲暴食はしない方がいいでしょう。

ダイエットをしている期間は食べたいものが食べれなかったり、お腹いっぱいになれなかったりと、ストレスが溜まって暴飲暴食しやすいです。

ストレスが溜まらないように、食べること以外のストレス発散法を見つけたり、食事の内容を考えて栄養を摂ったり気をつけましょう。

また、吸収率が高いキャビテーション後は腹八分目を心がけてくださいね。

高タンパク低脂質を意識する

ダイエット中は食べてはいけないものにばかり目が行き過ぎてしまい、食べられないものが多く感じますが、実はそうではありません。

痩せやすい身体作りのためには、高タンパク低脂質な食事を意識しましょう。

さらに、キャビテーション後は高タンパク低脂質で消化にいいものを選びましょう。

具体的には、以下の表を参考にしてみてくださいね♪

高タンパク低脂質の食材

牛赤身・牛肩・牛ヒレ・牛モモ豚赤身・豚肩・豚ヒレ・豚肩ロース・豚モモ鶏ささみ・鶏むね羊
あじ・イワシ・鮭・たら・ほっけ・マグロ赤身・えび・いか・タコ
鶏卵・うずらの卵
乳製品無脂肪牛乳・無糖ヨーグルト・モッツァレラチーズ・カッテージチーズ・リコッタチーズ
豆類豆腐・納豆・豆乳
加工食品ローストビーフ・コンビーフ・焼き鳥缶・ツナ水煮・サバ水煮

キャビテーションの効果を最大化する過ごし方

キャビテーションの効果を最大化するには運動やマッサージを取り入れるといいでしょう。

以下では、運動やマッサージがどのように効果的なのか説明していきます。

軽い運動を取り入れる

有酸素運動やストレッチなどの軽い運動を取り入れることをおすすめします♪

有酸素運動には脂肪燃焼効果があり、基礎代謝も向上します。

有酸素運動やストレッチで体を動かすことで、血行促進になり、老廃物の排出がスムーズになりますよ!

負荷の軽い運動なら、過度な負担がかかって疲れやすいということはないので、キャビテーション後の体にも向いています。

適度に軽い運動をすることで、効率よく老廃物の排出ができるでしょう。

セルフマッサージをする

キャビテーション後は、セルフマッサージをしましょう♡

マッサージにはコリをほぐして血流をよくしたり、リンパの流れを促す効果があります。

コリをほぐすことで、普段の生活での血流やリンパの流れがよくなります。

キャビテーションで破壊された脂肪細胞が、流れやすくなるようにマッサージを取り入れるのがおすすめです♪

また、マッサージには自律神経の緊張状態が緩和される効果もあるのでリラックスもできますよ♡

キャビテーションの効果を最大限に発揮させよう

このページでは、キャビテーション前後の食事について解説しました。

キャビテーションの施術後2時間は、食事の吸収率がもっとも高くなります。

そのため、キャビテーションは施術を受けるだけでなく、食事管理を心がけることがとても重要です!

これからキャビテーションを受ける予定の方は、食事管理と運動とマッサージを取り入れて、キャビテーションの効果を最大限に発揮させましょう♡

そして、あなたが理想とするボディラインを手に入れてくださいね♪

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次