セルライトは放置NG!セルライト除去エステは本当に効果があるの?効果的な除去方法は?

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

「毎日ケアしてるのに、なかなかセルライトが消えない」

「鏡で見たら、お尻の付け根にセルライトができてた…」

このように、多くの女性の悩みの1つであるセルライト、積極的に除去していきたいですよね。

セルライトは、80%以上の日本女性にあると言われており、凸凹の見た目からマイナスなイメージに繋がってしまいます。

肌が凸凹になってしまった状態を改善するために、さまざまな美容法を試している人は多いでしょう。

目次

エステはセルライト除去に効果的!

「エステでセルライト除去できるって聞いたけど、本当に効果ある?」

と考えている人は多いのではないでしょうか。

この問いへの答えは、Yesです。

リンパマッサージに効果は期待できませんが、エステで脂肪を減らせばセルライトも除去できます。

セルライトは、1日や2日でできるものではありません。

長い年月をかけてできるため、「気付いたらこんなところにもできてた…!」という事態に陥る可能性もあります。

セルライトができてしまうと、除去できるまでに大きなストレスになりますので、早めの対処が有効です。

そのためには、プロが在籍するエステに頼るのがおすすめです。

「エステに通うのはちょっと億劫」「エステに通うほどではないな…」

と考えている人も、ちょっと待ってください。

セルライトは、放置することでさらなる悪化を招きます。

そのため、除去効果の高いエステで徹底的にケアしていくことが大切なのです。

エステサロンには、「キャビテーション」「ハイパーナイフ」「サーモシェイプ」など、セルライト除去に効果的なメニューがあります。

セルフケアでの除去に限界を感じているなら、エステ店に頼るのがおすすめです!

このページでは、「エステでのセルライト除去」というテーマにスポットを当てています。

セルライトのメカニズムやセルフケアのNG例、セルライト除去に効果的なエステメニューなどをご紹介します。

これまで痩身エステに挑戦できなかった人も、セルライト除去のためにぜひエステを利用してみてください!

セルライトのメカニズムは?放置はNG?

ふくらはぎや太股、お尻の付け根など下半身に現れる肌の凸凹、セルライトの正体は何なのでしょうか?

どうしてセルライトができてしまうのか。そして、除去できない場合、放置するのはOKなのか…。

気になりますね。

まずはセルライトについての基本知識を付けていきましょう。

そもそもセルライトとは?

私たちの身体は、皮下脂肪が溜まることによって老廃物や水分の排出が難しくなってしまいます。

その結果、リンパ管や毛細血管が押し込まれ、皮膚が凸凹になってしまいます。

この肌の状態こそがセルライトです。

ぼこぼこの肌がオレンジのような見た目をしていることから、「オレンジピールスキン」とも呼ばれます。

セルライトはとくに下半身に多く見られ、日本女性の8割以上はセルライトがあるそうです。

セルライトの特徴

セルライトについてよく誤解されるのは「太り気味の女性に起こる」ということでしょう。

身体の機能が正常に働かなくなり、脂肪繊維がダメージを受けた状態のことをセルライトと言います。

そのため、セルライトの有無に体型は関係ありません。

太り気味の女性だけではなく、ほっそりしている女性にもセルライトが出てしまうケースは多々あります。

また、「ダイエットして体重を落とすだけでは除去できない」というのがセルライトの特徴の1つです。

セルライトと脂肪の違いは?

セルライトと脂肪の明確な違い、わかりますか?

脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪の2つが存在します。

内臓脂肪は男性につきやすく、皮下脂肪は女性につきやすいということはよく知られていますよね。

このように、脂肪には”男女関係なくつきやすいと”いう特徴があり、部位を問わず全身についてしまいます。

皮下脂肪は燃焼されにくいのですが、内臓脂肪は食事制限や運動でも比較的燃焼されやすいというのも違いの1つです。

一方、セルライトは皮下脂肪の増加や肥大によって血管が圧迫されたことがきっかけで起こります。

これにより、溜まった水分や老廃物がコラーゲン繊維と一緒に固まってしまった状態のことを指します。

もう少し詳しく解説しています。

通常の皮下脂肪は体内に固定された状態ですが、セルライト予備軍の皮下脂肪は違います。

体内に浮遊しているままの状態ですので、さらに老廃物が付着・肥大化していってしまうのです。

すると、肥大化したかたまりが浮遊しないよう、コラーゲン繊維が働きかけます。

コラーゲン繊維が脂肪細胞を包み込み、固くコーティングされてしまったものがセルライトです。

「セルライトは一度ついてしまうと除去が難しい」と言われる理由はここにあります。

セルライトの原因は5つ

セルライトの原因は、5つあります。

原因が1つの場合もありますし、複数の要素が原因となっているケースもあります。

それでは、あなたにできてしまったセルライトの原因を探っていきましょう。

肥満

肥満の人は、セルライトができやすい傾向にあります。

「太っている人は全員セルライトができる」ということではありません。

肥満のなかでも、皮下脂肪が多いことが原因でセルライトに繋がるのです。

皮下脂肪がついてしまう原因は、2つあります。

運動不足と不健康な食生活です。

  • カロリーの高い食事
  • 添加物が入っている食事
  • 脂質や糖質の摂り過ぎ
  • 日によって食事の回数が違う
  • 食事の時間が毎日違う

このような単純に太りやすい内容の食事や、不規則な食生活が引き金となり、肥満や皮下脂肪の増加を招いてしまいます。

すると、脂肪型のセルライトが発生してしまうというわけです。

とくに注意したいのは、普段の生活に必要なエネルギーを多くカロリーを摂取してしまうことです。

ギクッとしてしまったあなたは、今日から健康的な食事と運動で肥満体質を解消しましょう!

血行不良

むくみや冷えが引き起こす血行不良は、セルライトの原因ともなり得ます。

むくみや冷えなどの症状には、体質や仕事の環境・内容なども関係しているため、早期解決は困難でしょう。

しかし、以下で紹介する方法や自分に合いそうな対処法を見つけ、試していくことをおすすめします。

  • むくみ…1時間に1度は体勢を変え、休憩中はなるべく徒歩で移動する/デトックス作用のある飲み物などで老廃物排出を促す/身体を冷やさない など
  • 冷え…手足を動かして血行促進する/身体を温める作用のあるものを食事に取り入れる など

ただし、これらはあくまでも対処法の一部です。

体質改善も目指していくことを視野に捉えつつ、中長期的にセルライトケア・予防をしていきましょう!

また、体質改善が困難という場合は、エステメニューのひとつであるインディバなどを受けることもおすすめです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れによってセルライトができることもあります。

とくに女性は、生理、妊娠、出産、ダイエット、更年期などによってホルモンバランスが乱れやすいため、注意が必要です。

もし、セルライト以外にも身体の不調が気になるようであれば、内側から改善していくのもひとつの方法です。

ホルモンバランス調整効果のある治療なども視野に入れるといいでしょう。

自律神経の乱れ

自律神経が乱れることもセルライトの原因のひとつです。

寝不足や不規則な生活による慢性的な疲労感、仕事や人間関係へのストレスなどが自律神経の乱れのきっかけになることもあります。

このような事態になると、筋肉が硬直化して血行不良を招きます。

自律神経が乱れていることに気付かないまま対処を怠ると、知らず知らずのうちにセルライトができてしまいます。

血行不良によるセルライトでも、除去までに時間がかかるため、気を付けましょう。

加齢

セルライトは、加齢に伴って引き起こされることもあります。

若いときは代謝も良く、リンパや血流に老廃物や不要な水分などが溜まることはほとんどありません。

しかし、年齢を重ねるごとに代謝や筋力が低下し、セルライトを増加させる原因となってしまいます。

わたしたちが中高生のときはセルライトなんて気になりませんでしたよね。

しかし、20代半ば~30代になってからセルライトの存在が気になり出した人は多いでしょう。


この理由は、加齢がセルライトの原因のひとつだからです。

エイジングサインが出てきたら、エステや自宅用のマシンなどを活用して対策していきましょう!

セルライトのタイプは4つ

セルライトは、5つのタイプに分けられます。それぞれの違いや特徴について見ていきましょう。

脂肪型セルライト

セルライトの約50%を締めるのが、脂肪型のセルライトです。

脂肪型のセルライトは、運動不足や乱れた食生活、代謝の低下などが原因で引き起こされます。

  • 太股
  • お尻
  • 腰回り
  • 二の腕

など脂肪がつきやすい場所にできやすく、触るとプニプニとした柔らかな感触があります。

むくみ型セルライト

むくみ型のセルライトは、手足が冷えやすい女性や、立ち仕事など同じ姿勢でいることの多い女性に多く見られます。

リンパの流れや血流が滞ってしまうことは、代謝が下がる原因となります。

これによって身体の余計な水分や毒素が詰まり、セルライトとなってしまうのです。

このようなむくみ型のセルライトは、ふくらはぎや太股などの下半身にできることが多く、ボコボコとした見た目が特徴です。

繊維型セルライト

繊維型セルライトは、元々あったセルライトを長期間放置した結果、繊維化したセルライトのことを言います。

見た目もより悪化しているため、一目ではっきりと肌の凸凹がわかるのが特徴です。

このようにセルライトが繊維化してしまうと、通常のダイエットやマッサージでなくすことは困難です。

エステ・フィットネス・ダイエットなどを組み合わせていくことが、繊維型セルライト除去に有効とされています。

筋肉質型セルライト

筋肉質型セルライトは、筋肉の上に皮下脂肪がつくことで生じるものです。

  • 学生の頃は運動部に所属しており、社会人になり運動を辞めて筋肉量が落ちた人
  • 元アスリートで、引退してから筋肉量が落ちた人

筋肉質型セルライトになりやすいのは、上のタイプに該当する人です。

セルライトの全体に対して5%の割合のため、4種のセルライトのなかで最も珍しいと言われます。

除去は極めて困難で、美容外科やエステに通いつつ、自宅エステなどのマシンを使ってケアしていく方法が主流です。

セルライトを放置するのはNG?

「どうせ除去できないし、いっそのこと放置しちゃおう…」

セルフケアでのセルライト除去が成功しなかった場合、このような考えに至ることもあるでしょう。

スキンケアやメイクをしなければいけないというだけでも億劫なのに、いちいちセルライトに時間を割きたくないですよね。

このような考えもわかりますが、セルライトを放置するのはおすすめできません。

その理由を以下で解説していきます。

セルライトが新しいセルライトの原因になる

なかなか除去できないセルライトですが、そのままにしておくと新しいセルライトの原因となってしまいます。

というのも、セルライトは時間が経てば経つほど固くなり、増殖・巨大化していくためです。

すると、セルライトのある部分の血行は更に悪くなり、冷えやむくみが起こりやすくなります。

このようになってしまうと、また老廃物や水分が溜まり、コラーゲン繊維がそれを包んで大きくなっていきます。

つまり、現状あるセルライトが次のセルライトを生み出す原因となってしまうのです。

肩こりや腰痛を引き起こす

セルライトができてしまった部位は、血液やリンパの流れが悪いため、もちろん代謝も低くなっている状態です。

とくに、お尻についてしまっている人は要注意です。

セルライトがついている部分は筋肉の働きも弱くなっているため、腰への負担が増えてしまいます。

すると、知らず知らずのうちに腰関節の動きも悪くなり、腰痛が引き起こされてしまうのです。

また、普段から上半身の筋肉をあまり使わないという人も注意が必要です。

二の腕や肩の周りにセルライトが発生してしまい、それを気付かず放置することで肩こりの原因となってしまいます。

血栓症などを引き起こす

セルライトを放置していると、病気の原因にもなってしまいます。

セルライトを放置することで引き起こされる病気のひとつに、血栓症が挙げられます。

血栓症とは、血中に塊ができてしまい、臓器障害が起きてしまう病気です。

これにより、脳梗塞や心筋梗塞、肺塞栓症などの重篤な症状を招いてしまう恐れもあります。

また、セルライトを放置することで、慢性的なむくみに悩まされる可能性も高いです。

ただ身体がむくむだけではなく、冷え性やだるさなどを引き起こす可能性もあります。

このような症状が現れなくとも、より太りやすい状態になってしまうことも大きなデメリットです。

肥大化したセルライトや脂肪によって、見た目も大きく変わってしまうでしょう。

こんなセルフケアは逆効果!

セルライトをなくすため、セルフケアに力を入れている人もいるでしょう。

マッサージや運動、入浴など、探せばさまざまな対処法が出てきますよね。


セルライト除去は、いずれにしても適切な方法で行うことが大切です。

とくに、ネット上には誤った知識がアップされていることも考えられます。

知らずに試してしまうことで思わぬトラブルに発展する恐れもあるため、注意しましょう。

やりがちなNGセルフケア

セルライト除去方法のNG例は2つあります。

  • セルライトを潰す
  • 強くマッサージする

どうしてこれらの方法がNGなのでしょうか?

その理由について見ていきましょう。

セルライトを潰す

「セルライトは潰すことで除去できる!」

「セルライトを潰すとプチプチした感触がある」

このようなことを見聞きしたことがある人もいるのではないでしょうか。

確かに、潰すことで除去できれば高いマシンを購入したり筋トレしたりする手間が省けてありがたいですよね。

しかし、この潰すという行為でセルライトを除去することは不可能なのです。

セルライトは、”皮下脂肪が毛細血管やリンパ管を押しつぶし、排出されなかった老廃物や余計な水分とコラーゲン繊維が結合してできたもの”です。

つまり、毛細血管やリンパ管に必要以上のストレスが加わっている…という状態です。

このような部位を指や手のひらで潰そうとすれば、当然それ以上のダメージが与えられ、さらにストレスがかかってしまいます。

すると、コラーゲン繊維が「細胞を修復しなきゃ」と働きかけます。

これにより、老廃物などを巻き込んで今以上に大きな脂肪細胞を作ってしまうのです。

この一連の流れを簡単にまとめてみると、下のような感じになります。

  1. 皮下脂肪が毛細血管などを押しつぶし、セルライトが出現
  2. 押し潰すことによって余計に負荷がかかる
  3. 細胞を修復するため、コラーゲン繊維が働きかける
  4. セルライトの周りの排出できなかった老廃物などを巻き込む
  5. 新しくさらに巨大なセルライトができてしまう

つまり、「セルライトは潰れない」のです。
そればかりか、今あるセルライトの周りに新しくセルライトが出てしまいます。
そのため、セルライトを潰そうとするのはNGです。

強くマッサージする

同じような理由から、セルライト除去のために強くマッサージをするのもNGです。

すでにエステの痩身マッサージなどを体験している人は、

「エステで強めにマッサージされたことあるけど…」なんて思うかもしれませんね。

確かに、キャビテーションなどのマシンを使う施術の際に、強めのマッサージを受けることもあるでしょう。

このようなマシンを使う施術では、脂肪が分解され、血液に老廃物が流れ込みます。

エステで行われる強めのマッサージは、このときの老廃物のリンパ節へ流し込み、排出を促すためのものです。

つまり、セルライトを除去しようとして強めにマッサージするだけでは意味がありません。

強めのマッサージがセルライトに効果的なのは、

  • エステでキャビテーションなどのマシンを使う
  • 分解された脂肪などの老廃物をリンパ節に流し込み、排出を促す

上の2つの条件が揃ったときなのです。

強めのオリジナルリンパマッサージなどを行うと逆効果になる可能性があるため、注意しましょう。

除去に困ったらエステへ!おすすめの痩身メニューを3つご紹介

セルライト除去のNG例をご紹介しました。

「今まで間違った方法で除去しようとしてた…」

「もしかして、なかなか除去できないのはケア方法の問題?」

このように感じている人も多いのではないでしょうか。

女性にとって憎き存在であるセルライト、できれば効率よく早めに除去したいですよね。

そんな悩めるあなたにおすすめなのが、”エステでセルライト除去メニューを受けること”です。
「エステ?ほんとにセルライトを除去できるの?」
たしかに、単純にもみだしていくマッサージやリンパを流すだけのマッサージの効果は薄いです。

しかし、痩身エステのマシンを使ったメニューなら効率よく除去可能です!

この項目では、セルライト除去に効果的なエステメニューを3つご紹介します。

おすすめエステメニュー①キャビテーション

最初におすすめしたいのが、キャビテーションです。

キャビテーションとは?

キャビテーションは、痩身エステの人気メニューのひとつで、即効性にも優れていることでも有名です。

キャビテーションという言葉自体は「空洞現象」という意味で、液体に圧力をかけると気泡が現れることを指します。

痩身エステにおけるキャビテーションとは、”身体の外から特殊な周波数を与え、脂肪細胞にのみアプローチする施術”のことを言います。

脂肪細胞自体を破壊してくれるため、太股やお尻などセルライトや脂肪が気になる部分に直接アプローチ、除去可能です。

キャビテーションのメカニズム

キャビテーション専用のマシンを脂肪に当てると、超音波によって体内の水分から気泡が生じます。

生じた気泡は次第に弾けていき、そのエネルギーによって脂肪が破壊されます。

脂肪吸引などと違い、肌の表面を傷つけることなく脂肪細胞を破壊するため、痛みも少なくダウンタイムもほとんどありません。

こんな人におすすめ

キャビテーションは、このような人に向いています。

  • 短期間でセルライトを除去したい人
  • とくに痩せたい部分がある人
  • 家庭用マシンで効果が出なかった人
  • リバウンドしやすい人

キャビテーションは、痩せたい部分に集中的に当てていけるため、気になる脂肪やセルライトも効率よく除去できます。

下半身や二の腕など痩せにくい部分にのみアプローチすることも可能です。

そのため、「痩せているけどセルライトが気になる…」といった人にもおすすめです。

費用相場

キャビテーションの価格相場は、以下の通りです。

体験3,000~5,000円
一部分7,000~10,000円
全身15,000~20,000円



上の表は1回の料金のため、キャビテーション+マッサージなどのコースに10回通うのであれば、15~20万円が相場です。

キャビテーションのみのコースか、脂肪燃焼マッサージなどを組み合わせた複合コースなのか、によっても料金が変わります。

また、全10~20回のコース料金や通い放題コース、体験コースなどを採用している店舗も豊富にあります。
 
そのため、まずは何店舗か試してみて、サロン自体の雰囲気や効果などを比較することをおすすめします!

1回で効果があるの?

キャビテーションは、痩身エステのなかでも即効性に優れた施術のひとつです。

気になる部分の脂肪細胞に直接アプローチしていけるため、最短1日で大きな変化を実感できるでしょう。

とはいえ、やはり効果には個人差がありますし、始めてから10~20回ほど短期集中的に続けることをおすすめします。

痩身エステを取り扱う店舗では初回体験コースを用意しているほか、通い放題やお得な料金で通えるコースを用意しています。

そのため、モチベーションを維持しながら一定の効果を出したい人にはかなりおすすめです!

デメリットはある?

破壊した脂肪細胞をリンパ節に流し込み、老廃物の排出によってセルライトや脂肪を除去できるキャビテーション。

セルライト除去、痩身などに有効な施術ですが、デメリットもあります。

  • 肝臓や腎臓に負担がかかる
  • 下痢になる可能性がある
  • 金属音が気になる場合がある
  • 顔などデリケートな部分には使えない

キャビテーションの施術で破壊した脂肪細胞は、そのまま体外へ排出されるわけではありません。

肝臓が分解、腎臓がろ過してリンパ節に流し込み、そのあと身体の外へと出ていきます。

そのため、肝臓や腎臓が悪い人にはおすすめできません。

キャビテーションは、代謝がよくなるため便秘解消効果にも期待できます。

しかし、お通じがよくなりすぎて下痢の症状が起きることもあります。

骨伝導による金属音が気になることもあります。

キャビテーションは、マシンによる超音波を用いる施術です。

身体に当てたときに骨伝導が生じ、”キーン”という独特な音が生じてしまう可能性があります。

そのため、金属音が苦手な人、慢性的な頭痛がある人には向きません。

また、痩身エステで使用されるキャビテーションマシンは、市販のものより強力なものです。

顔などデリケートな部分には使用できないため、美容効果を求める人は別の施術と併用してください。

とくに、キャビテーションのあと、インディバなどでアフターケアするのがおすすめです。

おすすめエステメニュー②ハイパーナイフ

次に、痩身効果と美容効果が期待できるハイパーナイフについてご紹介します。

ハイパーナイフとは?

ハイパーナイフとは、痩身エステで人気な施術のひとつです。

マシンの先端を身体に当て、電極から特殊な高周波を流すことで、脂肪を温め柔らかくする効果があります。

皮膚に密着している電極から高周波が流れるため、肌の深いところにある脂肪までしっかり温めていけます。

そのため、短時間で効率よく脂肪分解していく効果に期待できるのです。

ハイパーナイフのメカニズム

ハイパーナイフのメカニズムは、電子レンジに例えるとわかりやすいでしょう。

電極から高周波を流すと、脂肪に含まれている水分が振動します。

すると、冷たく固まっている脂肪が温められ、分解するよう促していけるのです。

凍っているお肉を電子レンジで温めると、脂肪部分もとろとろに柔らかくなりますよね?

それと同じような原理です。

とはいえ、体重や脂肪そのものを減少させる効果はありません。

運動やほかの痩身メニューの併用によって、セルライトの除去を目指せます。

こんな人におすすめ

  • 普段の運動の脂肪燃焼効果を高めたい人
  • 固く厚くなってしまった脂肪を柔らかくしたい人
  • なるべく痛みの少ない施術を探している人
  • 即効性よりも安全な施術を求めている人
  • 顔のしわやたるみ、リフトアップなども解消したい人

ハイパーナイフに、脂肪そのものをすぐに撃退する効果はありません。

そのため、ダイエットや美容のために普段から運動しており、脂肪燃焼効果を高めたい人におすすめな施術です。

冷たく固まってしまったセルライトや脂肪を温めていけるため、より燃焼しやすい状態になっています。

この効果は3日持続します。

そのため、ジムでの運動やウォーキングなどに力を入れたいとき、セルライト除去の効率を上げていきたいときなどにおすすめです。

また、ハイパーナイフはLEDによる美肌効果も見込めます。

そのため、身体だけではなくフェイシャルケアも取り入れていきたい人にもおすすめできます。

費用相場

ハイパーナイフの費用相場は、以下の通りです。

体験5,000~10,000円
1回8,000~15,000円


痩身エステのなかでは比較的安く、試しやすい価格帯でしょう。

上の表で紹介した料金以上に安いサロンもあるようですが、少し注意して選ぶことをおすすめします。

というのも、ハイパーナイフ単体の施術になっていたり、オリジナルリンパマッサージ主体の施術となっていたりする可能性があるためです。

ハイパーナイフ単体では、セルライトを撃退する効果はありません。

できれば「もみほぐし」や「筋肉の刺激」など、別の角度からセルライトにアプローチ可能なメニューがプラスされたコースを選びたいところです。

そのため、格安の痩身エステを利用する際は口コミや体験談などを比較してからにすることをおすすめします!

1回で効果があるの?

先でも解説しているとおり、ハイパーナイフは脂肪の燃焼を促してくれるマシンであり、即効性には欠けます。

このように聞いて、「結局セルライト除去はできないんじゃ…」と思いましたか?

そんなことはありません。

ハイパーナイフは、脂肪燃焼効果によりセルライトを除去しやすい状態に高めてくれるためです。

また、キャビテーションやハイフなどを組み合わせた複合コースを用意しているエステサロンも多いです。

これらの施術は相性がいいため、効率よくセルライト除去を目指していけます。

なかには、1回の施術で効果が出る人もいるようですが、日頃の運動量やほかのコースの併用有無によっても変わってくるでしょう。

デメリットはある?

ハイパーナイフのデメリットは、以下の通りです。

  • 大きな効果を実感できるまでに時間や回数が必要
  • 2週間以上開けると脂肪やセルライトが元の状態に戻ってしまう
  • 部分痩せには向かない
  • 炎症やあざができる可能性もある

特に注意しておきたいのは、高周波の影響によって赤みを帯びたりあざができたりする可能性があるという点です。

怪我や持病のある状態で施術を受けると、このような炎症を引き起こす可能性が高くなるため、注意しましょう。

とはいえ、それ以外の副作用はほとんどなく、比較的安全です。

安全性を求めている人や痩身エステが初めてという人にはとくに好ましい施術だと言えるでしょう。

ハイパーナイフの痩身効果は3日程度で、最大普段の2倍以上の脂肪燃焼効果に期待できます。

しかし、次の施術までに2週間以上開いてしまうと脂肪が元の状態に戻ってしまうため、継続が必要なことには注意しましょう。

また、部分痩せには向きませんが、全身の脂肪を燃焼していきたい人やフェイスラインの引き締めも同時に目指したい人におすすめです。

ヨガやジムなどに通っている人や、身体を動かすことが得意な人、周りにバレずにゆっくり確実に痩せていきたい人にも向いているでしょう。

おすすめエステメニュー③サーモシェイプ

次に、痩身エステ業界で”ラジオ波界のキング”と呼ばれるほど注目されているサーモシェイプについてご紹介します。

サーモシェイプとは?

サーモシェイプとは、”狙った場所に熱を発生させ脂肪を溶かす効果”のある脂肪融解マシンです。

部分痩せ、セルライトの解消、しわ、たるみの改善、アンチエイジングなどさまざまな効果的が期待できます。

”脂肪の減少”と”肌の引き締め”が同時に実現するうえ、効果が1年以上持続するというメリットもあります。

サーモシェイプのメカニズム

サーモシェイプがセルライト除去効果に優れている秘密についても見ていきましょう。

マシンから発せられる電波により脂肪内の水分が回転し、血行やリンパの循環を促進させるとともに酵素の働きも活性化します。

すると、身体のなかに熱が発生し、老廃物排出の促進効果、脂肪分解促進効果が現れるのです。

このようなサーモシェイプのマシンの仕組みは、基本的にラジオ波と同じです。

ただし、サーモシェイプは「通常のラジオ波と比べて100倍の効果がある」と言われ、”ラジオ波の進化版マシン”としても知られています。

体内温度は約10度上昇し、狙った場所だけを効率よくサイズダウンしていけるのです。

もちろんセルライト除去効果にも優れており、短期間で成果を出したい人にはとくにおすすめです。

こんな人におすすめ

サーモシェイプが向いている人は、以下の通りです。

  • 1回で高い成果を実感したい人
  • 効果が長く続く施術を探している人
  • ボディラインのバランスが悪い人
  • セルライト除去のほか、部分痩せも目指したい人
  • 安全性に優れた施術を探している人
  • 痛みを感じにくい施術を求めている人

サーモシェイプは、セルライト除去効果にも優れているほか、部分痩せしたい人にもおすすめな施術です。

マシンのヘッド部分がほかの痩身エステマシンに比べて小さく作られているため、足や二の腕などのセルライトにもアプローチしやすいという特徴もあります。

また、新規の施術から数回で一定の効果に期待でき、成果が出たあとは半年~1年ほど効果が持続していきます。

そのため、「忙しくて中長期的に通うのは無理」という人にもおすすめです。

費用相場

サーモシェイプの費用相場は、以下の通りです。

体験10,000円~15,000円前後
1回20,000~40,000円


ほかの痩身エステメニューに比べ、少々価格が高いと思われる人もいるでしょう。

しかし、サーモシェイプはセルライトの除去に効果的な施術であり、1度集中して通うことで約1年その効果が持続します。

そのため、長い目で見るとコスパの高い施術だと言えるでしょう。

新規の体験やお得な通い放題コース、”ほかの痩身エステとの複合メニュー選び放題”、割引クーポンといった特典を用意しているエステサロンもあるので、ぜひ見比べながら探してみてください!

1回で効果があるの?

サーモシェイプは、即効性に期待できるマシンです。

もちろん個人差はありますが、1回の施術で目に見えるセルライト除去効果を実感できる可能性が高いです。

40.68MHzのユニポーラ式を使用した加熱方式のため、ほかの痩身エステに比べてセルライト除去効果を実感しやすいでしょう。

サーモシェイプの公式ホームページによると、

  • 集中トリートメント…2~3週に1回の全3~9回
  • メンテナンス…1〜3ヶ月に1回

このように、痩身エステのなかでも短期間で除去効果を実感でき、メンテナンスの頻度も低めです。

忙しい女性にとっても、負担になりにくい施術だと言えるでしょう。

デメリットはある?

サーモシェイプによるデメリットは、以下の通りです。

  • 一時的に肌がたるむ
  • のぼせ感が出る

どちらも、副作用ではありませんが、デメリットだと言えます。

肌のたるみは、サーモシェイプによる効果による皮膚の吸収が追いつかないことが原因です。

サイズダウンした場所の周辺がたるんで見えてしまうのです。

一時的な現象なので、時間が経てば次第に解消していくでしょう。

しかし、「周りに気付かれずに少しずつセルライトを除去したい」というような人には向いていないかもしれません。

つぎに、のぼせ感について説明します。

サーモシェイプでの施術は、代謝がよくなるため、施術12時間以内は体内の温度も上昇した状態になります。

すると、サウナや入浴、激しい運動などによりのぼせ感が出てしまう恐れがあります。

どちらも一時的な現象ですので、過度な心配はいらないでしょう。

キャビテーションハイパーナイフサーモシェイプ
マシンの
メカニズム
超音波ラジオ波(バイポーラ式)ラジオ波
(ユニポーラ式)
セルライトの
除去効果
即効性最短1日で実感できる運動量などによって
大きな個人差がある
最短1日で実感できる
一定の成果が
出るまでの回数
10回前後8~15回3~7回
頻度週1~2回週1回程度2週間に1回
費用体験/3,000~5,000円
一部分7,000~10,000円
体験/5,000~10,000円
1回/8,000~15,000円
体験/5,000~10,000円
1回/8,000~15,000円
手軽さ

キャビテーションのおさらい

キャビテーションは、超音波式のマシンを使う施術で、脂肪細胞を破壊してくれます。

1回の施術で効果を実感できることも多く、セルライト除去におすすめです。

体験コースの費用相場は3,000~5,000円と比較的安いため、候補にしているエステ店の体験に行き、続けやすそうなお店を選ぶと◎です。

ただし、肝臓や腎臓に負担がかかるリスクもあるため、身体が弱い人は別の施術を選びましょう。

ハイパーナイフのおさらい

ハイパーナイフは、ラジオ波のマシンを使用する施術で、脂肪を温めて柔らかくする効果があります。

基礎代謝がグッと上がり、脂肪の燃焼・セルライトの除去を助けてくれます。

1回の施術につき3日ほど代謝アップするため、ダイエットに集中したい人には最適です。

安全性に優れており、健康的にダイエット可能なため、痩身エステが初めてという人にもおすすめできます。

ただし、運動や食事制限を行わなかったり、ほかの痩身エステとの複合コースを使ったりしなければ除去効果には期待できません。

体験コースの相場は5,000~10,000円と比較的試しやすいお値段のため、ぜひいろいろなお店と比較してみてください。

サーモシェイプのおさらい

サーモシェイプは、”ラジオ波の進化版マシン”として知られるユニポーラ方式の超音波マシンを使う施術です。

「通常のラジオ波の約100倍効果がある」と言われており、セルライト除去に最適です。

また、即効性にも優れ、最短1日で効果を実感できるほか、2週間に1回程度の頻度、3~7回で一定の効果が期待できます。

そのため、早く成果を出したい人におすすめです。

一定の効果が出てから半年~1年ほど効果が持続するため、メンテナンスの回数を少なくできるのも魅力のひとつだと言えます。

ただし、体験コースの費用相場は10,000~15,000円程度で、1回の施術は平均20,000~40,000円とちょっと割高です。

比較的安い施術を求める人には向いていないでしょう。

とはいえ、短期間で効果を実感しやすいコースのため、気になる場合は体験を受けてみることをおすすめします。

まとめ

このページでは、セルライトを除去していくための方法についてスポットを当ててきました。

それぞれについてまとめていきます。

セルライトとは

  • セルライト=肥満などにより血管やリンパに余分な水分や老廃物がたまり、脂肪細胞同士が結合した状態
  • メンズにはつきにくいが、日本女性の約80%がセルライトを抱えている
  • 太股やふくらはぎなどの下半身につきやすく、つまむと凸凹の状態となる
  • 肌がボコボコになることから、オレンジピールスキンとも呼ばれる
  • セルライトの原因は5つあり、肥満・血行不良・ホルモンバランスの乱れ・自律神経の乱れ・加齢のどれかによるもの
  • セルライトのタイプは4つあり、脂肪型・むくみ型・繊維型・筋肉型に分けられる
  • 除去を諦めて放置すると新たなセルライトを作る原因になる
  • 肩こりや腰痛、血栓症などの原因となるため、セルライトは放置せず除去することが大切

セルライトのこんなケアはNG

  • セルライトはセルフケアでの除去が困難
  • 除去のために潰したり強く揉んだりするのはNG
  • 血管やリンパ管が押しつぶされてセルライトが巨大化してしまう
  • 間違ったセルフケアは除去どころか悪化させる原因になる

セルフケアが難しいなら痩身エステがおすすめ

  • 痩身エステの総数は多いが、セルライト除去におすすめのメニューは3つ
  • キャビテーション…脂肪細胞を破壊するため、セルライト除去の即効性に優れている
  • ハイパーナイフ…脂肪細胞を温めて柔らかくするため、代謝が上がり効率よくセルライトの除去が可能
  • サーモシェイプ…熱により脂肪を融解し、脂肪の減少と肌の引き締め効果によりセルライトを除去できる
  • どの施術も多くのエステで体験コースを実施中
  • 長く通うことを考えると、複数の店舗を見比べるのがおすすめ
  • 体験コースを利用し、駅チカなどアクセスの良さや除去効果、お店の雰囲気などを見比べよう
  • 体験後に使えるクーポンや回数券の有無を確認することも忘れずに
  • 安い痩身エステもあるが、体験談や口コミなどを見ながら慎重に選ぼう
  • 格安エステなどは、複合コースに対応していない可能性もあるため注意する
  • 格安エステのコースにオリジナルリンパマッサージなどが含まれる場合、セルライト除去に効果的なのか調べよう
  • セルライト除去エステを安く受けたいなら、通い放題や回数券の利用がおすすめ

セルライトは、皮下脂肪が溜まりやすい女性につきやすく、内臓脂肪が多いとされるメンズにはつきにくいという特徴があります。

一度ついてしまうとなかなか除去できない存在のため、「ケアしてるのにどうにもならない!」という女性も珍しくないでしょう。

とはいえ、セルライトを放置すれば新たなセルライトが生まれる原因となってしまうため、早めの対処が必要です。

セルライト除去の成果を出したいなら、思い切ってエステに頼ることをおすすめします。

近年の痩身エステには脂肪燃焼効果、セルライト除去効果に優れたマシンが多く、即効性を期待できる施術もあります。

まずは体験コースを利用して、あなたに合った除去方法を探していきましょう!

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次