唇の乾燥の原因とケア方法まとめ

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

寒い季節になり空気が乾燥してくると気になるのが、唇の乾燥です。

唇か荒れて割れていたりすると、食事の時にピリッとしみたりしてイヤですね…!

そんなことがないように、気が付いたときにこまめに唇をケアすることが大切です

特に秋冬は、リップクリームは必需品ですよね!

でも唇って、体の他のどの部分よりも乾燥すると思いませんか?

ここでは、唇の乾燥の原因とケア方法について、紹介していきます

目次

唇が乾燥する原因

それにしても、唇がこんなにも乾燥しやすいのはなぜでしょうか?

唇の皮膚構造

唇が乾燥しやすい理由は、唇のもともとの構造に原因があるんです!

唇という部位は皮膚の他の部分に比べて皮脂腺と汗腺が極端に少なく皮脂膜を作れないので、自分自身の力で潤いを保つことができません。

本来であれば、皮脂膜が外部からの刺激に対するバリアになるのですが、唇はその機能が低いため乾燥や摩擦などの外的刺激によって影響を受けやすいというわけです。

エアコンの風やマスクとの摩擦など、外的刺激は乾燥や荒れの原因となりますので気を付けましょう…。

外的要因

もともとの皮膚構造の他にも、唇を頻繁に舐める癖があったりするとこれも乾燥の原因になります。

荒れている唇の皮をむいたりささくれをとったりするのもNG行動です。下手すると最悪血が出てしまいますよ!

唇には紫外線から肌を守るメラニン色素も少ないので、紫外線の影響をダイレクトに受けてしまうということもあります。長時間強い日差しを浴びた後は忘れずにケアしてあげてください。

ストレスや食生活の乱れ

体の内部からの原因としては、ストレスや食生活の乱れも唇が乾燥する原因になることも。

ストレスを抱えていると体全体の血流が悪くなるので、唇にも栄養が行きづらくなりカサカサに乾燥した唇になりやすいです。

それから胃腸が荒れている時は、唇も乾燥しやすくなります。

食生活の乱れが続くと体調が悪くなってくるとともに唇も乾燥してきますので気を付けましょう!

特にビタミン類の不足は、口角炎や口内炎で唇が切れる原因にもなりますので、無理なダイエットや食事制限はほどほどに!

唇の乾燥対策

ガサガサの唇では色気ゼロ!ぷるぷる潤いのある唇に導くケア方法をご紹介♡

リップクリーム

唇を乾燥から守るためのケア方法について紹介していきます。

唇の乾燥ケアといえば、何といってもリップクリーム!!これに勝るものはありません。

一日に5~10回くらい、多い人はもっとリップクリーム塗っていますよね?

筆者もスキあらばリップクリームを取り出して、ヌリヌリしております♡

リップクリームの種類には大きく分けて、下記の3種類がありますよ。

①医薬部外品(薬用)のリップクリーム

医薬部外品(薬用)のリップクリームは、唇がすでにひび割れ・皮むけを起こしてしまっている場合、それを治すリップクリームです。「第3類医薬品」と表示されています。

乾燥によるダメージが一番重症の場合は、これがいいですね。

②医薬品のリップクリーム

医薬品のリップクリームは「荒れを予防する成分」+「保湿する成分」が含まれているタイプ。いわゆる薬用といわれている、数多く出回っているタイプのリップクリームです。

③化粧品のリップクリーム

化粧品のリップクリームは、荒れを予防する成分は配合されておらず、保湿成分がメイン

あまり荒れていない唇の日常的な保湿に向いています♪

色付きや香り付きなどがあり、ツヤを出したりと、化粧品感覚で使う用途ですね。

敏感肌さんにはワセリンが安心

リップクリームの添加物が気になる場合は、ワセリンを使うのもオススメ

市販のリップクリームには、着色料や香料、防腐剤や界面活性剤などの添加物が使われていますので注意が必要です。

天然由来のワセリンなら刺激が少なく、敏感肌の大人や赤ちゃんでも安心して使えます♡

紫外線ケア

リップクリーム選びで着目したいのが、紫外線ケアです。

顔に日焼け止めクリームを毎日塗るけれど、リップの紫外線ケアまではあまり気にしていない人も多いのでは…?

唇は紫外線から肌を守るメラニン色素も少ないので、UVカットリップクリームを使ってケアしてあげるといいですよ

UVカット効果のあるリップクリームはドラッグストアでたくさん売っています♪

UVカットリップクリームにはそれほど高い数値は必要ないため、SPF20、PA++程度で十分ですので目安にしてみてくださいね。

スクラブ

リップクリームでのデイリーケアに加えたスペシャルケアとして取り入れてほしいのが、リップスクラブを使ったケア

リップスクラブは、粒子+油分で作られていて、唇をマッサージすることによって唇の古い角質をオフして滑らかな唇にしてくれる優れモノアイテムです♪

使われている粒子(つぶつぶ)は、お砂糖・塩などで、油分はワセリン、ナッツ油、ホホバオイル、フルーツ由来のオイルといった保湿美容オイルが使われています。

リップスクラブは、いろいろなメーカーが出しています。

フルーティーなフレーバーは、なんだか甘くておいしそうですね♡♡

Diorやなどの高級ブランドから、LUSHやL’OCCITANE(ロクシタン)などの人気ブランド、CANMAKEやLEVLONといったプチプラまでたくさんありますので、チェックしてみてください♪

お砂糖を使ったシュガースクラブだったら、キッチンにある材料で手作りすることもできますよ!手作りシュガースクラブ、時間があるときに一度試してみたいですね ♪

手作りシュガースクラブの作り方

  1. 同じくらいの量のワセリンとお砂糖を、ボールに入れる。
  2. なめらかになるまで混ぜる。

以上で完成です♪ 簡単ですよね。

お砂糖は、グラニュー糖をつかうとちょうどいいテクスチャーになりますし、三温糖でもOKですよ。

オリーブオイルやはちみつを使ったり、香りづけにお好みのエッセンシャルオイルを混ぜてもいい感じです♡

リップスクラブの使い方

  1. 適量をとり唇にのせてクルクルとマッサージする。
  2. 洗い流す。または、コットンでやさしく拭き取る。

リップスクラブの使い方は以上です。これでリップはしっとりつるんとなめらか!!

リップエステ

最近になって注目され始めているリップケアの方法があります。

それは、リップエステです

まだあまり知られていませんが、美への関心が高い人たちの間ではもう知られていますよ!

リップエステとは、歯のホワイトニングサロンや審美歯科、エステサロンで受けられるスペシャルなリップケアです。

エステと言っても、施術時間は15~45分くらいで、料金もお手頃。2,000円~5,000円くらいで受けられます。

リップエステの手順は下記のとおりです。

  1. ピーリング(専用のジェルや薬剤を使い古い角質や皮などの老廃物を除去します)
  2. マッサージ(専用機器を用いて、保湿成分を浸透させます)
  3. パック(保湿成分の高い美容液やクリームを使いシートパック)

最近ではまつ毛エクステやネイルサロンでも、リップエステを取り入れているところがありますよ。見つけたらよい機会なのでリップもウルつやにしてもらいましょう♬

リップエステに似た効果が得られる方法として自分でできるラップパックでの集中ケアもかなりオススメです!

リップクリームやワセリンを唇に塗って、サランラップをくっつけてパックするだけ♪

数分でも効果があるので、乾燥が酷いと感じる時にはぜひ試してみてくださいね。

唇のケアをしてプルプルリップを手に入れよう!

いかがでしたでしょうか?

この記事では、唇が乾燥する原因からケアの方法までを紹介してきました。

デイリーに自分でケア出来る方法に加えてスクラブという魅力的なアイテムの投入、プロの手をかりるリップエステまで、唇の乾燥対策はあれこれありますね!

唇を乾燥から守るためにしっかり栄養をとってストレスをためないようにすることも日頃から心がけていきたいですよね♪ 心も唇も乾燥させず、潤っていきましょう♡

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次