石膏パックで小顔・リフトアップ効果を即実感!

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

たるみや乾燥によるしわ、くすみ、毛穴の開き、むくみやニキビなど、女性が抱える肌悩みはさまざまです。

また、鏡を見るたび「小顔になりたい」とため息をついている方も多いのではないでしょうか。

マッサージや顔ヨガ、小顔ケアなどの自宅で行うセルフケアを頑張っても、なかなか効果が現れないと落ち込んでしまいますよね。

そんなあなたにおすすめのスペシャルなエステメニューこそ、「石膏(せっこう)パック」です。

石膏パックの石膏とは、セメントや彫刻の材料として使用されるものです。

美容成分の浸透率をアップさせるために石膏パックが使われますが、「怖い」「石膏を使うなんて意味ないんじゃない?」といったイメージを抱いてしまう方も多いでしょう。

しかし、石膏パックは”極上のトリートメントパック”と呼ばれるほどで、ぽかぽかとした温かさが心地よいエステメニューです。

パックをすることで保湿効果やシワ、たるみの改善効果、小顔効果など多彩な効果が期待できるため、先入観から「意味ない」と判断するのは早計かもしれません。

実際、日本の老舗ブランド「ポーラ」のエステサロンでも石膏パックのメニューが採用されているほか、小顔コルギを取り扱う韓国式エステサロンなどでも高い人気を誇っています。

このページを読むことで、そんな石膏パックの効果や施術に向いている人の特徴、値段、注意点などがわかります。

「効果ないセルフケアを続けるのはもう嫌だ」「もっと効果が高いケアのやり方が知りたい」という方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

目次

石膏パックとは?

石膏パックは、”42度の陶酔”とも評価されているエステメニューです。

韓国式のエステサロンやコルギエステサロンのほか、「ポーラ」のエステサロンを初めとするフェイシャルエステサロンなど、多くの店舗で受けることができます。

この項目では、そんな石膏パックの施術内容や特徴について見ていきましょう。

石膏パックとは?

石膏パックとは、硫酸カルシウムが主原料の石膏を使って顔や全身にアプローチするやり方のエステメニューです。

見た目のインパクトが強く、「怖い」と感じる方も多いですが、石膏パックの石膏はやわらかなペースト状になっており、肌に塗っても問題のない成分が使用されています。

なお、石膏パックといっても、ペースト状の石膏を肌に直接塗布するわけではありません。

美容液やクリームを塗った上から石膏を塗っていくため、自宅で使う一般的なパックとは全く違います。

石膏パックをすると、20~30分かけて石膏が固まっていき、固まる過程で最高42度まで発熱します。

この温熱効果によって美容成分の浸透率が何倍にも上がると言われており、シワやたるみ、くすみの改善など多彩な効果が期待できるのです。

また、石膏パックの温熱効果により、顔の血行・新陳代謝が促進されることもポイントです。

これにより、小顔効果やリフトアップ効果が期待でき、メスを使わず小顔が目指せるため、効果が高いエステメニューを探している方にもおすすめです。

また、顔だけではなく全身に使用できるため、自宅ケアでカバーできない全身の肌悩みの改善が目指せます。

お肌の状態や目指したいイメージに合わせてパックを選べるため、小顔になりたい方はもちろん、あらゆるタイプの方におすすめです。

石膏パックの流れ

石膏パックは、自宅ケアで使う一般的なパックとは異なります。

そのため、どのような流れで石膏パックの施術が進むのかイメージしにくい方も多いでしょう。

そこで、石膏パックの一般的な流れについて紹介します。

  • step1:クレンジングでメイクと汚れを落とします。
  • step2:美容液やクリームをお顔や全身など、施術部位に塗ります。
  • step3:お顔や全身など、施術する部位にコットンやガーゼを置きます。
  • step4:鼻周りを避け、ペースト状の石膏パックを乗せていきます。
  • step5:20~30分かけて石膏パックが固まっていきます。
  • step6:石膏パックの熱が冷めたら、パックを取り外します。
  • step7:ローションやクリームなどで肌を整えたら、施術終了です。

細かいやり方などはサロンによって異なりますが、だいたいこのような流れで施術が進みます。

施術時間も比較的短く、気軽に受けられるため、ぜひ1度試してみるとよいでしょう。

石膏パックは顔だけではなく全身に施術可能なため、気になる部位ごとにトリートメントを受けるのもおすすめです。

石膏パックの歴史

”42度の陶酔”とも呼ばれる石膏パックの歴史は、50年以上前に遡ります。

石膏パックは、フランスのエステティシャンであるマリアギャラン女史によって考案されました。

彼女は世界40ヶ国以上で愛されるフランスの老舗ブランド「マリアギャラン」を創立した人物です。

そんなマリアギャラン女史は、“顔の部位”に応じてトリートメントするメソッドを確立したことでも注目を浴びました。

石膏パックもそのうちの1つであり、目の周りのシワやたるみ、ニキビなどの症状が気になる部位に合わせ、それぞれにアプローチするやり方である点が特徴です。

どんな効果があるの?

石膏パックは、お肌の状態に合わせた美容液やクリームをお肌に塗り、その上からやわらかな石膏を塗っていくエステメニューです。

水を加えると石膏が少しずつ固まっていき、その過程で石膏の温度は40~42度ほどまで上昇します。

この温熱効果により、以下のような効果が期待できます。

  • 血行や新陳代謝を促す効果
  • 毛穴や肌を引き締め、小顔に導く効果
  • 美容成分が浸透することによる保湿効果
  • シワやたるみ、くすみの改善効果
  • むくみの改善やリフトアップ効果
  • ハリツヤを与え、キメを整える効果

なお、石膏パックと一緒に使う美容液やクリームの成分によって効果が異なるほか、石膏パック自体にも複数の種類がある点もポイントです。

「ニキビが気になるときはプラセンタ」「うるおいを持続させたいときにはセラミド」といった選び方もでき、オーダーメイドな施術を求める方にぴったりです。

もちろん、お気に入りの組み合わせを見つけて、スペシャルケアとして利用するのもよいでしょう。

こんな肌悩みにおすすめ

下記では、石膏パックがとくに向いている人の特徴や主要成分について紹介します。

石膏パックが向いている人

石膏パックは、下記のようなお悩みを持つ方におすすめです。

  • 乾燥によるシワが気になる方
  • 顔のたるみを改善したい方
  • 小顔を目指している方
  • 顔がむくみやすい方
  • くすみが気になる方
  • 毛穴の開きが気になる方
  • キメやハリ不足が気になる方

石膏パックには、小顔効果や保湿効果、トーンアップ効果など多彩な効果が期待できるため、多くの女性にマッチするメニューだと言えます。

また、特定のお悩みがなく、肌のコンディションに悩んでいる方、いつもの自宅ケアが意味ないものに感じている方にもおすすめです。

石膏パックの主要成分

なお、石膏パックの種類は豊富にあり、成分によって期待できる効果が異なります。

  • コラーゲン:ハリや弾力、シワ、たるみを改善する効果
  • プラセンタ:乾燥や肌のつっぱり、ゆらぎを改善する効果
  • セラミド:くすみや吹き出物、肌のごわつきを改善する効果

エステサロンによっては複数の石膏パックが用意されている場合があり、上のようにほしい効果に合わせてパックの種類が選べるのもうれしいポイントです。

また、お肌に配慮された成分のパックもあるため、敏感肌の方も試しやすいと言えるでしょう。

値段や注意点は?自宅ケアもできる?

「石膏パックが気になる!」という方向けに、値段と注意点など気になるポイントをまとめました。

石膏パックを使う自宅ケアについても触れているので、ぜひ参考にしてください。

石膏パックの値段は?

石膏パックの値段の相場は、以下の通りです。

時間値段
20~30分(通常コース)4,000円~5,000円(税込)
20~30分(体験コース)1,000円~2,000円(税込)

※上記の値段は、2021年8月時点の調査をもとに紹介しています。

リーズナブルな価格帯のため、継続して通いやすい点もうれしいですよね。

また、石膏パックの効果を高めたいのであれば、小顔コルギやフェイシャルエステなどのメニューと一緒に受けるのもおすすめです。

ただしエステサロンによっては石膏パック単体のメニューがない店舗もあり、その分値段が割高になってしまいますので、要注意です。

エステサロンと安心して契約するためにも、しっかり施術内容や注意点を読むようにしましょう。

石膏パックの注意点

石膏パックを受ける前の注意点としては、閉所恐怖症やまぶたを覆われることが苦手な方は受けられない可能性がある点です。

もし施術を受けている間に目や口を塞がれている状態が「怖い」と感じてしまった方は、手を挙げるなどしてサロンのスタッフに伝えましょう。

また、鼻以外を覆うことになるため、普段口呼吸をしている方、鼻炎や花粉症などで鼻呼吸がしづらい方も注意が必要です。

エステサロンに申し出ることで対応してくれるところもあれば、施術自体ができないサロンもありますので、事前に確認しておきましょう。

なお、石膏パックの副作用として、肌に赤みが生じる可能性が挙げられます。

こちらは敏感肌の方のうち、数千人に1人程度の割合だと報告されていますが、体が温まることで赤みを感じた経験がある方は注意しましょう。

石膏パックで自宅ケアもできる?

もし注意事項に当てはまってしまい、エステサロンでの施術が受けられないという方、エステサロンで受けるのは怖いという方は、楽天などで石膏パックを購入し、自宅でケアするのもおすすめです。

正しいやり方を身に着ける必要がありますが、自分のペースで自宅ケアできるため、お気に入りのパックを探してみるとよいでしょう。

ただし業務用のものが多く、「BG卸価」「サロン契約」「契約サロンのみログイン可能」などと表記されているものの場合、一般の顧客は購入できません。

また一般の顧客が買える石膏パックでも、登録しているサイトによっては送料や値段が高く付く可能性があるため、注意して選びましょう。

自宅用の石膏パックを使用する場合、正しいやり方を身に着けることも大切です。

セルフケアの性質上、どうしても我流になってしまい、正しいやり方でパックできない恐れもあります。

その場合、サロンと同等の効果が見込めない可能性があることも覚えておいてくださいね。

石膏パックでスペシャルなケアをしよう!

石膏パックは、たるみや乾燥によるしわ、くすみ、ニキビなど、あらゆる肌悩みを持つ方や、小顔になりたい方におすすめのエステメニューです。

石膏パックはフランスの老舗ブランド「マリアギャラン」の創設者・マリアギャラン女史が開発し、実に50年以上の歴史を持つエステメニューとしても知られています。

日本の化粧品ブランド「ポーラ」がプロデュースするエステサロンでも取り入れらているほか、小顔コルギとの相性もよいため、今後も注目すべき美容法だと言えるでしょう。

自宅ケアに限界を感じる方、自分の悩みに合わせた肌ケアのやり方がわからない方、もっとキレイな肌を目指したい方は、ぜひ石膏パックが受けられるサロンを探してみてくださいね。

なお、サロン選びの際は、値段や口コミだけを見るのではなく、自宅や駅からの距離感、予約の取りやすさなどを確認しておくのもポイントです。

あなたもお気に入りのサロンを見つけて、石膏パックでハリツヤのある小顔を目指していきませんか?

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次