Qスイッチルビーレーザーでしみがポロッ!美白肌が手に入る

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

普段のスキンケアではなかなかシミが消えず、お困りではないですか?

IPL(光治療)やビタミンC点滴を受けたり、医薬品やサプリメントを飲んだりしても、思っていたような効果が得られないと悩む人は多いはずです。

そんなシミに悩む人には、「Qスイッチルビーレーザー」による治療をおすすめします。

Qスイッチルビーレーザーとは、シミ治療においてもっとも効果が高いと言われるマシンです。

Qスイッチルビーレーザーを使った施術は、シミ・クスミ・あざ・そばかす・ほくろなどの除去にたいへん効果的です。

また、スポットのシミ治療の効果も評価されており、表面性のシミ、深在性のシミ、その他のシミ(刺青やアートメイクなど)を改善したい人に最適だと言えます。

また、最近ではフラクショナル機能を搭載した「Qルビーフラクショナルレーザー」も人気で、強力な効果に期待できます。

このページでは、そんなQスイッチルビーレーザーにスポットを当て、下記の項目について解説していきます。

  • Qスイッチルビーレーザーの特徴・効果
  • シミを改善したい人におすすめ!
  • 治療の流れやダウンタイムについて
  • Qスイッチルビーレーザー費用相場
  • どれくらいでシミがなくなるの?

Qスイッチルビーレーザー治療の基本はもちろん、費用相場や効果が出るまでの期間、注意点などを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

Qスイッチルビーレーザーの特徴・効果

まずは、Qスイッチルビーレーザーの特徴や効果についてご紹介します。

Qスイッチルビーレーザーとは


一口にレーザーといっても、ピコフラクショナルレーザーやCO2レーザー、レーザートーニング、YAGレーザーなど、さまざまな種類があります。


これらのなかでも、シミ治療に特化しているマシンがQスイッチルビーレーザーで、最短1回でシミを除去する効果に期待できます。

そもそも、Qスイッチルビーレーザーとは、シミ・あざ・そばかす・ほくろなどの色素疾患に効果的なレーザー機器です。


黒色、茶色、灰色、青色を帯びたメラニン色素に強く作用するため、シミに悩む多くの人に高い効果を発揮します。


また、10億分の1秒という短い照射時間で行う治療のため、メスを使わない安全な治療を求める人からも人気です。


ただし、Qスイッチルビーレーザーは医療行為のため、照射後にかさぶたができた痛みが起きたりする可能性はあります。

とはいえ、適切なアフターケアを行うことで、だいたい3ヶ月経過後から通常の肌を取り戻していけます。


そのため、ダウンタイムの少ない治療法では効果が感じられなかった人、多少時間がかかっても確実にシミを取りたい人にもおすすめです。

Qスイッチルビーレーザーの特徴

メラニン色素のみに作用する


メラニン色素の吸収率が高い波長帯を持ち合わせていることがQスイッチルビーレーザーの大きな特徴です。

高いパワーのレーザー光が照射されることにより、周辺組織に熱裂傷を与えることなくメラニン色素だけを破壊してくれます。


色素疾患のシミ・あざ・そばかす・ほくろなどは、メラニン色素によるものです。


そのため、このような色素疾患を根本的に治療していくためには、メラニン色素のみに反応するレーザーを利用することが求められます。


Qスイッチルビーレーザーは、色素疾患の原因であるメラニン色素のみに作用するため、シミをはじめとする諸症状に悩む人に最適なのです。


また、これらの色素疾患によって色ムラ・クスミが起きている人にも最適で、自然な状態の肌を目指すことが可能です。

表皮・真皮の両方にアプローチ可能


Qスイッチルビーレーザーから照射される光は、表皮・真皮の両方にアプローチしてくれます。


そもそも皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層からなっており、メラニン色素を生成するメラニンを合成するメラノサイト(色素細胞)が存在しています。


紫外線などのダメージが蓄積されてしまうと、炎症が起きて表皮のシミが生じてしまうというわけです。


一方、真皮のシミは、表皮の基底層に存在していた黒色メラニンがなんらかの原因で真皮に入ってしまうことで生じます。


灰色っぽいシミや、青みがかって見えるシミは真皮で起こっている可能性が高く、肌のターンオーバーで排出することが難しい状態です。


Qスイッチルビーレーザーの治療は、表皮で起きているシミだけでなく、改善が難しいとされる真皮のシミにも効果的です。


そのため、ほかのシミ治療で満足のいく結果が出なかったという人にも、Qスイッチルビーレーザーを受けてみることをおすすめします。

Qスイッチルビーレーザーの効果


Qスイッチルビーレーザーは、下記の症状の改善・除去に効果的です。

  • シミ(老人性色素斑)
  • そばかす(雀卵斑)
  • 茶あざ(扁平母斑)
  • 青あざ(太田母斑・異所性蒙古斑)
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

それぞれについて、以下で詳しく見ていきましょう。

表在性・深在性のシミの除去



このレーザーから照射されるレーザー光には、黒色や、茶色、青色を吸収しやすい特徴があります。


そのため、下記のような表面性・深在性のシミを除去する効果に期待できます。

  • 黒色のシミ
  • 茶色のシミ
  • 青色のシミ
  • 灰色っぽいシミ

フラッシュのような瞬間的な光がシミやあざの原因であるメラニン色素のみに働きかけるため、上のようなシミを同時に消すことが可能です。

経過によっては一時的に色が濃くなるケースもありますが、効果は1回で現れることが多く、即効性のある治療法を求める人に最適だと言えるでしょう。


また、IPL(光治療)などほかの治療で効果が現れなかった人にもおすすめです。

あざ・そばかす・クスミ・ほくろの除去

Qスイッチルビーレーザーは、シミ以外の症状にも効果的な治療法です。

  • ほくろ
  • 黒あざ(母斑細胞母斑)
  • 青あざ(太田母斑・蒙古斑)
  • 茶あざ(扁平母斑・カフェオレ斑)
  • そばかす(雀卵斑)

などの除去に適応しているため、顔の色ムラ・クスミに悩む人にも最適だと言えます。

また、褐色のスキンタグ(老化によって皮膚が盛り上がった状態)にも有効で、あらゆるエイジングサインに悩む人におすすめです。

外傷性刺青・アートメイク・タトゥーの除去

Qスイッチルビーレーザーの光は、人工的に入れられたアートメイク・タトゥー、または外傷性刺青にも効果を示します。

とくに、炭素の多い黒色や青色、茶色、灰色によく反応してくれるため、肌の色を改善したい人は検討してみるとよいでしょう。

なお、Qスイッチルビーレーザーは、赤色や特殊な成分の炭素を含むカラフルなタトゥーには適応しないため、ほかの治療法を選ぶ必要があります。

シミを改善したい人におすすめ!

先でも取り上げたとおり、Qスイッチルビーレーザーはシミをはじめとする色素疾患に有効な治療法です。

なかでも、表面性・深在性のシミを改善したい人にとっては、最適だと言えるでしょう。

下記の項目では、Qスイッチルビーレーザーがシミに強力な効果を発揮する理由について解説します。

Qスイッチルビーレーザーのメカニズム


Qスイッチルビーレーザーのレーザー光には、炭素の多い黒色や青色、茶色、灰色によく反応し、吸収される性質があります。

レーザーを皮膚の表面に照射すると、レーザー光は表皮を経過し、皮膚内部にあるシミの原因・メラニン色素へアプローチします。

メラニン色素のみに反応して熱を出して破壊してくれるため、正常な皮膚へのダメージを最小限に抑えた治療が可能なのです。

また、Qスイッチルビーレーザーにフラクショナル機能を搭載したマシンも登場しており、お悩みに合わせた最適な治療が受けられることも魅力のひとつだと言えます。

シミを改善したいならQスイッチルビーレーザー!

Qスイッチルビーレーザーは、メラニン色素のみに作用する医療機器のため、あらゆるシミ治療に有効です。

表皮になるシミ・そばかす・ほくろや、真皮にある色素沈着・シミ・あざに効果的ですので、性質の異なる色素疾患を短期間で消していくこともできるでしょう。

高価なシミ用化粧品・医薬品を使うより効果的ですので、コストパフォーマンスの面でも優れています。

1度ルビーレーザーを当てることで高い効果に期待でき、10回、20回と回数を重ねる必要がないため、セルフケアを行うより安い料金でシミを改善することができますよ。


多少のダウンタイムはありますが、通常10日程度でかさぶたが剥がれ、11日目以降は治療箇所をテープで保護する必要がなくなります。

そして、一時的に色素沈着が起きた場合も、3ヶ月~半年で正常な状態の肌に戻ることが多いため、安全性についても過度な心配はいらないでしょう。

コロナ禍における現在は、マスクを使用することが多いため、Qスイッチルビーレーザーを受けるチャンスだと言えます。

シミを取りたいと悩んでいる人は、この機会にQスイッチルビーレーザーの治療を受けることを検討してみてください。

治療の流れやダウンタイムについて

ここまで目を通してくれたということは「Qスイッチルビーレーザー、受けてみたい!」とお考えでしょう。

そこで、以下では治療の流れやダウンタイム(経過)についてご紹介します。

Qスイッチルビーレーザーの治療の流れ

不安を払拭するためにも、治療の流れについて簡単に見ていきましょう。

カウンセリング

Qスイッチルビーレーザーの治療は、クリニックで行う医療行為です。

そのため、まずは担当の医師からカウンセリングを受け、症状や肌の状態について診察してもらいましょう。

そして、Qスイッチルビーレーザーの治療に必要な料金や治療期間、注意点などの説明を受けた後、納得できるようであれば実際の治療に進みます。

洗顔

Qスイッチルビーレーザーの治療を受ける前に、お化粧を落とす必要があります。

洗顔ルームでしっかりメイクや皮脂の汚れを落としましょう。

多くのクリニックには洗顔ルームが用意されていますが、心配な場合は予約時に確認しておいてください。

照射

施術ルームに移動し、必要に応じて症状の写真撮影・麻酔などを行います。

準備ができたら、いよいよQスイッチルビーレーザーの光を当てていきます。

アイマスクを着用した状態で受けられますので、なるべくリラックスした状態で過ごしてください。

アフターケア

アフターケアとして、レーザー光を当てた箇所に軟膏を塗り、テープで保護していきます。

なお、シャワーや入浴、洗顔は施術当日から可能ですが、テープが貼られた患部をいじらないように注意してください。

説明や支度

Qスイッチルビーレーザーの治療が終わったら、当日からダウンタイム終了までの注意点が説明されます。


心配なことがあれば、このタイミングで医師に共有しておくといいでしょう。

なお、保護テープが貼られた箇所を除き、当日からメイクも可能です。

専用のルームでお化粧や紫外線対策などを済ませてからの帰宅もできますので、必要な人はメイク道具などを持参してください。

Qスイッチルビーレーザー治療後のダウンタイム

Qスイッチルビーレーザーの治療は、ダウンタイムを伴います。

治療のスケジュールを立てたい場合は、経過やダウンタイム日数についてしっかり確認しておきましょう。

照射直後

Qスイッチルビーレーザーのレーザー光を照射した直後は、患部が白っぽくなります。

この状態は、ターゲットであるメラニン色素が十分に破壊されたことを表すサインです。

(※万が一白くならない場合は反応が不十分ということですので、結果的にシミが残ってしまう可能性があることに注意してください。)

レーザー光を当てた患部が白っぽく目立つ状態は、通常10分前後続きます。

徐々に白さは消え、代わりにカサブタが形成されていきます。

透明の保護テープやシール、塗り薬が処方されますので、かさぶたが自然に剥がれるまではいじらないでください。

また、治療翌日~2日程度は患部に赤み、若干の腫れが起こる可能性もあります。

患部の状態がテープの上から観察できるようであれば、記録を残しておき、医師に相談するとよいでしょう。

照射翌日~10日

治療翌日からは、濃い茶色の薄皮や再生されたピンク色の皮膚が見られるようになります。

新しい皮を保護してくれる役割を持っているため、だんだんとかさぶたが形成されるでしょう。

個人差はありますが、大体1週間から10日でかさぶたが自然と剥がれ落ちます。

自然と剥がれたかさぶたの下には、すでに新しい皮膚が完成しており、やや赤みがかったピンク色であることが多いようです。

元々患部にあったシミやあざなどが完全に除去されていることを確認できたら、患部へのメイクもOKです。

11日目移行

11日目以降は、患部にテープを貼らなくても大丈夫な状態であることが多いです。

ただし、かさぶたが剥がれた状態の肌には必ず日焼け止めを使用するようにしてください。

なお、場合によっては、戻りシミ(炎症後色素沈着)が生じることもあります。

これは治療でレーザー光を当てた部位に生じる二次性色素沈着ですので、適切なアフターケアが必要になります。

多くの場合、外用薬の使用で3ヶ月~半年をめどに回復していきますので、安心してください。

Qスイッチルビーレーザー費用相場

つぎに、Qスイッチルビーレーザーの費用相場をご紹介します。※価格は2021年5月現在の相場です。

Qスイッチルビーレーザーの費用相場

5mm以内の患部5,000円前後
1ショット1,000~1,500円

Qスイッチルビーレーザーの料金相場は、上図の通りです。

このように、mm数で料金が変わり、患部の状態やシミの数によって金額が決まります。

そのため、費用についてはカウンセリング時にしっかり確認しておきましょう。

Qスイッチルビーレーザーをお得に受ける方法

  • 「qスイッチルビーレーザーを通常より安い金額で受けたい」
  • 「シミが多いから、値段が高額になってしまわないか心配…」

このような人に向け、定額治療プランや当て放題プランなどを用意しているクリニックも豊富にあります。

月額制や定額制を採用しているクリニックを利用することで、自分の予算に合ったプランでシミを改善していけるでしょう。

通常より安い料金で治療を受けてみたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

どれくらいでシミがなくなるの?

Qスイッチルビーレーザーは、強力な効果に期待できるマシンを使った施術です。

先でも簡単に触れていますが、どれくらいでシミがなくなるのか改めて見ていきましょう。

効果が現れるのは10日前後

Qスイッチルビーレーザーの効果が現れるのは、平均して10日前後です。

というのも、照射から10日頃まではかさぶたが現れている状態で、そのかさぶたが自然と剥がれたとき、シミが除去された新しい皮膚が現れるためです。

ただし、レーザーを当てた患部に戻りシミ(炎症後色素沈着)が生じる可能性もあります。

これは治療でレーザー光を当てた部位に生じる二次性色素沈着ですので、適切なアフターケアが必要になります。

多くの場合、外用薬の使用で3ヶ月~半年をめどに回復していきますので、安心してくださいね。

頻度(ペース)

Qスイッチルビーレーザーの治療を断続的に受けるという場合、通院頻度についても気になるでしょう。

  • 戻りシミ(炎症色素沈着)が生じていない場合…1~2ヶ月の照射間隔を空ける
  • 戻りシミ(炎症色素沈着)が生じてしまった場合…経過を見てから照射する

多くの場合、上に挙げたような頻度で治療を行います。

なお、保険適応疾患の患者さんの場合、レーザーの照射間隔は3ヶ月です。

頻繁に通う必要がないため、普段忙しい人でも無理なく続けられるでしょう。

Qスイッチルビーレーザーでシミのない明るい肌へ!

このページでは、シミに効果的なレーザーマシン・Qスイッチルビーレーザーでの治療について解説しました。

最後に、このページのポイントをまとめます。

Qスイッチルビーレーザーの特徴

  • Qスイッチルビーレーザーはシミ治療に特化しているマシンで、最短1ヶ月でシミを除去することが可能。
  • シミだけではなく、あざやそばかす、ほくろなどあらゆる色素疾患の改善に効果的。
  • 黒色、茶色、灰色、青色を帯びるメラニン色素に強く作用し、薄いシミも濃いシミも除去可能。
  • Qスイッチルビーレーザーの治療は、表皮で起きているシミだけでなく、改善が難しいとされる真皮のシミにも効果的。
  • 10億分の1秒という短い照射時間で行う治療のため、メスを使わない安全な治療を求める人からも人気。
  • 自然な状態の肌を目指せるため、シミなどの色素疾患によって色ムラ・クスミが起きている人にもおすすめ。

Qスイッチルビーレーザーの効果

Qスイッチルビーレーザーのから照射されるレーザー光は、下の色素疾患の除去に効果的です。

  • 黒色・茶色・青色・灰色のシミ
  • ほくろ
  • 黒あざ(母斑細胞母斑)
  • 青あざ(太田母斑・蒙古斑)
  • 茶あざ(扁平母斑・カフェオレ斑)
  • そばかす(雀卵斑)
  • 外傷性刺青
  • アートメイク
  • タトゥー

フラッシュのような瞬間的な光が、シミやあざの原因であるメラニン色素のみに働きかけるため、1度の施術で複数の症状の改善を目指していくことも可能です。

ただし、ニキビ跡や薄いシミなど赤みを帯びている症状の場合、Qスイッチルビーレーザーのレーザー光が適応しない可能性もあります。

自身の症状がQスイッチルビーレーザーの治療に合うか心配な人は、カウンセリングで医師にご相談ください。

Qスイッチルビーレーザーのダウンタイム

  1. 照射直後…レーザー光を照射した直後は、患部が白っぽくなります。 この状態はターゲットであるメラニン色素が十分に破壊されたサインで、通常10分前後続きます。

    徐々に白さは消え、代わりにカサブタが形成されていくため、透明の保護テープやシール、塗り薬が処方されるのが一般的です。

    テープを貼ることで当日からメイクも可能ですが、かさぶたが自然に剥がれるまでは患部をいじらないようにしてください。
  2. 照射翌日~10日…翌日からは、濃い茶色の薄皮や再生されたピンク色の皮膚が見られるようになります。

    だんだんとカサブタが形成され、大体1週間から10日でかさぶたが自然に剥がれ落ちます。

     元々患部にあったシミやあざなどが完全に除去されていることを確認できたら、患部へのメイクもOKです。
  3. 11日目以降…多くの場合、患部にテープを貼らなくても大丈夫な状態まで回復していくでしょう。メイクは通常通りできますが、紫外線対策を徹底するということには気を付けてください。

    なお、場合によっては、戻りシミ(炎症後色素沈着)が生じることもあります。 これは治療でレーザー光を当てた部位に生じる二次性色素沈着です。

    多くの場合、外用薬の使用で3ヶ月~半年をめどに回復していきますので、安心してください。

Qスイッチルビーレーザーの費用相場

  • 5mm以内の患部…5,000円前後
  • 1ショット…1,000~1,500円

このように、mm数で料金が変わり、患部の状態やシミの数によって金額が決まります。

なお、定額治療プランや当て放題プランなどを用意しているクリニックも豊富にあるため、なるべく安い金額に抑えたい人も安心です。

効果が現れるのは10日前後

  • Qスイッチルビーレーザーの効果が現れるのは、平均して10日前後。
  • 照射から10日頃まではかさぶたが現れている状態で、そのかさぶたが自然と剥がれたとき、シミが除去された新しい皮膚が現れる。
  • ただし、レーザーを当てた患部に戻りシミ(炎症後色素沈着)が生じる可能性もあり、この場合は適切なアフターケアが必要。
  • 戻りシミは多くの場合、外用薬の使用で3ヶ月~半年をめどに回復していく。

治療の頻度(ペース)

多くの場合、下記のような頻度で治療を行います。

  • 戻りシミ(炎症色素沈着)が生じていない場合…1~2ヶ月の照射間隔を空ける
  • 戻りシミ(炎症色素沈着)が生じてしまった場合…経過を見てから照射する

頻繁に通う必要がないため、普段忙しい人でも無理なく続られるでしょう。

まとめ

このように、Qスイッチルビーレーザーはシミに悩む人に有効な治療法です。

フラクショナル機能を搭載したマシンも登場しており、お悩みに合わせた最適な治療が受けられることも魅力のひとつだと言えます。

高価なシミ用化粧品・医薬品を使うより効果的ですので、コストパフォーマンスの面でも優れています。

1度ルビーレーザーを当てることで高い効果に期待でき、10回、20回と回数を重ねる必要がないため、セルフケアを行うより安い料金でシミを改善できるでしょう。

今までIPLやビタミンC点滴、シミ用の医薬品などで高い効果が得られなかった人でも高い効果に期待できますので、ぜひお近くのクリニックに問い合わせてみてください。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次