セルライトの正しい潰し方!間違いケアでもっと太くなる

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

目次

セルライトとは?

セルライトとは、血管やリンパから排出された老廃物と脂肪細胞が結びつくことで肥大化し、皮膚がでこぼこになった状態のことを意味します。

セルライトは下半身に多く見られ、男性よりも女性の方ができやすく、日本人女性の約8割にセルライトがあると言われています。

見た目がオレンジの皮のように見えることから、別名「オレンジピールスキン」とも呼ばれます。

20代、遅くても30代になったあたりから、おしり・太もも・お腹などの脂肪の多い場所にセルライトは現れ始めます。

セルライトの潰し方を調べて実践している方も多いかと思いますが、正しい潰し方をしている方は少ないのではないでしょうか。

この記事では、セルライトの原因や正しい潰し方などを紹介します。

セルライトの特徴

セルライトは身体の機能が正常に働かなくなり、脂肪繊維がダメージを受けた状態のことを言います。痩せている・太っているなど、体型に関係なくセルライトは現れます。

主に女性にできやすく、おしり・太もも・お腹などの脂肪の多い場所にできますが、ダイエットで体重を減らしても落ちることはありません。

セルライトと脂肪細胞

脂肪細胞には、男性につきやすい内臓脂肪と、女性につきやすい皮下脂肪の2種類があります。

脂肪は運動することで落とすことができます。しかし一方で、セルライトは運動でも燃焼しにくい性質を持っています。

セルライトと脂肪細胞の大きな違いは、一度ついてしまうと落としにくい点にあります。

セルライトができる仕組み

体質などのさまざまな要因により血流が悪くなると老廃物がたまり、脂肪細胞は正常な働きができなくなり、肥大化します。肥大化した脂肪細胞は周囲の血管を圧迫し、さらに血流を悪くして、どんどん老廃物が蓄積していきます。

その状態で脂肪細胞同士が結びつき、かたまりになることで表皮を押し上げて、皮膚のでこぼこを作るのです。

セルライトの正しい潰し方

セルライトの潰し方として、強くマッサージをするといいと聞いたことがあると思います。

しかし、これは実はやってはいけないことなのです。

正しい潰し方でケアをしないと、かえってセルライトは増えてしまいます。

セルライトの潰し方には、自宅でできる正しい潰し方があります。ただし、短期間ですぐにセルライトを撃退できる潰し方はありませんから、コツコツ行うことが大切です。

中途半端な知識で間違った潰し方を実践してしまうと、大変なことになります。正しい潰し方を知ったうえで、しっかりスキンケアをしていきましょう。

セルライト除去のメリット

セルライトを潰すことで見た目がきれいになることは一番のメリットです。そのほかにも、セルライトを消すことは血流をよくしたりむくみ・冷え性の改善などの効果もあります。

潰し方に注意をして、健康で美しい身体を手に入れましょう。

正しい潰し方

結論から言うと、セルライトの正しい潰し方として、まず身体をあたためることが大前提であり、有効な方法になります。

また、有酸素運動リンパマッサージも、潰し方としては効果的です。

自宅にいながらセルフでセルライトを除去するには、注意するべきこともあるので、詳しい効果とともに、順に説明していきます。

セルライトができる原因とタイプ

セルライトはさまざまな原因が複数重なり、時間をかけてできるものですので、突然できるものではありません。

30代になって急にセルライトが気になりだしたという方は、それは20代のころから時間をかけて蓄積した結果なのです。

それでは具体的に、セルライトができる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

不規則な生活習慣

偏った食生活を続けるとセルライトはできやすくなります。たとえばカロリーが高いもの=脂質・糖質は脂肪がつきやすく、添加物が入っている食品は体内の水分排出の妨げになります。また、タバコはニコチンが毛細血管を細くしてしまうため、血流を悪くしますので、セルライトを増やす原因になります。

このような不規則な生活習慣はセルライトができやすい体質を作ってしまうため、セルライトを潰すには生活習慣の改善が必要です。

ストレス

ストレスにはさまざまな要因があります。睡眠不足・疲労などの「身体的ストレス」、悩み・不安・恐怖などの「精神的ストレス」、仕事・人間関係などの「社会的ストレス」

ストレスは自律神経を狂わせるため、筋肉が硬直して血流が悪くなりますので、結果的にセルライトをつくる原因となります。セルライトの潰し方を考える前に、まずは極力ストレスをため込まず、定期的にストレス発散することが大切です。

ホルモンバランス

女性の場合は生理・妊娠・出産・ダイエット・更年期などが原因で、ホルモンバランスが大きく変化します。

また、生理周期を調整したりPMS対策などでピルを服用している方も少なくありませんが、ピルは女性ホルモンのバランスを崩すことがあります。

このようなホルモンバランスの変化も、セルライトの原因になります。

加齢

年齢が若いときは代謝もよくリンパ・血流の状態もいいため、セルライトができる可能性は低いです。しかし、年齢を重ねると身体の老化が進み、代謝や筋力が落ちてしまいます。

加齢とともに身体の機能が低下すると、セルライトが増加する原因になります。

セルライトの4つのタイプ

1.脂肪型…運動不足・偏った食生活・代謝の低下が原因で、下腹部からおしりにかけての腰回りや二の腕にセルライトができてしまうタイプです。触ると柔らかいことが特徴です。

2.むくみ型…リンパの流れや血流が滞ることで代謝が低下し身体に水分が溜まることが原因で、ふくらはぎや太ももセルライトができてしまうタイプです。冷え性の女性に多く見られます。

3.繊維型…長期間セルライトを放置したことが原因で、セルライトが繊維化してしまったタイプです。見た目ではっきりとでこぼこがわかることが特徴です。

4.筋肉質型…皮下脂肪が筋肉の上についてセルライトになってしまったタイプです。スポーツをしていた方に多く見られ、頑固で落ちにくいことが特徴です。

この4つのセルライトタイプでは、脂肪型が最も多くの方に見られます。

セルライト予防のポイント

身体の筋肉を保つことは、セルライトを潰す・予防するうえでポイントになります。代謝と血流を健全な状態にすることで、老廃物が排出されやすくなるためです。筋トレを日常に取り入れてみるのも手段です。

セルライトの潰し方はもちろん知っておくべきですが、まずは予防・対策することが大切です。

できやすい部位とは?部位別の潰し方

セルライトができやすい部位は、基本的に脂肪が多くついている場所です。たとえば、二の腕・太もも・おしりなど。ほかにも、ふくらはぎ・お腹・ひざ・足首などのセルライトに悩む方も多くいます。

上半身にはできにくいですが、腕のセルライトに悩む方も中にはいます。

特にセルライトができやすい部位と、部位別の潰し方を紹介します。

太もも・おしり

太ももやおしりは脂肪が多くつきやすい部位ですので、セルライトもできやすいです。しかし、同時に改善しやすい部位でもあります。

潰し方としては、有酸素運動・適切なマッサージを行うことも効果的ですし、エステで施術してもらうことでも短期間でセルライトを潰すことができます。

身体全体のセルライトが気になる方は、まず簡単にできる太もも・おしりからケアしてみましょう。

ふくらはぎ・足首

ふくらはぎや足首もセルライトができやすい部位です。食生活の影響が大きく出ます。塩分が多い食べ物や甘いものを過剰に摂取してしまうと、セルライトができて水分が溜まってしまいます。

潰し方としては、有酸素運動・適切なマッサージなどはもちろんですが、まず食生活の改善を試みる必要があります。

食事の管理であれば自宅で簡単にできますし、比較的効果が出やすい部位なので、食べるものに注意してセルライトを消しましょう。

膝まわり

ひざはセルライトが最も落ちにくい部位です。特に、ひざの内側はセルライトの繊維が集中しているため、より消すことが困難です。ゆっくり時間をかけていかなければ、セルライトは消せません。

潰し方としては、食生活の改善・有酸素運動・適切なマッサージなどはもちろん効果はあります。しかし、生活するうえで下半身を締め付けるタイツなどを着用しないことも大切です。

可能であれば、エステでセルライト除去の施術を受けるべきでしょう。

上半身

上半身は下半身に比べてセルライトができにくくはありますが、部分的にできやすい部位もあります。下半身ほどではありませんが、二の腕・お腹周りにできることがあります。

上半身のセルライトは有酸素運動・適切なマッサージで改善できることが多いので、比較的簡単です。過剰な栄養摂取などは控えるようにしましょう。

ただし、中には上半身のセルライトが落ちにくい体質の方もいるため、その場合は自宅でできる潰し方を試すだけではなく、エステに行くことも視野に入れるべきでしょう。

潰しても消えない!むしろ逆効果?

セルライトを消すうえで、強いマッサージで潰すというものがありますが、実はこれはNG行為です。

なぜ潰してはいけないのか理由を説明します。

アザを作ってしまう

マッサージでぎゅーっとつよく押し潰してセルライトを消すという潰し方がありますが、これは絶対に行わないでください。セルライトは確かに潰れて消えるかもしれませんが、アザを作ってしまうためです。

きれいな肌になりたいのに、アザを作ってしまったら本末転倒な結果になってしまいます。

逆に増えてしまう

1つのセルライトを潰したら2つに増えてしまいます。

「セルライトが小さくなるなら効果はある潰し方なのでは」と思うかもしれませんが、細胞は傷つくと修復しようとする性質を持っています。脂肪細胞も例外ではありません。

2つに分裂したセルライトがそれぞれ修復されるため、結果的に2つに増えてしまいます。

たとえ一時的に目立たなくなったとしても、時間が経てば以前よりも悪い状態になってしまうため注意してください。

皮膚や毛細血管を傷つける

セルライトを潰す場合、手でぎゅーっと強く押し潰しますが、これは雑巾を絞るときのような方法ですので、とても痛い方法です。そのくらいの力で刺激すれば、皮膚も毛細血管も傷ついてしまいます。

傷つくと、修復のためにコラーゲンが生成されますが、その際に老廃物を巻き込みながら新しい脂肪細胞を作ってしまうため、セルライトも増えてしまいます。

エステでのセルライト潰しはおすすめ!

自宅にいながら自己流でセルライトを無理矢理潰すことはおすすめしませんが、エステティシャンはセルライトの正しい潰し方を知っている専門家です。どうしてセルライトができてしまうのかも、潰し方もさまざまな方法を知っています。

エステではマッサージの前に、キャビテーションやラジオ波などの高周波機器を使用して脂肪を分解する作業を行ってくれます。マッサージの際も肌に優しいオイルを使用してくれますので、セルライトをきれいに消すことができます。

どうしても自宅で簡単にセルライトをセルフ除去したいという方は、エステほどのものでなくとも道具をそろえて正しい潰し方を徹底しましょう。マッサージの際は力加減に気を付けてくださいね。

美容グッズを使用する手段も

「セルライトローラー」というグッズを耳にしたことはありませんか?
これは正しく使用すれば、セルライト解消にとても効果的なグッズです。
リンパの流れを意識してセルライトローラーを使用することで、むくみ改善が期待できます。

ただし、早くセルライトを潰そうと力強くローラーを使ってしまうと、皮膚を傷つけたりアザや内出血の原因にもなりますので、優しく使用してください。
太もも用・顔用など、それぞれの部位に適したローラーが販売されているので、自分に合ったものを選びましょう。

また、「マッサージクリーム」などを使用するのもおすすめです。
クリームやオイルを使用して太ももなどをマッサージすることで、皮膚に余計な刺激を与えずに済みます。

美肌作りに効果的なケア

セルライトの効果的な潰し方を紹介していきます。厳密に言うと、潰すというよりは除去と言った方が正しいです。

食生活や生活習慣を見直すだけで、案外簡単にセルライトを消すことはできる場合があります。エステに行く前に、まずは自宅でセルフ除去を試みてみましょう。

身体をあたためる

身体が冷えている状態だと、代謝が低下して脂肪を燃焼しづらくなります。脂肪が身体に蓄積されていけば、いずれセルライトができてしまいます。予防のためにも、まずは身体をあたためましょう。

厚着することはもちろんいいのですが、身体をあたためる飲み物も効果的です。あたたかい飲み物でも、コーヒー・緑茶・牛乳などは身体を冷やしてしまいますので、紅茶・ウーロン茶・生姜湯・ココアなどを飲むようにしましょう。

マッサージをする

先に述べた通り、セルライトの潰し方として強く押すマッサージがありますが、これはNGです。

マッサージを行う際は、リンパマッサージでセルライトを除去しましょう。

リンパの流れや血流をよくすることは老廃物を排出することに繋がりますので、自然とセルライトは消えます。近頃は、着用するだけでリンパの流れがよくなるスパッツなども販売されていますので、そういったものを試してみてもいいでしょう。

簡単なセルフマッサージの方法もありますので、脚・腕のリンパマッサージを紹介します。

脚のリンパマッサージ

1.両手でふくらはぎの下をつかみ下から上へマッサージ。

2.ひざの周りに手を当てて円を描くようにマッサージ。

3.ひざの裏に4本指を当てて、心地いいくらいの力で押す。

⇒1~3をそれぞれ5回ずつ繰り返す。

腕のリンパマッサージ

1.手のひらを上にして反対の手で手首を軽くつかむ。

2.内側の脇に向けてゆっくりさするようにマッサージ。

3.2の途中でマッサージしている方の腕を斜め上まで上げる。

⇒1~3をそれぞれ5回ずつ繰り返す。

有酸素運動をする

運動をすると血流がよくなり、老廃物や余分な水分が体外へ排出されます。特に有酸素運動は高い効果が望めます。脂肪燃焼もできるため、セルライトを潰すだけではなくダイエット効果も期待できます。

具体的な有酸素運動の方法としては、水泳がおすすめです。ジョギングなどと違い、ケガをする心配も少ないためです。

「冷たい水に浸かれば身体を冷やしてセルライトができやすくなる」と思われるかもしれませんが、身体は環境に対応するようにできていますので、冷水に浸かることで熱を奪われにくい身体になれるのです。
つまり、水泳は普段から冷えにくい身体作りもできますので、セルライト予防に最適な有酸素運動なのです。

筋トレをする

セルライトができた部位はもちろん、全身の筋肉量をあげることはセルライトの潰し方としては重要なポイントです。特に、下半身の筋肉は全身の筋肉の7割をも占めています。

まずは下半身を意識した筋トレを行うといいでしょう。おすすめはスクワット・ヒップリフトです。正しい方法・姿勢で行うことでセルライトを潰すだけではなく、ダイエットにも繋がります。

突然運動や筋トレを始めるのは簡単なことではありませんが、できることから始めてみましょう。

まずは予防から!正しい食生活とは

セルライトの潰し方についてさまざまな方法を紹介しましたが、潰す前に予防することも大切です。
セルライト予防のためには体質の改善が必要です。

まずは食生活の見直しについても考えるべきでしょう。
身体は食べたもので作られています。
つまり、セルライトは食べ物に気をつかうだけで簡単に予防出来るのです。

効果が期待できる食べ物

栄養素として注目したいのはカリウム・ビタミンB・タンパク質の3つです。
それぞれ、余分な水分排出・代謝を上げるなどの効果があります。
これらが豊富に含まれる食べ物の代表が以下のものです。

豚肉

タンパク質・ビタミンBが豊富に含まれています。料理にも使いやすく、さまざまなアレンジができるのもうれしいポイントです。ただし、脂質も含まれていますので、カロリーの摂りすぎで太らないように注意しましょう。

青魚

タンパク質が豊富に含まれています。さらにDHAなどのオメガ3脂肪酸も含まれるため、血液をサラサラにする効果も期待できます。オメガ3脂肪酸は体内で生成できないため、食べ物で摂取する必要があります。

レバー

ビタミンBが豊富に含まれています。また、鉄分も含まれるため、貧血の方にもおすすめです。牛・豚・鶏、なんのレバーでもビタミンBが豊富ですので、アレンジは難しいですが時々でも食べるようにしましょう。

海藻類

カリウムが豊富に含まれています。代表的で料理にも使いやすいものは、わかめ・昆布・ひじきなどでしょう。ダイエットの面で考えても、カロリーが低いのでおすすめです。

柑橘類

コラーゲンの生成を促すビタミンCが豊富に含まれています。特にオレンジ・グレープフルーツは抗酸化作用があるため血行を良くしてくれます。セルライトが消えた後も、セルライトができにくい身体を作ってくれます。

とうがらし

カプサイシンという発汗作用がある栄養素が含まれます。身体をあたためて脂肪を燃焼してくれます。血行を良くすることはセルライト予防に繋がりますし、冷え性も改善できます。

控えたい食べ物

まったく摂取しないのもよくないのですが、脂質・糖質の過剰摂取は避けるべきです。

脂質が豊富に含まれている食べ物の代表として、チーズ・お肉などが挙げられます。お肉は赤身であればタンパク質を摂ることができますし、脂質もそれほど多くありません。

糖質は摂りすぎてしまうと身体に糖分が残り、身体の酸化を促進してしまいます。身体の酸化は老化を進めてしまいますので、セルライトを作る原因になります。お米・パンなどは適度に食べるようにしましょう。

また、アルコールの過剰摂取は血管の収縮に繋がりますので、セルライトを悪化させてしまいます。身体に水分をため込むことにもなるため、さまざまな部位に脂肪をつけてしまいます。

食生活で注意すべきこと

セルライトを消す・予防するにあたって運動は大切ですが、食生活もセルライト対策には大切です。

まずは腹八分目を心がけ、食べる順番にも注意しましょう。汁物→野菜→タンパク質→炭水化物の順で食べると、血糖値の上昇が緩やかになり早くに満腹感を得られますので、ダイエット効果が得られ、結果的にセルライト対策に繋がります。早食いは厳禁です。

また、添加物がたくさん入った外食・加工食品もできるだけ避けた方がいいでしょう。タンパク質・水分をしっかり摂るようにして、バランスよく丁寧な食事を心がけましょう。
食事に少し気をつかうだけなら簡単ですし、だれでも自宅でケアできますよね。

エステできれいに!施術方法とおすすめ店

エステにより効果の期待値は変わってきます。
リンパの流れや血流をよくするためのマッサージをしてくれるエステティシャンは、セルライトの正しい潰し方も知っていますので、高い効果が期待できるでしょう。

セルライトケアを行っているエステでは、マッサージの際に専用のオイルや機器を使用してくれるため、自宅で自分だけではできないケアも可能になります。

また、自宅で簡単にセルライト除去をするための機器は高額なものばかりなので、お財布の面を考えてもエステでマッサージを受けるのが手っ取り早いでしょう。

エステはどんな施術をしてくれる?

痩身エステなどで行う施術である「キャビテーション」は特にセルライト除去に効果的です。

キャビテーションとは、身体の中の脂肪に気泡を発生させて脂肪細胞を破壊する施術方法のことです。

ほかには、電磁波により体内の水分を振動させて固まった脂肪を燃焼させる「ラジオ波」や、ラジオ波よりも高い電磁波で効率的に脂肪を燃焼させる「ハイパーナイフ」などの施術が有名です。

ラジオ波やハイパーナイフはキャビテーションのように脂肪細胞を減らしてくれるわけではありませんが、キャビテーションと組み合わせて施術を受けることで、セルライト除去において、より大きな効果を発揮します。

キャビテーションの効果

キャビテーションは脂肪細胞を破壊する施術ですので、セルライトの潰し方としては絶大な効果が期待できます。キャビテーションマシンから出る超音波は身体の深部まで届き、体内の脂肪に気泡を発生させます。その気泡がはじけるエネルギーで脂肪が燃焼される仕組みの機械です。

運動不足で脂肪がたくさん蓄積してしまった方や、太もも・二の腕など部分的コンプレックスがある方ダイエットでリバウンドを繰り返している方イベントなどに合わせて痩せたい方に向いている施術とされています。

超音波を使用してセルライト除去を行うため、安全性も高く深刻な副作用もありません。

超音波で分解された脂肪細胞は血管・リンパ管へ流れ出て肝臓で分解され、腎臓でろ過されたあと体外へ排出されます。施術後は一時的に肝臓・腎臓に負担がかかると言われていますので、もともと肝臓・腎臓が弱い方には向かないかもしれません。

しかし、脂肪細胞に直接働きかけることができるため、マッサージなどのセルフケアだけでは消しにくいセルライトに絶大な効果があることは確かです。

セルライトケアのおすすめエステ店

セルライト除去に最もおすすめのエステは「Vitule(ヴィトゥレ)」です。

ヴィトゥレでは、ひとりひとりの脂肪・セルライトのつき方に合わせて11種類のメニューから適した方法を選んで施術してくれます。自分の悩みや身体に合わせてくれるため、結果も出やすいのです。

また、キャビテーションだけでも4種類用意されており、セルライトの状態に合わせて機器を使用し、自分の悩みに最も効果的なマッサージをしてくれます。

公式HP

セルライトの潰し方!まとめ

セルライトの正しい潰し方・消し方、効果的な対策法などを紹介しましたが、無理矢理潰してはいけないということはわかっていただけたと思います。

それでは、最後にセルライトについてのおさらいをしておきましょう。

  • セルライトは老廃物と脂肪細胞が結びついてできる皮膚のでこぼこのこと
  • セルライトができやすいのは太もも・おしりなどの脂肪が多い部位
  • セルライトができる原因は血行不良や生活習慣、加齢などさまざまである
  • セルライトを除去することで見た目もきれいになり健康になれる
  • セルライトは間違った潰し方をすると増えてしまうので正しい潰し方をするべき
  • マッサージの際はリンパの流れを意識する
  • 身体をあたためることや有酸素運動でセルライトは除去できる
  • 食生活を見直すことでも簡単にセルライトケアができる
  • セルライト予防にいい栄養素はタンパク質・ビタミンB・カリウム
  • セルライト予防で控えたい栄養素は脂質・糖質
  • 自宅でのセルフケアだけで結果が出ない場合はエステへ行くとよい

セルライトに関する知識がついたところで、まず正しいケアを実行しなければセルライトは消えてくれません。
セルライトは時間をかけてゆっくりできるものですので、毎日コツコツ、長い時間をかけてケアを続けなければ結果は出ません。めげずにコツコツ正しいケアをしましょう。

一気にセルライトを消したい!という方は、無理な潰し方でマッサージをするのではなく、きちんと施術をしてくれるエステに通うことを視野に入れてくださいね。

とはいっても、せっかくエステでセルライトを消したとしても、その後の食生活や生活習慣の乱れが原因でまたセルライトを作ってしまっては元も子もありません。
日ごろから自分でもできるケアをしつつ、エステで完璧にきれいにするという方法が効率が良さそうですね♪

セルライトのない、きれいで健康的な身体作りを今日から始めてみましょう。

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次