自宅でできるキャビテーションの効果は?

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

「自宅で簡単に痩せられる方法が知りたい」

「無理なく脂肪やセルライトを除去したい」

このような女性から人気が高く、口コミ評価も上々なのが、キャビテーションです。

キャビテーションとは、特殊な超音波を当て、脂肪やセルライトを除去していけるマシンを使った施術のことを言います。

脂肪を分解して体外に排出していけるため、むくみケアや代謝アップにもおすすめの方法です。

ヤーマンのキャビスパなど、キャビテーション機能を搭載した自宅用マシンもあり、Amazonや楽天市場といった通販サイトでも入手可能です。

多くの自宅用キャビテーションマシンには、ラジオ波、EMS機能なども搭載されています。

そのため、顔や二の腕、ふくらはぎ、背中といった比較的痩せにくい部分にも効果的なんですよ。

このページでは、そんな痩身に効果的な自宅用キャビテーションについて解説していきます!

  • 自宅用キャビテーション機器を選ぶポイント
  • 自宅用キャビテーションの価格帯
  • キャビテーションのメカニズム
  • 効果的な使い方
  • どれくらいで効果が出るのか
  • 自宅用とエステ用のマシンの違い

など気になる情報を網羅しているので、最後まで必見です!

目次

自宅用キャビテーション機器を選ぶポイント

自宅用キャビテーションには、さまざまな種類があり、豊富なラインナップが展開されています。

口コミサイトやブログのランキング、Amazonなどで探すこともできますが、どれがいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで、まずは自宅用キャビテーション機器を選ぶときのポイントをご紹介します。

1.使用したい部位に合わせて選ぶ

キャビテーションは、使用部位によって最適なヘッドの大きさ、形が異なります。

足やウエストに使うなら大きめのヘッドを

太ももやふくらはぎ、お腹周りなど面積の広い部分中心に使用するなら、大きめのヘッドがおすすめです。

連続使用時間の制限内に使用できる大きめのヘッドなら、ケアしたい部分を効率的に当てていくことができます。

手の届きにくいところに使うなら角度のあるヘッドを

太ももの裏側、お尻、背中など手の届きにくい部位に使用する場合は、角度のあるヘッドがおすすめです。

ヘッドが垂直になっているものより使いやすいため、ストレスなくケアしていくことが可能です。

面積の狭い部分に使うなら小回りのきくヘッドを

また、二の腕や首周りなど面積が狭い部位に使うなら、小回りのきくヘッドがいいでしょう。

この場合は、小さめのヘッドを選ぶようにすることをおすすめします。

全身をケアするならヘッドを変える

このように、自宅用キャビテーション にはさまざまな種類があるため、効率よくケアしていくためにも部位によってヘッドを変えるのがおすすめです。

とはいえ、「できれば全身をケアしたい」と思うものですよね。

全身をケアしたいときには、集中的にケアしたい部分に合わせたヘッドを選ぶか、利用したい部位に合わせてヘッドを変えることをおすすめします。

なお、ものによって、顔や首周りなどデリケートな部位には使用できないマシンもあるため、事前に利用可能部位をチェックするようにしましょう。

2.キャビテーション以外の機能もチェック

自宅用キャビテーションマシンには、あらゆる美容機能が搭載されています。

効果を高めてくれる付加機能がついたものを選びたい人は、キャビテーション以外の機能もチェックしましょう。

キャビテーションと相性のよい「ラジオ波」

ラジオ波は、RFとも呼ばれ、エステで使われることも多い機能です。

身体を温めてくれる作用があり、キャビテーションとの相性もバッチリなため、ラジオ波機能が標準装備されているマシンを選ぶことをおすすめします。

Amazonなどの通販サイトで安く入手可能なマシンには、ラジオ波機能が搭載されていない可能性もあるため、購入前には必ずチェックしましょう。

老廃物の排出を助けてくれる「EMS」

EMSは、微弱な電流が筋肉にアプローチし、鍛えてくれる機能です。

キャビテーションで分解した脂肪やセルライトを体外に排出させるために役立ってくれる機能でもあります。

エステでも、キャビテーションの施術の後は手技によるマッサージやEMSで老廃物の排出を促すことが多く、EMS機能は必須と言っても過言ではありません。

EMS機能が備わっていれば、キャビテーションを当てたあとに自力でマッサージする必要もないため、EMS機能付きのマシンを選ぶことをおすすめします。

本格的にケアできる「赤色LED」「青色LED」

自宅用キャビテーションマシンには、赤や青のLED機能が備わったものもあります。

  • 赤色LED:皮膚表面の奥まで到達し、コラーゲンの生成を促す効果。血行促進やクマ、くしみの改善効果、ニキビやニキビ跡を解消し、肌の再生を促すといった効果も。
  • 青色LED:ニキビの改善・予防に効果的。アクネ菌の代謝を促進するポルフィリンに作用し、活性酸素を生成。この活性酸素の作用によりアクネ菌の減少・ニキビの改善・予防につながる。

このように、LEDは光の色によって効果が異なります。

LED機能が付いたキャビテーションマシンを使用すれば、さらに本格的な自宅ケアが可能になるでしょう。

ちなみに、LED機能を使う際は、顔に化粧水や美容液をつけてから行うのがおすすめです。

3.コードの有無で選ぶ

自宅用キャビテーションマシンには、コードレスタイプとコード式タイプの2種類あります。

それぞれのメリット・デメリットを押さえて、あなたの生活スタイルに合う方を選ぶようにしましょう。

コードレスタイプ

コードレスタイプのマシンは、お風呂やベッド、テレビの前など、好きな場所で使用できます。

いつでも好きな場所でケアできるというのは大きなメリットですよね。

しかし、反対にデメリットもあります。

  • コードタイプに比べてパワーが弱いマシンもある
  • ものによってはすぐにバッテリー切れになる可能性もある

ストレスなく使用できるマシンを購入するためにも、パワーやバッテリーの駆動時間をチェックするようにしましょう。

コードタイプ

コードタイプのマシンは、充電切れを気にせず使えることがメリットです。

また、コードレスタイプに比べてパワーも強く、安定しているアイテムが多いこともメリットでしょう。

デメリットしては、以下の2つが挙げられます。

  • ヤーマンなどの人気メーカーが出しているものには、コードレスタイプが多い
  • 40khzなどパワーの強い業務用マシンもあるが、費用がかさむ

とはいえ、エステ並みの高い効果を求めるのであれば、業務用のマシンを購入するのもいいでしょう。

Amazonや楽天市場などの通販でも、25khz~40khzのアイテムが揃っていますので、参考にしてみてくださいね。

4.持ちやすさや使いやすさも考慮する

自宅用のマシンを使用するなら、持ちやすく使いやすいアイテムを選ぶことをおすすめします。

長時間使用していると腕に負荷がかかり、自宅エステを行うモチベーションが下がってしまうことが考えられるためです。

おすすめは300g前後で、手のひらサイズの持ちやすいマシンだとさらに◎です。

なお、持ちやすさ、使いやすさはサイトの情報だけではわかりにくいため、口コミなどを参考にするといいでしょう。

5.お風呂で使うなら防水機能のあるものを選ぶ

自宅でキャビテーションを使う場合、お風呂でのケアもおすすめです。

身体が芯から温まった状態でケアできるため、防水機能がついたものを選ぶとよいでしょう。

特におすすめなのは、IPX7以上の完全防水タイプのキャビテーションです。

とはいえ、ものによっては生活防水レベルのお風呂では使えないアイテムもあるため、使用条件などもあわせて確認するようにしましょう。

自宅用キャビテーションの価格帯

家庭用キャビテーションの価格帯

金額スペック
最安値5,900円UL/LED/EMSなど
最高値128,000円40khz/ラジオ波(RF)/ LED/トーニングなど
平均値20,000~40,000円ラジオ波(RF)/ LED/美顔モードなど


自宅用キャビテーションの価格帯は、上の表のとおりです。

5,000~10,000円程度で購入可能な自宅用機器は、効果が現れない可能性もあります。

そのため、25khz/40khzなど値超音波の周波数がきちんと記載されているマシンを選ぶことをおすすめします。

ランキング上位なのは、人気のヤーマン製「キャビスパ」や自宅用・業務用の「Cavistar」などです。

値段だけで比較するのではなく、

  • ラジオ波・EMSの機能が搭載されているか
  • khzはどれくらいか
  • 使用可能部位はどこか
  • 顔にも使えるか
  • 駆動時間はどれくらいか

などのスペックにも注目することをおすすめします。

自宅用マシンを使うならジェルも必要

このほか、専用のジェルが必要になることもあり、1,000~1,500円ほどで入手可能です。

キャビテーション・超音波・ラジオ波・EMSなどの伝導性を高めてくれるものですので、ジェルもあわせて購入するようにしましょう。

ジェルを選ぶ際は、サイトの表記や口コミなどを見ながら、顔に使えるかどうか、ベタつかないかどうか、など実用性についても比較しながら選んでみてください。

Amazonなどで機器を選ぶときのポイント


なお、Amazonなどの通販サイトで検索してみると、機器についても、ジェルについても、キャビテーション機能がないものまで表示される恐れがあります。

そのため、ひとつのサイトの情報だけを信じるのではなく、ブログやランキング、口コミサイトなどで人気が高いものを選ぶようにすることをおすすめします。

キャビテーションのメカニズム

ここまで、自宅用キャビテーション機器の選び方、価格帯、選ぶ際のポイントなどを解説してきました。

でも、どうしてキャビテーションがここまで人気なのか知っていますか?

また、どうしてダイエットやセルライト除去に効果的だと言われるのでしょうか?

この項目では、そんなキャビテーションのメカニズムについて触れていきます。

キャビテーションとは

そもそも、キャビテーションとは空洞現象のことを指します。

液体に圧力をかけると気体が発生し、消滅する現象を活用したマシンが、キャビテーション機器です。

瘦身エステで使われることも多く、安全性や効果の高さが人気の理由になっています。

キャビテーションの仕組み

超音波が脂肪のみにアプローチ

キャビテーションの仕組みについて、もう少し掘り下げていきます。

瘦身エステや自宅エステで人気のキャビテーションとは、圧力の差によって短時間で泡の発生・消滅が起こる現象を利用したものです。

気泡が弾ける力で脂肪が乳化するため、切らない脂肪吸引としても有名なんですよ。

痛みを感じにくい

このように聞くと、「危険そう」「痛いんじゃないの?」と考える人もいるでしょう。

しかし、痛いと感じることは少なく、エステの人気メニューのひとつです。

超音波を使用して脂肪やセルライトのみを壊す(乳化させる)ため、脂肪細胞が壊れても痛いと感じにくいこともメリットです。

ただし、痛いと感じることは少ないですが、骨伝導によって不快な音が聞こえる可能性はあります。

破壊した脂肪を流すための施術も必要

キャビテーションは、脂肪やセルライトを破壊し、部分痩せや全身痩せに効果的な施術です。

ふくらはぎや二の腕、背中周り、顔など、普通のダイエットでなかなか痩せない部分にも効果を発揮してくれます。

しかし、キャビテーション機器を肌に当てただけでは意味がありません。

というのも、乳化した脂肪細胞はリンパを通り、血液中に流れ込み、肝臓で分解され、汗や尿として老廃物と一緒に流れていくからです。

そのため、キャビテーション機器を使用した後は、手技によるマッサージやEMSの使用でリンパの流れを促してあげる必要があります。

自宅用キャビテーションにも、このようなEMS機能がついたものがありますので、「自分でマッサージするのは面倒」という人にもおすすめです。

自宅用キャビテーションに期待できる効果

自宅用キャビテーションに期待できる効果は、以下の通りです。

  • ふくらはぎや二の腕、背中周りなどなかなか痩せない部分の引き締め効果。
  • 気になる脂肪やセルライトを除去し、肌の凸凹を除去することで柔らかな肌へ。
  • 小顔効果で引き締まったフェイスライン、なめらかでハリのある肌へ
  • ダイエット効果の促進で無理なくサイズダウンし、リバウンドしにくい体質づくりに。
  • 代謝アップで、身体の凝りや冷え、むくみ知らずの健康的な身体へ。

このように、さまざまな効果に期待できるのがキャビテーションです。

顔に使える機器もあるため、トータル的な美を追究することができますよ。

もちろん、「自分で行うダイエットやマッサージでは効果がなかった」という人にもおすすめです。

効果的な使い方

キャビテーションの痩身効果を高めるためには、正しい使い方を押さえることが大切です。

また、生活スタイルを変えていくことで、ダイエット効果を促進していくこともできます。

この項目では、キャビテーション施術の痩身効果を高めるためのポイントを8つご紹介します。

1.ラジオ波を併用する

家庭用キャビテーション機器のほとんどには、ラジオ波ヘッドが搭載されています。

ラジオ波ヘッドは、身体をじんわりと温めて痩身効果を高めてくれますので、積極的に使っていきましょう。

おすすめなのは、キャビテーションヘッドとラジオ波ヘッドを一緒に使うことです。

Amazonなどで入手可能な安めの機器には、ラジオ波ヘッドが搭載されていない可能性もあるため、購入前にチェックしておくとよいですね。

2.代謝が上がった状態で使用する

痩身効果を高める2つ目のポイントは、代謝が上がった状態で使用することです。

たとえばですが、お風呂→キャビテーション→ラジオ波の順番で行うと、家庭用痩身機の効果を最大限引き上げることができますよ。

また、湯冷めが心配な人にはお風呂に入りながらのケアもおすすめです。

お風呂とラジオ波の相乗効果で、キャビテーションの痩身効果アップにも期待できるため、完全防水タイプのマシンを持っている人はぜひ試してみてください。

3.スリミング成分配合のジェルやクリームで痩身効果アップ

キャビテーションの使用後やお休み前のケアとして、スリミング成分配合のジェルやクリームを使用するのもおすすめです。

スリミングジェルとは、ふくらはぎや二の腕、背中など、気になる部位に塗ることで痩身効果を高めてくれるアイテムのことを言います。

Amazonなどの通販サイトやドラッグストアなどで入手可能ですので、チェックしてみてください。

スリミングジェルでのお手入れは、キャビテーションの脂肪・セルライト除去効果や、老廃物の排出を促す効果を高めてくれます。

そのため、キャビテーション機器によるケアの前後に取り入れてみるといいでしょう。

ただし、キャビテーションなど施術専用のジェルと、スリミングジェルとは使い分けることをおすすめします。

4.使用後にはリンパマッサージをしよう

キャビテーションマシンの使用後は、リンパマッサージを行いましょう。

EMS機能がついたマシンもありますが、手技によるマッサージもおすすめです。

マッサージをするときのコツは、リンパの流れに沿って、下から上へゆっくりと持ち上げるように触れることです。

強い力で押したりセルライトを潰そうとしたりすると逆効果になるケースもあるため、注意しましょう。

5.週に1~2回の頻度で使用しよう

「効果を得るためにも毎日使いたい!」

このように考えてしまうのもわかりますが、毎日施術したからと言って効果が高まるわけではありません。

痩身エステにおけるキャビテーションの最適な頻度は、週に1~2回です。

というのも、キャビテーションで破壊した脂肪やセルライトが体外へ排出される効果は、2~3日続くためです。

自宅用マシンにも最適な頻度が設定されていることが多く、毎日使用することはおすすめできません。

効果を高めるためにも、正しいやり方・頻度で行っていきましょう。

6.メーカーが推奨している使用時間を守ろう

自宅用キャビテーションの効果を高めるためには、メーカー推奨の使用時間を守ることもポイントです。

多くの場合、各部位に20~30分当てていくのが正しい使い方です。

ラジオ波も同様、20~30分を目安に当てていきましょう。

ものによって使用時間が変わる可能性もあるため、使用前にチェックしておくことが大切です。

「毎日やった方が早く痩せそう」と思ってしまう気持ちもわかりますが、しっかりメーカーの表記を守りましょう。

ただ、「時間を空けてしまうとモチベーションが下がる」という場合は、

  • 今日はウエスト
  • 明日は太もも
  • 明後日は顔と首

というようにローテーションを組み、毎日ちょっとずつ当てていくというのもおすすめです。

7.水分をたっぷり取り、健康的な食事をする

キャビテーションの施術後は、急激に脂肪やセルライトが分解されている状態です。

身体が飢餓状態だと勘違いしてしまい、栄養の吸収率が高まっているため、カロリーの高い食事は避けましょう。

また、代謝を促進するためにも、水分をたっぷり取ることが大切です。

せっかくキャビテーション機器を使うのですから、これを機に食生活を見直しましょう。

8.積極的に有酸素運動を行う

「キャビテーションを当てただけで勝手に痩せられる」というわけではないため、積極的に身体を動かすこともポイントです。

キャビテーションで分解された脂肪やセルライトは、エネルギーとして消費されやすい状態になっているため、積極的に有酸素運動を行っていきましょう。

一例ですが、ジョギングや水泳、サイクリング、ヨガなど、小~中程度の負荷がかかるメニューがおすすめです。

どうしても運動が苦手だという人は、ウオーキングやマッサージなど負担になりにくいメニューから試すとよいでしょう。

どれくらいで効果が出るの?

「自宅用キャビテーションで痩せた!」

このような口コミもありますが、どれくらいで効果を実感できるのでしょうか。

効果を感じられるタイミングについて、詳しく見ていきましょう。

最短1日で実感できる

キャビテーションの効果は、最短1日で実感できます。

エステサロンのブログや口コミサイト、Amazonの口コミなどを見ていると、

  • 「一度の施術で太ももが痩せたと褒められた」
  • 「肌もきゅっと引き締まり、お肉も柔らかくなった気がする」

このように効果を実感できた人の声も多数ありました。

効果を感じられるまでの時間の平均は5~10回

キャビテーションで大きな効果を感じられるまでの時間は、平均5~10回程度です。

初回で目に見えるような効果が実感できなかった人でも、継続して使用することで実感できるようになるケースが多いようですね。

Amazonなどの口コミにも、

  • 「気長に1週間ほど使ったのち、お腹周りがすっきりしてきた」
  • 「使い始めて10回ほどで足の無駄肉が少しずつなくなってきた」

というような声が多く見られます。

より高い効果を求めるならエステへ

しかし、自宅用キャビテーションマシンを使用しても効果が実感できないケースもあるようです。

多少なりとも目に見える結果が出ない場合、ダイエットのモチベーションも低下してしまいますよね。

しかし、すぐに「痩せない!」と結論づけてしまうのではなく、根気強く継続していくことが大切です。

キャビテーションは、あくまでも脂肪やセルライトの除去を助けてくれるものです。

搭載されているラジオ波やEMS、LEDなどをうまく活用せず、ただキャビテーションヘッドを当てるだけでは効果が現れにくいでしょう。

また、キャビテーションマシンを使用するだけで満足してしまい、食生活の改善やマッサージなどを行わないことでも、効果が実感できなくなってしまいます。

また、自宅用キャビテーションは素人でも使えるよう改良されたもので、周波数の強さが制限されています。

そのため、より強い効果を求めている人には、エステサロンでの痩身メニューを受けることをおすすめします。

自宅用とエステ用のマシンの違い

自宅用機器とエステ用機器の違いは、大きく分けて3つ挙げられます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

エステ用マシンの方が周波数が高い

キャビテーションの痩身効果に大きく関係している要素が、パワーです。

周波数の強さによって、効率よく脂肪溶解できるかどうかが決まるのです。

それでは、自宅用マシンとエステ用マシンのパワーを比較してみましょう。

自宅用マシンとエステ用マシンのパワーの違い

振動回数効果脂肪溶解パワー
エステ用1分間の振動回数が少ない適度な震度で脂肪層の深いところまで浸透する脂肪溶解のパワーが弱いため、長く使用する必要がある
自宅用1分間の振動回数が多い振動が弱いため作り出せる気泡が小さい脂肪溶解のパワーが強く、効率よく脂肪分解可能

表を見ると、自宅用マシンよりエステ用マシンの方が効率よく脂肪分解できることがわかります。

では、実際に家庭用のマシンとエステ用マシンの周波数にはどのような違いがあるのでしょうか。

ヤーマンなど、有名なメーカーの情報をもとに表を作成してみました。

家庭用のマシンとエステ用マシンの周波数の違い

機種名周波数
エステ用セルクライオ(フォレストシンフォニー)
キャビリボ(ワールドアソシエイツ)
キャビフル(フォレストシンフォニー)
30khz
25khz
27~28khz
自宅用美ルルキャビアップ(ビルル)
キャビプラス(エミリーストーン)
キャビスパRFコア(ヤーマン)
330khz
3Mh(3,000khz)
330khz

上のように、自宅用キャビテーション機器の平均周波数は330khz、エステ用機器の周波数は25~30khzであることがわかります。

とくに人気なのは25khz、40khzあたりで、痩身エステサロンなどで受けることが可能です。

このように、自宅用とエステ用キャビテーションの周波数には、10倍以上の差があります。

そのため、より効果を求める人には痩身エステサロンで施術を受けるとよいでしょう。

エステならアフターケアが受けられる

キャビテーションマシンによる効果は、脂肪やセルライトを分解してくれるというものです。

EMSやマッサージで排出を促していけますが、自宅用マシンに搭載されているものではパワーが劣る可能性も考えられます。

その点、痩身エステサロンなら、プロによるマッサージや効果的なEMS施術が受けられるため、老廃物を効率よく排出していくことが可能です。

また、エンダモロジーなどキャビテーションの効果を高めてくれるメニューも併用可能なため、早く痩せたいという人は痩身エステを利用するとよいでしょう。

痩身効果を追求するサロンも多い

痩身エステには、「ラ・パルレ」や「ガリシア」など人気店も多く、痩身効果を追求しているサロンが豊富です。

このような痩身エステサロンでキャビテーションの施術を受けることで、より高い効果を期待できます。

というのも、自宅用マシンよりパワーに優れたマシンで施術してくれ、プロによるマッサージやEMSが受けられるためです。

エステティシャンは日々さまざまな症例と向き合っているため、あなたにとって最適なメニューを提案してくれるでしょう。

まとめ

このページでは、自宅用キャビテーションを選ぶ際のポイントや効果、価格帯、メカニズム、効果的な使い方などをご紹介しました。

それでは、特に重要なポイントをまとめておきます。

自宅用キャビテーション機器を選ぶポイント

  1. 使用したい部位に合うヘッドを選ぶ
  2. キャビテーション以外の機能もチェック
  3. コードの有無で選ぶ
  4. 持ちやすさや使いやすさも考慮する
  5. お風呂で使うなら防水機能のあるものを選ぶ

自宅用キャビテーションの価格帯

  • 最安値:5,900円
  • 最高値:128,000円
  • 平均値:20,000~40,000円

キャビテーションのメカニズム

  • キャビテーションとは空洞現象のこと
  • 超音波が脂肪のみにアプローチしてくれる
  • 切らない脂肪吸引としても有名
  • ただし破壊した脂肪を流すための施術も必要

自宅用キャビテーションに期待できる効果

  • ふくらはぎや二の腕、背中周りなどなかなか痩せない部分の引き締め効果
  • 気になる脂肪やセルライトを除去し、肌の凸凹を除去することで柔らかな肌へ
  • 小顔効果で引き締まったフェイスライン、なめらかでハリのある肌へ
  • ダイエット効果の促進で無理なくサイズダウンし、リバウンドしにくい体質づくりに
  • 代謝アップで、身体の凝りや冷え、むくみ知らずの健康的な身体へ

効果的な使い方

  1. ラジオ波を併用する
  2. 代謝が上がった状態で使用する
  3. スリミング成分配合のジェルやクリームで痩身効果アップ
  4. 使用後にはリンパマッサージをする
  5. 週に1~2回の頻度で使用する
  6. メーカーが推奨している使用時間を守る
  7. 水分をたっぷり取り、健康的な食事をする
  8. 積極的に有酸素運動を行う

効果が実感できるまでの時間

  • 最短1日で実感できる
  • 効果を感じられるまでの時間の平均は5~10回

自宅用とエステ用のマシンの違い

  • エステ用マシンの方が周波数が強い
  • 効率的に脂肪融解したいならエステ用マシンがおすすめ
  • エステならアフターケアが受けられる
  • 痩身効果を追求するサロンも多い

まとめ

キャビテーションで効果的なダイエットがしたいなら、痩身エステに通うことをおすすめします。

とはいえ、自宅用キャビテーションも根気強く使うことで効果に期待できますし、なにより時間にとらわれずケアしたい方に最適です。

また、エステサロンに通えない時間に自宅用マシンを使用すれば、さらに効果を高めていくこともできるでしょう。

あなたも、自宅ケアが一気に本格的になる痩身マシン・キャビテーションを使って、理想の身体を目指してくださいね!

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次