レーザートーニングの効果を徹底解説!毛穴の黒ずみやシミに効果的

この記事にはプロモーションが含まれている場合があります

顔にあるしみやそばかす、毛穴の黒ずみ、気になりますよね。

中でも目立ちやすいのは両頬や目尻の下に左右対称にできる薄茶色のシミである、肝斑

肝斑は女性ホルモンの乱れが影響で現れると言われていて、更年期にさしかかっている30代後半から50歳くらいの女性にできやすいそうです。

一度できると自然には治りにくいのでなかなか厄介です。

実際の目立ち具合やどれくらい気になるかにもよりますが、やっぱり美白を目指すためにも改善したいですよね!

ここでは数種類ある美容レーザーの中でも、肝斑治療の救世主として注目されているレーザートーニングについて紹介していきます。

目次

レーザートーニングとは?

レーザートーニングとは、しみ、そばかす、くすみなどの顔面の色素病変を改善していく治療法です。

最大の特徴は、いままでのレーザー治療では禁忌とされてきた肝斑も治療できること。

韓国のルートロニック社によって開発された医療用レーザー「スペクトラ」や、米国製の医療レーザー機器「MedLite C6」といった最先端のレーザー機器を使用して行います。

肌に優しいマイルドなレーザーであるため、即効性はありませんが回数を重ねることで徐々に効果が得られます。

他のレーザー治療との違い

レーザートーニングは、いままでとは違う新しいレーザー治療の方法です。

フォトフェイシャルなどの従来のレーザー治療では肝斑への照射はできませんでした。

なぜならレーザー照射される中心部へのエネルギーが強くなりすぎてしまい、肝斑が炎症を起こしてかえって悪化してしまう可能性があるからです。

かといって照射のエネルギーを弱めてしまうと効果を得られなくなってしまいます。

しかしレーザートーニングなら患部に対して均一な強さで照射できるので、面積の大きな肝斑にも使用することが可能になりました

新たに開発されたQスイッチYAGレーザーは、特定の色素にのみ反応するレーザーなので

微弱な照射でも肌の中のメラニンに対して穏やかに働きかけて色素を取り除いていきます。

肌に負担がかからないように優しくレーザーを浴びさせながら徐々に明るい肌へと導きます

レーザートーニングの肌効果

レーザートーニングは肝斑をはじめとするシミ、そばかす、くすみなどの色ムラを改善し、均一なトーンの明るく透明感のある美肌に導いてくれます

レーザーの温熱効果が皮膚のコラーゲンの生成を促するので顔全体にハリ感が出て、キメの整った肌へと近づいていきます。

また、気になる毛穴の開きや黒ずみが目立たなくなったり、産毛が少なくなったりなど、嬉しい効果も実感できるそうですよ!

顔だけではなく体にも照射できるので、気になる体の黒ずみにも有効です。

こんな肌悩みにおすすめ

具体的に下記のようなお肌悩みがあれば、レーザートーニングの治療がおすすめです!

  • シミ、そばかす
  • ニキビ跡
  • シワ、たるみ
  • 毛穴の開き、黒ずみ

レーザートーニングに関する疑問

痛みはある?

レーザートーニングは微弱な照射のためパチパチとゴムではじく程度の軽い刺激と痛みがあるくらいです。

ちなみに施術時間はだいたい5分から30分くらいです。

個人差はありますが、基本的に麻酔する必要はありません。

痛みを和らげるために、照射前にアイスパックで患部を冷却しておく方法や、麻酔クリームを塗って照射することが可能なクリニックもあるようです。

痛みに弱い方は事前に医師へ相談しておくとよいでしょう。

施術が終わると通常は数時間程度で痛みが落ち着きます

初回は患部の色素がまだ濃いため照射の刺激を感じやすい可能性もあります。

とはいえ、回数を重ねて徐々に色味が薄れてくるにつれて、照射の痛みも弱くなっていくので安心してくださいね。

副作用やダウンタイムは?

レーザートーニングには、副作用やダウンタイムは基本的にはほとんどありません。

照射のパワーが穏やかで弱いため少し赤くなる程度で腫れもほぼありません。

かさぶたになったりもしないので、周囲の人に気づかれる心配もないのが嬉しいですよね!

施術当日はメイクしてクリニックから帰ることも可能ですし、施術当日から洗顔も可能です。

入浴やシャワーの制限もありません。

ただし注意が必要なのは、もともと敏感肌や乾燥肌の人の場合です。

レーザーを照射すると、熱刺激により肌が乾燥しがちになります。

すると肌は、水分量を増やそうとして皮脂を多く分泌。

これにより、ニキビや吹き出物、湿疹などの症状が現れることがあるのです。

ですが症状は一時的なものなので、それほど心配はいりません

副作用の吹き出物が改善した後は毛穴も引き締まるので、いよいよハリツヤのある美肌を実感できるでしょう。

副作用の吹き出物を防ぐための対策としては、十分に保湿することが重要ですよ!

費用はどれくらい?

いくつかの美容クリニックのHPによると、5回セットで3万円から8万円程度が相場のようです。(※2021年10月時点の情報です)

クリニックによってけっこう料金に差がありますので、内容を見比べてしっかり検討しましょうね。

使用する機械にもよるのかもしれません。

また、頬のみの料金と顔全体の料金をそれぞれ設定しているところが多いようです。

頬のみならば顔全体よりもやや割安になっています。

何回で効果が出るの?

レーザートーニングで使用するQスイッチYAGレーザーは、出力が微弱なため1回〜3回ほどの治療でははっきりとした効果を実感できません。

「わずかに白くなったかな?」と感じる程度ですね。

レーザートーニングはそのレーザーのマイルドさゆえに複数回の治療が必要です。

通常5回から10回程の治療を受けると目に見える効果を実感できます

そのため各クリニックのレーザートーニングのコースは5回以上に設定していることがほとんどです。

5回コースと10回コースが多いですね。

レーザートーニングの効果を本当に実感できて満足感を得られるのは10回以上照射を受けてからと言われています。

しかし、ここでやめるとシミや肝斑がじわじわと再発してくる可能性もあります。

その後も1か月に1回くらいの頻度で定期的に通って施術を受けると、より効果的に美肌を維持できます。

回数を重ねる毎に、どんどん透明感・ハリ・ツヤのあるキメの整った明るい肌へと近づいていきますよ♡

施術のペース

レーザートーニングの頻度としては、以下のペースがおすすめです。

  • 1回目〜5回目…1週間に1回のペース
  • 5回目〜10回目…2週間に1回のペース
  • それ以降…1ヶ月に1回のペース

予定をしっかり調整し、美肌になる日を夢見て足繫くクリニックに通いましょうね

レーザートーニングを受けて、白く輝くハリつや美肌を手に入れよう!

このページでは、肝斑治療に効果的なレーザートーニングについて詳しく解説しました!

自分の力で改善できない症状に関しては美容のプロの手を借りてみてはいかがでしょうか?

美しくなるためには、手間と時間を惜しんではいられません。

10回以上クリニックに通いレーザートーニングを受けた後には、生まれ変わったような白く輝く美肌になれることでしょう!

気になっていた肝斑やしみ、毛穴の黒ずみが薄くなったら、メイクの時間も楽しくなっちゃいますよね♪

もっと美しくなりたいなら、ぜひレーザートーニングにチャレンジしてみてくださいね♡

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね♡
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次